抜け毛の予防対策はシャンプーよりも女性用育毛剤?効果的な予防方法を解説!

抜け毛の予防対策はシャンプーよりも女性用育毛剤?効果的な予防方法を解説!

『最近、髪の毛が細くなった?抜け毛が増えた?』と感じ、薄毛の予防ケアを始める女性が増えています。

たしかに5年後10年後のことを考えると、少しでも早く抜け毛対策を始めたほうがいいですね。

でも、薄毛の予防には何が一番効果的なのでしょうか?『やっぱり育毛シャンプー?それとも育毛剤?』と迷います。

そこで今回は育毛シャンプーと育毛剤の薄毛予防効果を解説します。

また自分でできる抜け毛予防方法や、予防におすすめの育毛剤を紹介するので参考にしてください。

抜け毛予防対決!シャンプー対育毛剤!

抜け毛予防対決!シャンプー対育毛剤!

この章では女性の抜け毛予防に効果がある『育毛シャンプー』と『育毛剤』を比較します。

一般的に『抜け毛予防→育毛シャンプー』『薄毛改善→育毛剤』となりますが、本当にそうなんでしょうか?

『育毛剤で抜け毛予防はできない(大げさ)』と思っている方。それ違います。

育毛剤の効能効果には『発毛・育毛の促進』以外に『脱毛の予防』もあるんです。

育毛剤の効能効果には『発毛・育毛の促進』以外に『脱毛の予防』もあるんです。

だから将来のことを考えた『抜け毛予防対策』に育毛剤は効果的!女性のヘアケアに欠かせないアイテムです。

そこで、この章では『育毛シャンプー』と『育毛剤』の抜け毛効果を解説します。

まずは育毛シャンプーから見ていきましょう。

育毛シャンプーの予防効果

育毛シャンプーの予防効果

抜け毛の予防と言えば育毛シャンプーです。

頭皮の汚れを落とす普通のシャンプーとは違って『育毛』がつくシャンプー剤ですから、その抜け毛予防効果に期待が高まります。

育毛シャンプーの最大の役割は『頭皮の状態を整えて、髪の毛が成長しやすいようにすること』です。

だから、普通のシャンプー剤には配合されていない育毛有効成分や天然植物由来成分が色々と配合されていて、刺激が少なく頭皮や毛穴を健やかに保ちます。

ただ、育毛シャンプーは育毛剤と違って洗い流さないといけないので、成分が頭皮や毛穴の奥まで浸透することがありません。

ですから、髪の毛に栄養を与えて太くする、生やすことはできません。

あくまでも育毛シャンプーは、今の薄毛ではなく未来の抜け毛を増やさないようにするアイテムです。

そのため、髪の毛が元気な10代や20代、パーマやカラーリングを頻繁にしている女性、過度なダイエットをくり返している方などの抜け毛予防におすすめです。

育毛剤の予防効果

育毛剤の予防効果

次に育毛剤の抜け毛予防効果を見てみましょう。

女性用育毛剤は発毛や育毛の促進、抜け毛や薄毛の改善に効果のあるアイテムですが、抜け毛予防にも有効です。

育毛シャンプーの章でもお話した通り、抜け毛の予防には頭皮環境を整えることが大切。

育毛剤には地肌や毛穴の炎症を抑えたり、フケやかゆみを軽減したりする成分が配合されているので、乱れた頭皮の状態を整えることができます。

また、抜け毛の原因となるホルモンバランスの乱れや血行不良などを解消する成分も配合されているので効果抜群です。

だから女性ホルモンが減る30代40代、運動習慣が少ない方、ストレス過多の女性などは育毛剤での抜け毛ケアがおすすめです。

女性ホルモン

どちらかを選ぶなら…育毛剤!

