女性の抜け毛を減らす育毛剤の有効成分とは?効果や副作用を徹底解説!

女性の抜け毛を減らす育毛剤の有効成分とは?効果や副作用を徹底解説!

女性用育毛剤には、抜け毛対策や薄毛の改善に有効な成分が配合されています。

でも、育毛剤に配合されている成分ってたくさんあって、どれが有効成分なのかわかりませんよね。

そこで女性用育毛剤に配合されている有効成分の効果や副作用について詳しく解説します。

有効成分をしっかり把握することで、成分表をきちんと確認することができ、自分に合った育毛剤を選ぶことができます。

女性用育毛剤の有効成分とは?

こんにちは。毛髪診断士のAYAKOです。

今回は女性用育毛剤の有効成分にスポットを当ててお話します。

女性の抜け毛や薄毛に有効な成分とは、一体どんな成分なのでしょうか?早速、探っていきましょう。

有効成分とは?

女性用育毛剤に配合されている有効成分とは、発毛や育毛の促進、脱毛の予防、フケかゆみの改善、養毛などの効果効能が厚生労働省によって承認された成分です。

しかし、成分表に有効成分と表記できるのは特定の育毛剤だけなんです。

育毛剤は薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)によって3つに分類されています。

育毛剤の分類

  • 医薬品育毛剤
    薄毛の治療や予防に効果的
    発毛に特化している
    効果が高い
    副作用が強い
    発毛剤

  • 医薬部外品育毛剤
    抜け毛の予防や育毛に効果的
    頭皮の状態を整える
    穏やかに作用する
    副作用が少ない
    育毛剤
    薬用

  • 化粧品育毛剤(2タイプ)
    抜け毛の予防や育毛に効果的なタイプ
    頭皮や髪の毛を健やかに保つタイプ
    配合成分の種類が豊富
    承認前育毛剤成分の配合が可能
    穏やかに作用する
    副作用が少ない

