女性の分け目薄毛を治す育毛剤とは?原因や効果的な対策方法を徹底解説!

女性の分け目薄毛を治す育毛剤とは?原因や効果的な対策方法を徹底解説!

パックリと割れた分け目。昔はこんなに目立たなかったのに…と鏡を見るたびに落ち込んだり、人目が気になって外出を控えたりしていませんか?

分け目の薄毛は女性にとって大問題!恥ずかしいし、老けて見られるし、少しでも早く治したいですよね。

そこで分け目の薄毛に効果のある育毛剤を探している女性も多いと思います。でも種類が色々あるので迷いませんか?

今回は管理人が実際に使って『これは分け目の薄毛に効果的!』と思った商品をご紹介します。また、分け目薄毛の原因と対策方法を解説するので参考にしてください。

分け目が薄くなる原因

どうも、毛髪診断士で当サイトの管理人AYAKOです。

今回は分け目の薄毛に効果的な育毛剤を紹介するのですが、その前に『どうして分け目が薄くなるのか?』を探っていきます。

分け目が薄くなる原因は2つです。詳しく説明します。

  • 分け目薄毛の原因は2つ
  • 内因性
  • 外因性

分け目の薄毛原因を知るのは、自分に合った育毛剤を選ぶヒントになるので一緒に見てみましょう。

分け目薄毛の原因は2つ

分け目が薄くなる原因は内因性と外因性の2つです。

分け目薄毛の内因性原因

  • 加齢
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)
  • 生活習慣の乱れ

女性の分け目が薄くなる内因性の原因は、年齢やホルモンバランスの乱れ、ストレスや睡眠不足などです。

髪の毛は年齢やホルモン、生活習慣などと密接に関係しています。

分け目薄毛の外因性原因

  • 紫外線
  • 髪の重さや重力
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症

外部からの刺激でも分け目は薄くなります。

分け目は髪の毛に覆われていないので紫外線を浴びやすく、毛量や重力などの負担が掛かりやすい部位です。

また、女性は髪の毛を結ぶ時にどうしても分け目部分を引っ張るようになります。(牽引・けんいん)

このように分け目の薄毛は、何か特定の原因によって起こるのではなく、内因性と外因性の原因が組み合わさって発症します。

次の章では内因性の原因について詳しく説明しましょう。

分け目の薄毛原因・内因性

内因性の原因は『加齢』『女性男性型脱毛症(FAGA)』『生活習慣の乱れ』の3つです。

それぞれについて説明します。

加齢

年齢を重なると髪の毛の材料である血液を運ぶ毛細血管が少なくなったり、発毛・育毛効果のある女性ホルモンの量が減ったりします。

また毛根内の細胞を修復したり、新しくしたりする新陳代謝のスピードが落ちます。

そのため女性の髪の毛は、年齢が上がるほどに細く柔らかくなり、毛穴から生える本数が減って『分け目が太くなったなぁ…』と実感するようになるのです。

年齢による薄毛は自然現象なので仕方ないと諦めがちですが、生活習慣を整え、育毛剤などのアイテムを使えば改善するので心配は要りません。

女性男性型脱毛症(FAGA)

男性の薄毛原因と同じ男性ホルモンの影響で起こる女性男性型脱毛症(FAGA)。

女性の体には髪の毛を抜けにくくする女性ホルモンと、脱毛ホルモンに変化する男性ホルモン(テストステロン)がバランスを取って存在しています。

しかしストレスや生活習慣の乱れ、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が少なくなると、必然的に男性ホルモンが優位になり影響を受けやすくなるのです。

しかしストレスや生活習慣の乱れ、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が少なくなると、必然的に男性ホルモンが優位になり影響を受けやすくなるのです。

すると細毛や抜け毛が徐々に増えていき、頭全体が薄くなる女性男性型脱毛症(FAGA)を発症します。

女性男性型脱毛症(FAGA)の初期症状は分け目やつむじの薄毛です。広がる前にしっかりと対処することが必要になります。

生活習慣の乱れ

ストレスや寝不足、偏った食事なども分け目薄毛の原因です。

髪の毛は日常生活のちょっとした変化にも敏感で、すぐに抜け毛が増えてしまいます。

  • ストレス
    自律神経のバランスが乱れて、毛細血管が収縮。酸素や栄養を毛根に運ぶ血液の流れが悪くなり、細毛が増えます。

  • 寝不足
    髪の毛を成長させるホルモンの分泌量が減少。発毛や脱毛をコントロールする毛乳頭細胞や髪の毛の生成工場である毛母細胞の働きが低下し、新しい髪の毛が生えにくくなります。

  • 偏った食事
    髪の毛の成長に欠かせない3大栄養素(タンパク質・ビタミン・ミネラル)が不足。毛根が栄養失調となり、太い毛に育つ前に抜けます。
    また体内で作られない栄養素もたくさんあり、食事からの摂取が必須です。