このように育毛シャンプーと育毛剤の抜け毛予防効果は、どちらも優れています。

ですから、最強の抜け毛予防対策は『両方とも使うこと』です。

でも『予防』にそこまで手間やお金を掛けるのって抵抗がありますよね。

だから、どちらか1つを選ぶなら抜け毛予防効果が高い育毛剤です。

育毛剤は直接、頭皮や毛穴に働きかけるので抜け毛予防効果は育毛シャンプーとはケタ違いです。

また、頭を洗うなら刺激の少ないアミノ酸系シャンプーでも抜け毛予防効果が十分にあります。

ですから頭皮の状態を整えたり、髪の毛の細胞に栄養を補給したりする育毛剤のほうが抜け毛予防に効果的です。

そこで次の章では、おすすめの育毛剤を紹介します。

抜け毛予防におすすめの育毛剤

抜け毛予防におすすめの育毛剤

ここでは抜け毛予防効果の高い女性用育毛剤を2つ紹介します。

両方とも無添加の育毛剤なので、肌が敏感な女性や産後のママさんでも安心して使えますよ。

それでは1つずつ、詳しくお話しましょう。

リジュン

1つ目は世界で話題になっている次世代育毛成分リデンシルと、特許出願中のフルボ酸が配合されている『リジュン』です。

リジュン

公式サイトはこちら♪

リジュンは浸透力に特化したナノ化(超微細化)型の育毛剤。だから、頭皮や毛穴の奥の奥まで入り込み力を発揮します。

また、配合されているリデンシルは毛根内や頭皮内の細胞に直接働きかけるので、根本から抜け毛を防ぎ、地肌を整えることが可能です。

しかも、リジュンの効能を持続させるフルボ酸配合。だから、抜け毛予防効果が長く続きます。

リジュンの基本情報

初回購入金額
定期コース 2,980円(税抜)
3,218円(税込)
単品購入 5,960円(税抜)
6,437円(税込)
送料
定期コース 無料
単品購入 640円
全額返金保証
定期コース あり
単品購入 なし

公式サイトはこちら♪

リジュンをもっと知りたい方はこちら♪
リジュン(RiJUN)の効果的な使い方や成分を徹底解説!毛髪診断士による女性用育毛剤口コミ・体験レビュー

ベルタ

2つ目は、頭皮や髪の毛の元であるアミノ酸が10種類以上も配合されている『ベルタ』。9割以上の女性がリピ買いするほど満足度の高い育毛剤です。

ベルタ

公式サイトはこちら♪

ベルタには抜け毛予防や頭皮環境の正常化に欠かせないアミノ酸系成分が14種類も配合されています。

しかも、頭皮や毛穴への優しさに徹底的にこだわった女性用育毛剤で、配合されている成分のほとんどが天然由来になります。

また16種類もの添加物がカットされているので、安全で安心の育毛剤です。

また16種類もの添加物がカットされているので、安全で安心の育毛剤です。

アミノ酸系成分には血行促進や細胞活性化、抗酸化など色々な作用があり、体に必要な栄養素なので副作用の心配がありません。

ベルタの基本情報

初回購入金額
定期便パック 1,980円+税
2,138円税込
お試し1本 5,980円+税
6,458円税込
送料
定期便パック 無料
お試し1本 648円
全額返金保証
定期便パック 20日間
お試し1本 なし
おまけ
定期便パック 頭皮クレンジング
お試し1本 なし

公式サイトはこちら♪

ベルタをもっと知りたい方はこちら♪
ベルタ(BELTA)の効果的な使い方や成分を徹底解説!毛髪診断士による女性用育毛剤口コミ・体験レビュー

ここで紹介したリジュンとベルタは、女性用育毛剤の中でも抜け毛予防効果に優れている商品です。

ですから、抜け毛予防に有効な育毛剤を探すときに参考にしてください。

しかし抜け毛の予防ケアは自分でも簡単にできるので、次の章で詳しくお話します。

効果的な予防方法

女性の抜け毛予防には、育毛剤と自分でできるセルフケアが効果的です。

2つのケアを同時に行うことで、髪の毛が元気になり抜けにくい毛が生えてきます。

それでは次の3つの方法を詳しく解説します。

  • 食べ物(栄養素)
  • 頭皮マッサージ
  • ストレスフリー

食べ物(栄養素)