参考:医薬品・医薬部外品・化粧品の承認・許可制度

この3つの中で、有効成分と成分表に書かれているのは医薬部外品育毛剤だけです。

この3つの中で、有効成分と成分表に書かれているのは医薬部外品育毛剤だけです。

医薬品育毛剤や化粧品育毛剤の有効成分表示は、違う形になっています。

まず医薬品育毛剤に配合されている有効成分には、量も一緒に記載されています。『成分名+分量』です。

それ以外の成分は添加物として表示されています。

例えば下の画像だと有効成分は、ミノキシジル・パントテニールエチルエーテル・トコフェロール酢酸エステル・l-メントールになります。

例えば下の画像だと有効成分は、ミノキシジル・パントテニールエチルエーテル・トコフェロール酢酸エステル・l-メントールになります。

次に化粧品育毛剤の成分表にはすべての成分名が記載されていて、有効成分を区別していません。

また、化粧品育毛剤には有効成分が配合されていないタイプもあります。

ですから、有効成分名を知らないと配合されているのか、どうかもわかりません。

ですから、有効成分名を知らないと配合されているのか、どうかもわかりません。

このように育毛剤の有効成分は、分類ごとに表示の仕方が少し違います。

ですから、成分表を確認するときは、少し気をつけてくださいね。

次の章では、分類ごとの有効成分についてお話します。

分類ごとの有効成分

女性用育毛剤に配合されている有効成分は、分類によって種類や濃度、量などが違います。

それぞれを詳しく説明します。

医薬品有効成分

医薬品有効成分は、元々男性の薄毛治療に使われていました。

それが臨床試験などによって女性の薄毛にも効果があることがわかり、取り入れられるようになったのが、ここ15年位。

ですから、男性よりも頭皮が敏感な女性には刺激が強く、合わないことがあります。

また、女性用育毛剤に配合される医薬品有効成分の種類は少なく、濃度も薄くなります。

しかも、女性特有の薄毛(分娩後脱毛症や牽引性脱毛症など)には効果がありません。

医薬部外品有効成分

医薬部外品有効成分は種類がたくさんあり、植物などから抽出した天然由来のエキスがメインです。

しかも、昔から漢方などに使われていた成分が多いので、副作用の心配がほとんどありません。

ですから、妊娠中や授乳中の抜け毛対策にも使え、色々なタイプの女性の薄毛に効果的です。

また、抜け毛や薄毛の改善効果を高めるため、濃度や量がきちんと決められています。

化粧品有効成分

化粧品有効成分は、医薬部外品有効成分と同じです。ただ、濃度や量が医薬部外品有効成分よりも劣ります。

しかし、日本では承認されていない『これから有効成分として認可される成分』は化粧品有効成分になるので、薄毛改善効果は高いです。

有効成分の働き

有効成分には、厚生労働省が認める効果効能を発揮する色々な働きがあります。

例えば、髪の毛の成長に欠かせない酸素や栄養を含んだ血液の流れを良くする血行促進作用や、毛根内の細胞を活発にして太い毛を増やす細胞活性化作用などです。

ですから、自分の薄毛の原因が何なのかわかれば、その原因に合った働きをする有効成分を見つけて改善することができます。

そこで、次の章から女性用育毛剤に配合されている有効成分を個別に紹介します。

医薬品有効成分の効果と副作用

この章では、女性の薄毛改善に使える医薬品有効成分と、女性の使用が禁止されている危険な医薬品有効成分についてお話します。

医薬品有効成分配合の育毛剤は、医師の処方や薬剤師の説明がないと購入できません。

薄毛を改善する効果が高く、副作用が強いので、使用するには色々な注意事項があります。

では早速、女性用育毛剤に含まれている医薬品有効成分の効果と副作用について見ていきましょう。

女性用育毛剤に含まれている有効成分

女性用育毛剤に配合されている医薬品有効成分は、おもに次の2つです。

  • ミノキシジル
  • 塩化カルプロニウム

2つの有効成分の評価を日本皮膚科学会『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』で見ると、ミノキシジルA判定、塩化カルプロニウムC1判定になっています。

ガイドライン判定基準

A強く勧める
B行うよう勧める
C1行ってもよい
C2行わないほうがよい
D行うべきではない

ミノキシジル

ミノキシジルは、1970年代のアメリカで血圧の治療薬として開発されました。

副作用として『毛深くなる』ことがわかり、これを薄毛治療に上手く使えないかと臨床試験を進め、今のようになりました。

優れた血行促進作用があり、それによって毛根にある細胞が栄養をたくさん吸収して活性化。太い毛を増やし抜け毛を減らすことに成功したのです。

ミノキシジル配合の女性用育毛剤『リアップリジェンヌ(リアップレディ)』の臨床試験結果でも、そのことがよくわかります。

薄毛の改善効果が高いミノキシジルですが、動機や胸痛など重症性の副作用が強く出ることも報告されています。

参考:独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

参考:ミノキシジルのリスク区分

とくに女性に発生しやすい副作用が頭皮のトラブルです。赤み・痛み・かゆみ・フケ・炎症・ただれなどの症状になります。

下記のリアップリジェンヌ(リアップレディ)の安全性臨床試験の結果を見てもわかりますね。

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムは胃腸薬として作られた成分ですが、優れた血管拡張作用があります。

そのため、薄毛の改善に使うことができないかと考えられ、有効成分に認められました。

ただし、女性の薄毛に対する塩化カルプロニウムの有用性について、現段階では十分に実証されていません。

参考:日本皮膚科学会・男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン

また副作用として発汗や熱感、かゆみなどの報告があるので、頭部の血流と関係する片頭痛持ちの方や敏感肌の女性は気をつけましょう。

参考:副作用症例一覧

参考:医療用医薬品 : フロジン

危険な医薬品有効成分

ここでは、女性が使ってはいけない医薬品有効成分について解説します。

男性の薄毛治療に使われている服用タイプの医薬品有効成分で2種類ありますが、両方とも女性にとっては危険です。

  • フィナステリド(プロペシア)
  • デュタステリド(ザガーロ)

フィナステリド(プロペシア)

プロペシア治療薬の主成分フィナステリドは、抜け毛を増やし脱毛を進行させる男性ホルモンを抑制する医薬品有効成分です。

ですから、男性ホルモンが原因で起こる男性の薄毛を改善する効果が高いとされています。

しかし、皮膚からも吸収されることがあるので、取り扱いには注意が必要。とくに妊娠中や授乳中のママ、妊娠可能な女性が触るのは絶対にNGです。

フィナステリドの男性ホルモン抑制作用が、男児の赤ちゃんの生殖機能に影響を与えると言われています。

また、未成年の男の子の生殖器にも異常をきたす恐れがあるので、気をつけましょう。

もし、旦那さんや彼氏、兄弟などがプロペシア配合治療薬を服用しているのなら、管理をしっかりとしてもらってください。

くれぐれも、その辺に置きっぱなしにさせないように!フィナステリドは女性や未成年の男子には禁忌と覚えとくといいでしょう。

デュタステリド(ザガーロ・アボルブ)