これら分け目薄毛の内因性原因は、個人によって違います。

ですから自分の分け目薄毛に当てはまる内因性原因はどれなのか、しっかりと考えてみることが大切です。

分け目の内因性原因がわかったので、次は外因性原因について解説します。

分け目の薄毛原因・外因性

分け目が薄くなる外因性の原因は『紫外線』『髪の重さや重力』『牽引性脱毛症』です。

紫外線

紫外線は毛根内の細胞を傷つけ破壊します。しかも頭皮の日焼けを引き起こし、赤みや痛み、フケなどのトラブルを招く外的刺激です。

分け目は地肌が露出している部位なので、どうしても紫外線を浴びやすくなっています。

最近はスプレー式の頭皮UVケア用品も多く発売されているので、日傘や帽子などと共に活用するといいですね。

髪の重さや重力

髪の毛は、分け目を起点にして髪の重さや重力のよって下に伸びていきます。

そのため、分け目の場所を変えないと同じ部分ばかりに負担が掛かり、毛穴や毛根が弱くなります。

また髪の毛が長いと重さがある分、下に引っ張られる力が強くなるので、小まめに分け目の位置を変えることも重要な薄毛対策方法のひとつです。

髪の毛をカットするだけでも分け目の負担が減るので、新しい髪型に挑戦するのもいいかもしれませんね。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

牽引性(けんいんせい)脱毛症とは、髪の毛を引っ張ることで起こる薄毛です。

女性は男性よりも髪の毛が長いので、ゴムで結んだり、ピンで固定したり、ヘアバンドを使ったりしますよね。

すると毛根の引っ付く力が弱くなったり、細胞が傷ついたりします。

ですから、ゴムやピンの種類を変えたり、ふわっと結んだり、軽く留めたりなどの工夫をすることも大事です。

このように分け毛目薄毛の原因は色々あります。

どれが自分に当てはまるかわかりましたか?もしかしたら全てに心当たりがある方もいるかもしれませんね。

でも、きちんと原因がわかれば、あとはそれを取り除いていけばいいだけ。同時に育毛剤を使えば分け目の薄毛を改善する時間が短縮されますよ。

ですから、少しでも早く分け目の薄毛を治したい時に育毛剤は効果的です。

そこで次の章では、私が実際に使って『分け目の薄毛に効果的!』と感じた育毛剤をご紹介するので、参考にしてください。

分け目の薄毛を治す育毛剤とは?

たくさんある女性用育毛剤から『分け目の薄毛』に効果的な商品を選ぶのって難しいですよね。

これも効きそうだし、あっちも良さそうと思うと、結局どれも買わずに時間だけが過ぎていきます。

そこで、分け目の薄毛にどんな育毛剤がいいのか、注意点と共に解説します。また、分け目の薄毛に効果のある育毛剤ランキングも発表するのでお楽しみに!

○○成分配合の育毛剤

女性用育毛剤は種類が豊富で、テレビや雑誌に紹介されている話題の商品もたくさんあります。しかし、分け目薄毛専用はありません。

でも、ある成分が配合されている育毛剤を選べば、太くなった分け目が元に戻り、気にならなくなります。

では早速ある成分を紹介しますね。分け目の薄毛を改善してくれる成分は次の3つです。

  • 髪の毛を太くする女性ホルモンに似た働きをする成分
  • 脱毛ホルモンに変化する男性ホルモンを抑制する成分
  • 弱ってしまった毛根内の細胞を活性化する成分

それぞれの成分について解説します。

女性ホルモン様成分とは?

女性の分け目薄毛は、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって女性ホルモンの働きが悪くなると起こります。

ですから分け目の薄毛を治すには、髪の毛を太く抜けにくくする女性ホルモンと同じような働きをする成分配合の育毛剤がおすすめです。

でも女性ホルモンは女性の心や体をコントロールする重要なホルモンですから、女性ホルモン様成分配合の育毛剤を使って大丈夫なの?副作用はないの?と思いますよね。

女性用育毛剤に配合されている女性ホルモン様成分は、植物を主体に作られているので安全性が高く、副作用の心配がほとんどありません。

だから妊娠中や産後の分け目薄毛にも使えます。

育毛剤に配合されている女性ホルモン様成分

  • 大豆(ダイズ)エキス
  • ヒオウギエキス
  • ホップエキス
  • ニンジンエキス
  • ヨモギエキス

大豆(ダイズ)エキス・ヒオウギエキス

『植物性エストロゲン』と呼ばれるイソフラボンが主成分です。

ホップエキス

女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするフィストロゲンが含まれています。

ニンジンエキス

主成分のジンセノサイド(サポニン)は、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きします。

ヨモギエキス

香り成分に含まれるツヨシには、エストロゲン様作用があります。

ちなみに女性用育毛剤には、女性ホルモンの分泌量を調整する成分も配合されているので紹介しますね。

女性ホルモン調整成分

  • プラセンタ
  • ビタミン類

プラセンタ

美容成分としても有名ですが、女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

ビタミン類

女性ホルモンの代謝を高める効果があります。

では次に男性ホルモン抑制成分を紹介しましょう。

男性ホルモン抑制成分とは?