食べ物(栄養素)

1つ目は抜け毛予防に効果的な食べ物です。

髪の毛は食べ物から摂取した栄養素を元に成長します。

ですから、過度なダイエットやバランスの悪い食事を続けると、髪の毛に必要な栄養素が足りなくなって細毛や抜け毛が増えます。

女性の抜け毛予防に欠かせない主な栄養素は、タンパク質・ビタミン・ミネラルです。

タンパク質

髪の毛の主成分であるケラチンは、18種類のアミノ酸で構成されたタンパク質です。

ですから、良質なタンパク質を含んだ大豆や卵、牛肉やレバー、鮭やカツオなどを毎食欠かさず摂ると抜けにくい毛が生えてきます。

ビタミン

抜け毛予防効果の高いビタミンは、B2、B6、ビオチン、C、Eの5つです。

ビタミンB2には髪の毛や頭皮の細胞を活発にしたり、皮脂量を調整したりする効果があります。

また活性酸素によって発生する刺激物質(過酸化脂質)を分解する力もあります。

ビタミンB2を多く含む食べ物

卵・牛乳・納豆・ブリ・いわし・うなぎ・あゆ・菜の花・しめじ・アボカドなど

ビタミンB6にはタンパク質の代謝を助け、細胞の生成を促進し、皮脂の分泌を調整します。

髪の毛の主成分であるケラチンの生成に深く関わっていて、抜け毛の予防に欠かせないビタミンです。

ビタミンB6を多く含む食べ物

ニンニク・トウガラシ・マグロ・サンマ・カツオ・鶏肉・ピスタチオ・バナナ・きな粉・ごまなど

ビオチンは、ビタミンB7やビタミンHとも呼ばれている水溶性のビタミンで、過剰に摂取しても尿や汗で排出されます。

頭皮の炎症を抑えたり、血行を良くしたり、タンパク質の代謝を助けるたりする効果があるビタミンです。また白髪を抑える効果もあります。

ビオチンを多く含む食べ物

マイタケ・マッシュルーム・インスタントコーヒー・落花生・ピーナッツバター・ししゃも・かれい・あさり・レバー・海苔など

フルーツや野菜に多く含まれているビタミンC。血行促進効果や抗酸化作用があり、抜け毛の予防に必要なビタミンです。

しかし、ストレスやタバコなどによって大量に消費されるので、多めに摂ることを心がけましょう。

ビタミンCを多く含む食べ物

ピーマン・ゴーヤ・ブロッコリー・海苔・明太子・柚子・レモン・キウイ・イチゴ・柿など

抗酸化効果に優れたビタミンEは、女性の抜け毛予防に欠かせない若返りビタミンです。

血行促進作用や女性ホルモンの働きをコントロールする効果があります。

ビタミンAやビタミンCと一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

ビタミンEを多く含む食べ物

アーモンド・アボカド・バジル・かぼちゃ・イクラ・うなぎ・鮎・かずのこ・緑茶・赤ピーマンなど

ミネラル

ミネラルも抜け毛の予防に欠かせない栄養素。とくに亜鉛やヨウ素は重要です。

亜鉛には髪の毛の細胞を活性化する効果や、たんぱく質の合成、男性ホルモンの抑制などの作用があります。

牡蠣やアワビ、カニなどの魚介類、切り干し大根や高野豆腐などの乾物に多く含まれているミネラルです。

ヨウ素は海藻類(わかめやひじき、昆布など)に多く含まれています。血行促進作用や細胞活性化作用があります。

このように抜け毛の予防に欠かせない食べ物(栄養素)は色々とありますが、基本はバランスの良い食事です。

バランス良く色々な食べ物を摂ることで、髪の毛は太く抜けにくく成長します。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージ

2つ目のセルフ抜け毛予防方法は、頭皮マッサージです。

髪の毛は血液中の酸素や栄養素を元に成長するため、血行を良くすると太く抜けにくくなります。

また頭皮の固さと髪の薄さは比例しているので、マッサージで頭全体を揉みほぐせば薄毛予防対策になります。

ただし、強く押したり揉んだりするのは逆効果。頭皮や毛穴が傷つく恐れがあるので、指の腹で優しくマッサージするようにしましょう。

ストレスフリー

3つ目はストレスを溜めない。ストレスを解消することです。

ストレスによって体や心をコントロールしている自律神経が乱れると、血行が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れたりして抜け毛が増えます。

ですから、抜け毛を予防するならストレスフリーの生活が一番!でも、ストレスって知らず知らずのうちに溜まっていますよね。

そこで定期的にストレスを吐きだすようにしましょう。小まめにストレスを解消することで抜け毛が防げます。

女性におすすめのストレス解消方法

  • 友達とおしゃべり
  • ゆっくりお風呂に入る
  • ひたすら寝る
  • マンガを読む
  • 音楽を聞く
  • マッサージに行く
  • 運動をする
  • カラオケに行く

このように簡単にできるセルフケアを取り入れることで、抜け毛の予防ができます。

これから先の髪のことが気になる方は、育毛剤と一緒に試してみてください。

こんな抜け毛・薄毛は予防可能?

最後は色々な原因によって起こる薄毛は予防できるのか、お話します。

下記の5つのパターンを詳しく説明します。

  • 遺伝
  • 産後
  • 更年期
  • 中学生&高校生
  • 季節

遺伝

まず遺伝による抜け毛ですが、予防できます。

女性の遺伝性抜け毛は男性よりも症状が軽いため、育毛剤などのセルフケアで十分に防ぐことができるんです。

また女性は遺伝だけで薄毛になることはなく、その他の原因が色々と重なり合って発症します。

ですから、抜け毛の原因を1つずつ改善することも予防になります。

産後

出産後の抜け毛も予防可能!ただし、赤ちゃんを産んだらすぐに対策を行うことが重要です。

産後の抜け毛は女性ホルモンの急激な変化によって起こります。また、慣れない子育てによる睡眠不足や栄養不足、ストレスなども原因です。

ですから、産後の抜け毛を予防するには女性ホルモンのバランスを整えることです。

例えば、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれた大豆製品を積極的に摂る。女性ホルモンの分泌を助けるボロンが含まれたキャベツやブロッコリーを食べる。これだけでも立派な予防方法。

そして慣れない子育ては周りに協力してもらいましょう。パパや両親はもちろん、短時間のベビーシッターさんもありだと思いますよ。

更年期

更年期による薄毛も予防できます。

女性ホルモンの急激な減少や卵巣機能の低下などによって起こる更年期薄毛の予防には育毛剤が一番効果的です。

もちろん育毛剤以外のセルフケアも忘れてはいけません。

中学生&高校生

中学生や高校生の抜け毛も予防可能です。一番の対策法は色々なことを考えすぎないこと。それよりも、きちんと頭を洗ってしっかりゆすぐことを心がけてください。

季節

季節の変わり目、とくに夏から秋に向けって抜け毛が増えます。

秋の抜け毛予防は、夏にどれだか髪の毛に手を掛けたかです。

紫外線や皮脂によるダメージ、クーラーによる乾燥など夏に起こったことが蓄積されて秋の髪の毛に現れます。

ですから紫外線が強くなったら、髪の毛のケアを強化すると秋の抜け毛を防げます。

まとめ

女性の抜け毛予防は、気がついたときに行うことが肝心です。

育毛シャンプーや育毛剤、セルフケアなどをすることで、将来の毛髪の量や質が違ってきます。

とくに育毛剤で抜け毛予防をするとボリュームだけではなくハリやツヤ、コシを保ったままでいられるので、60代過ぎても薄毛や細毛の心配が減ります。

ですから、抜け毛の予防ケアを検討されている方は、ぜひ、この記事を参考にしてください。