デュタステリドは、男性薄毛の治療薬ザガーロやアボルブに配合されている医薬品有効成分です。

フィナステリドよりも男性ホルモンを抑えこむ力が強く、ハゲに悩む男性に希望を与える成分として人気があります。

ただし、経皮吸収作用があるので取扱いに注意が必要。フィナステリドと同じように男児の生殖機能に異常を起こすことがわかっています。

参考:アボルブカプセル0.5㎎

ですから、女性や未成年の男の子は触らないようにしてください。

また、フィナステリドよりも危険性が高く、長期間体内に残る可能性があります。

このように2つの危険な医薬品有効成分は、皮膚から体内に入り込み、色々な影響を与えることがわかっています。

医薬品有効成分フィナステリドとデュタステリドは、女性に対する安全性が確率されていないので、近づかないようにするのは一番です。

次は医薬部外品や化粧品に配合されている有効成分についてお話します。

医薬部外品有効成分の効果と副作用

医薬部外品育毛剤に配合されている有効成分は、抜け毛や薄毛を防ぎ、穏やかに作用するので、副作用の心配がほとんどありません。

ですから、男性よりも頭皮が敏感な女性におすすめ。初めて育毛剤を試す方でも安心して使えます。

では、医薬部外品の有効成分をいくつか紹介しますね。

女性用育毛剤人気の有効成分

まずは、女性用の医薬部外品育毛剤に配合されている人気の有効成分についてです。

女性の薄毛原因に合った優しい有効成分ベスト3は次の通り。

  • 1位 センブリ
  • 2位 グリチルリチン酸ジカリウム
  • 3位 ニンジンエキス

どれも多くの女性用育毛剤に配合されている有効成分です。それぞれの効果と副作用を解説します。

センブリエキス

リンドウ科の植物センブリから抽出されたエキスで、漢方薬にも使われている成分です。

効果副作用
血行促進
細胞活性化
抗炎症
抗酸化
保湿
ほとんどなし

グリチルリチン酸ジカリウム

甘味料としても使われる植物の甘草(カンゾウ)から抽出された成分で、ニキビの薬やアトピーのケアなどにも使われています。

効果副作用
抗炎症
抗菌・殺菌
抗アレルギー
ほとんどなし

経口摂取によって『偽アルドステロン症』の副作用が出ることがありますが、頭皮につける育毛剤での心配はありません。

参考:厚生労働省

ニンジンエキス

高麗人参(オタネニンジン)から抽出された成分で、昔から滋養強壮の漢方薬として使われてきました。

効果副作用
血行促進
細胞活性化
抗酸化
抗炎症
保湿
なし

3つとも天然植物から作られた有効成分なので、副作用の心配がほとんどありません。

植物由来の有効成分は他にもあるので、次の章で紹介します。

植物由来の有効成分

女性用の育毛剤に配合されている植物系有効成分は、たくさんあります。すべてを紹介することはできないので、代表的な5つの効果と副作用を説明します。

  • ヒノキチオール
  • セファランチン
  • ショウキョウチンキ
  • トウガラシチンキ
  • ニンニクエキス

ヒノキチオール

ヒノキ(タイワンヒノキ・青森ヒバ・能登ヒバなど)から抽出された成分で、抗菌・殺菌作用や抗炎症作用に優れています。

また毛根内の細胞を活性化する効果もある成分です。

副作用の心配はほとんどありません。アトピーの治療にも用いられているので、肌が弱い方でも安心の成分。

参考:岡山大学医学部皮膚科学教室

セファランチン

タマサキツヅラフジという植物から抽出されたエキスで、優れた血行促進作用や抗アレルギー作用があります。

円形脱毛症やひこう性脱毛症の治療にも使われている成分です。

副作用の心配がなく、頭皮に塗っても赤みなどのトラブルが発生することはありません。

ショウキョウチンキ

生姜から作られる成分で、血行促進や保湿、抗酸化などの作用があります。

ショウガに含まれる辛味成分や香り成分が刺激となって、赤みやひりつき、痛みなどの副作用が起こることがあるので、敏感肌の方には向きません。

ただ、女性用育毛剤に配合されている量は少量なので、さほど心配はないでしょう。

トウガラシチンキ

唐辛子から抽出された成分です。血行促進作用や抗炎症作用、殺菌・抗菌作用があります。

刺激性の辛味成分カプサイシンが含まれているので、頭皮につけるとピリピリしたり、痛みを感じたりするなどの副作用が発生することも。