分け目の薄毛は産後や更年期、ストレス過多などによって男性ホルモンの働きが活発になると広がっていきます。

ですから、男性ホルモンの働きを抑える成分配合の育毛剤が効果的です。

男性ホルモンは男性らしさを強調するホルモン。女性にはあまり関係ないと思われていましたが、最近は女性の男性化(オス化)も問題になっていますよね。

育毛剤に配合されている男性ホルモン抑制成分

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • ジオウエキス
  • チャエキス
  • ヒキオコシエキス

女性用育毛剤に配合されている男性ホルモン抑制成分は、男性ホルモンの分泌量を減らす効果はありません。

男性ホルモンは骨や筋肉を作るときに欠かせないので、分泌量を減らすことは危険です。

そのため女性用育毛剤の男性ホルモン抑制成分は、男性ホルモンの働きを活発にする酵素に働きかけて男性ホルモンを抑えます。

しかも、ほとんどが天然植物成分なので副作用の心配がありません。

細胞活性化成分とは?

分け目薄毛の改善に欠かせない3つ目の成分は、細胞を活性化する成分です。

分け目は他の部位よりも紫外線を浴びやすく、髪の毛の重さや重力によって負担が掛かっています。

そのため分け目の毛根は弱り、内部の細胞の機能が低下して、髪の毛の成長スピードが遅くなっています。

ですから、弱った毛根内の細胞を活性化する成分配合の育毛剤がおすすめです。

育毛剤に配合されている細胞活性化成分

  • センブリエキス
  • ニコチン酸アミド
  • パントテニルエチルエーテル
  • オクタペプチド
  • ビワ葉エキス

センブリエキス

発毛や脱毛などをコントロールする毛乳頭細胞に直接働き掛ける成分が含まれています。

ニコチン酸アミド・パントテニルエチルエーテル

髪の毛を作る毛母細胞の分裂を活発にする作用があります。

オクタペプチド

髪の毛の種となる毛包幹細胞を作るバルジ領域を活性化する成分です。

ビワ葉エキス

毛母細胞を弱める遺伝子を抑制する効果と、毛乳頭細胞を増やす作用があります。

このように分け目薄毛の改善に効果的な成分は『女性ホルモン様成分』『男性ホルモン抑制成分』『細胞活性化成分』です。

これら3つの成分が配合されている女性用育毛剤を選べば、分け目の薄毛が徐々に気にならなくなります。

また、次に紹介する選ぶ時の注意点も参考にしてください。

選ぶ時の注意点

この章では、分け目薄毛に有効な育毛剤を選ぶ時に『気をつける3つのこと』をお話します。

  • 女性ホルモン合成成分配合育毛剤は危険
  • 無添加育毛剤で頭皮の負担を最小限に
  • ノズルタイプの育毛剤がベスト

女性ホルモン合成成分配合育毛剤は危険

1つ目は、女性ホルモン合成成分配合育毛剤を選ばないようにすることです。

分け目の薄毛は女性ホルモンの働きが低下することで起こるので、女性ホルモンが配合されている育毛剤が一番効果的です。

しかし、女性ホルモンそのものを使った育毛剤は危険性が高いので、おすすめしません。とくに妊娠中や産後の抜け毛、10代や20代の女性の薄毛には不向きです。

女性ホルモン配合育毛剤には、女性ホルモン(エストロゲン)の主要成分であるエストラジオールを合成して作られた『エチニルエストラジオール』が配合されています。

エチニルエストラジオールは癌治療や更年期治療にも使われるホルモン剤成分。女性ホルモンの働きを高める効果が高い分、それによって起こる副作用の心配があります。

無添加育毛剤で頭皮の負担を最小限に

2つ目は無添加育毛剤を選ぶようにすることです。

育毛剤は毎日頭皮につけなければ効果が出ないので、少しでも頭皮や毛穴、髪の毛に負担が掛からない商品を選ぶことが大切です。

とくに肌の弱い方は、アレルギー物質になりやすい香料や着色料、頭皮トラブルの原因となるパラベンやシリコンなどの添加物が配合されていない育毛剤を選んでください。

分け目は、もともと地肌が見えている状態なので、紫外線などの外的刺激を受けやすい部位。とても敏感になっているので添加物成分はできるだけ避けるようにしましょう。

ノズルタイプの育毛剤がベスト

3つ目はノズルタイプの育毛剤を選ぶことです。

女性用育毛剤には、ノズルタイプとスプレータイプがあり、分け目薄毛には地肌に直接つけるノズルタイプがおすすめ。

ピンポイントに育毛剤をつけることができて、量の調整もしやすいので分け目の薄毛にとても向いています。

分け目に沿って容器をントンしながらゆっくりつけていくと液だれもしません。

このように3つのことに注意して女性用育毛剤を選んでくださいね。

まとめ

分け目の薄毛はとても目立って厄介ですが、きちんとケアをすれば治ります。

ホルモンバランスや生活習慣を整え、育毛剤の助けを借りることで分け目の薄毛が気にならなくなって、鏡を見るのも楽しくなりますよ。

ただし、すぐには結果が出ないので諦めないことが大切です。