女性用育毛剤よりも男性用育毛剤や男女兼用育毛剤に配合されていることが多い成分です。

冬虫夏草エキス

冬虫夏草エキスとは、昆虫に寄生して発生したキノコの一種から作られた成分。とても珍しく高価で漢方薬や薬膳などに使われてきました。

保湿作用や男性ホルモン抑制作用があります。

また、サントリーと順天堂大学の共同実験によると、発毛・育毛効果が確認できたとされています。

参考:冬虫夏草のC3Hマウスにおける育毛効果

副作用の心配がないので、女性におすすめできる有効成分です。

このように植物由来の成分には色々な作用があり、副作用が少ないので女性の薄毛ケアにおすすめ。

ただし、植物アレルギーのある方は何が起こるか分からないので、使用前にパッチテストを行うようにしましょう。

次は植物成分以外の有効成分について解説します。

その他の有効成分

この章ではビタミンなどを元に作られた、植物成分以外の有効成分を5つ紹介します。

安全性や安定性を考えて合成されているので、刺激が少なく女性におすすめの成分ばかりです。

  • ピロクトンオラミン
  • 塩酸ピリドキシン
  • ジフェンヒドラミンHCI
  • アデノシン
  • 酢酸DL-α-トコフェロール

それぞれの働きと副作用を見てみましょう。

ピロクトンオラミン

ピロクトンオラミンは、抗菌・殺菌作用や皮脂抑制作用などがあり、フケの発生を防ぐ効果が高い成分です。

ですから、過剰な皮脂によって起こる脂漏性脱毛症の治療にも使われています。

副作用は、ほとんどありません。しかし、皮脂を必要以上に抑えてしまうと頭皮の乾燥を招くことがあります。

塩酸ピリドキシン

塩酸ピリドキシンは、ビタミンB6の活性を持った合成有効成分です。血行促進、抗炎症、細胞活性化などの働きがあります。

ビタミンを元に作られた成分なので副作用の心配がありません。

ジフェンヒドラミンHCI

ジフェンヒドラミンHCIは、抗アレルギー作用や抗炎症作用、血行促進作用がある成分です。

抗ヒスタミン剤として花粉症や風邪薬などにも含まれる合成有効成分。

服用に関する副作用の報告(眠気や口の渇きなど)はありますが、育毛剤としての報告はありません。

アデノシン

アデノシンは、大手化粧品メーカーの資生堂が開発した独自成分です。きちんと厚生労働省から有効成分と認められています。

血行促進作用や抗炎症作用、細胞活性化作用などがある成分です。

参考:資生堂

アデノシンは、元々体内にある成分なので、副作用の心配はありません。

酢酸DL-α-トコフェロール

酢酸DL-α-トコフェロールは、ビタミンEから作られた合成有効成分です。(ビタミンE誘導体)

抗酸化作用や血行促進作用、抗炎症作用があり、スキンケア用品などにも含まれています。

副作用の心配はありません。

化粧品有効成分の効果と副作用

最後に化粧品有効成分の効果と副作用を解説します。

化粧品育毛剤に配合されている有効成分は、医薬部外品育毛剤と同じです。

しかし濃度が低かったり、量が少なかったりするので、本来発揮される薄毛改善効果が弱いと言えます。

ただ、有効成分として認可されていない発毛や育毛に効果的な成分が補っているので、結果的には医薬部外品育毛剤に負けない改善力があります。

  • キャピキシル
  • リデンシル

上記の2成分は有効成分として通用するほど薄毛改善効果が高く、現在とても注目されています。

キャピキシル

アカツメクサ花エキスと、アミノ酸から構成されたアセチルテトラペプチド-3が主成分のキャピキシル。

細胞活性化作用や男性ホルモン抑制作用、抗炎症作用などがある成分です。

医薬品有効成分のミノキシジルよりも薄毛を改善する効果が高いとされています。

副作用の心配はありません。

リデンシル

細胞活性化作用や抗炎症作用、抗酸化作用があるリデンシル。チャ葉エキスやセイヨウアカマツ球果エキス、塩化亜鉛などから作られた成分です。

副作用の心配はありません。

まとめ

女性用育毛剤に欠かせない有効成分。

自分に合った育毛剤を探すには、有効成分の効果や副作用を知っておくことが大切です。

どんなに薄毛改善効果が高くても、副作用が強かったら使い続けるのは難しく、最悪、抜け毛が増えることもありますよ。

ここで少しでも有効成分のことがわかった!と思ってもらえたら幸いです。