運動不足が原因で薄毛になる?女性の抜け毛を改善する運動や育毛剤を解説!

運動不足が原因で薄毛になる?女性の抜け毛を改善する運動や育毛剤を解説!

大人になるとスポーツや体を動かすことをしなくなって『運動不足だな』と感じますよね。

健康のことを考えると『適度な運動』は必須。でも、髪の毛にとってはどうなんでしょうか?

じつは運動不足が直接的な原因となって薄毛を引き起こすことはありません。

ただ、運動不足による体の変化が抜け毛の要因になることはあります。

ですから、適度な運動は髪の毛にも大切なんですね。

そこで、今回は運動不足で抜け毛が増える理由や、薄毛の改善に効果的な運動について解説します。

また、運動不足による薄毛におすすめの女性用育毛剤も紹介するので参考にしてください。

運動不足で抜け毛が増える理由

女性は仕事や家事、育児などで忙しくて、運動する時間(自分に掛ける時間)なんて、なかなか作れませんよね。

実際、文部科学省が行った世論調査では、80%近くの女性が『運動不足』を感じています。

実際、文部科学省が行った世論調査では、80%近くの女性が『運動不足』を感じています。

参考:文部科学省「体力・スポーツに関する世論調査」

運動不足は、女性の薄毛原因のひとつ。

でも運動しないからと、すぐに抜け毛が増えるわけではありません。次の3つのことが起こることで薄毛になります。

  • 血行不良
  • 代謝機能低下
  • ホルモンバランスの乱れ

では、それぞれを詳しく説明しますね。

血行不良

まず1つ目は、運動不足による血行不良です。

髪の毛は、血管によって運ばれてくる血液中の酸素や栄養を材料に成長します。そのため太く丈夫な毛髪になるには、たくさんの血液が必要です。

しかし長い間運動をしないと、血液を体の隅々まで循環させる筋肉の量が減って、血流が悪くなります。

そのため、栄養が足らない髪の毛は太くなれずに細いまま伸びるので、抜けやすい状態です。

代謝機能低下

2つ目は、運動不足による代謝機能の低下です。

体の代謝機能が弱まると血液中にコレステロールや脂肪が蓄積して粘度が高まり、ドロドロ血になったり、老廃物がうまく排出されなくなったりします。

そのため、頭皮の毛細血管の血流が悪化して、血行不良になります。

また、毛根内の毛乳頭細胞や毛母細胞の生まれ変わり機能(新陳代謝)が弱まるため、新しい毛がなかなか生えてきません。

すると抜ける毛が多くなり、地肌のスカスカが気になります。

ホルモンバランスの乱れ

3つ目は、ホルモンバランスの乱れです。

普段、女性の体は女性ホルモンが活発に働き、男性ホルモンが穏やかに作用することでバランスを保っています。

しかし、運動不足になると女性ホルモンの生成をコントロールしている脳の視床下部の働きが低下。髪の毛を太くしたり、寿命を延ばしたりする女性ホルモンの分泌量が減ります。

すると、今まで静かにしていた抜け毛を増やす男性ホルモンが活発化するため、薄毛へと進んでいきます。

このように運動不足で起こる体の変化が引き金となって、女性の薄毛が発症することもあるので、気をつけないといけません。

そこで次の章では、抜け毛や薄毛に効果的な運動についてお話します。

抜け毛や薄毛に効果的な運動

運動不足による抜け毛を改善するには、生活の中にちょっとした運動を取り入れること!少し体を動かすことで抜け毛や薄毛を防ぐことができるんですよ。

では、どんな運動をすると髪の毛にいいんでしょうか?

運動には脂肪を燃やすことをメインとした有酸素運動と、筋肉量を増やすために行う無酸素運動があります。

両方とも抜け毛や薄毛の改善に必要な運動です。

そこで、それぞれについて詳しくお話します。

有酸素運動

まずは有酸素運動について。

有酸素運動とは、酸素を取り込みながら時間をかけて行う負荷の軽い運動のことで、ウォーキングや水泳、エアロビなどが有名です。

よく『有酸素運動は20分以上継続しないと効果がない!』と聞きますが、これって間違いって知っていましたか?

じつは細切れの有酸素運動でも、効果があるんです。

ですから、30分間継続して行う有酸素運動と10分間の有酸素運動を3回行うことは同じ。ちょっとした時間があればできますね。

有酸素運動をすることで次のような効果が期待できます。

有酸素運動の効果

  • 心肺機能の向上
  • 自律神経の調整
  • 毛細血管の増加

心肺機能の向上

有酸素運動には血液を体の隅々に循環させる心臓と、空気中の酸素を取り込み、いらなくなった二酸化炭素を外に出す肺の機能を高める効果があります。

心肺機能を高めることで、酸素をたくさん含んだ血液がしっかりと髪の毛に届くので、抜けにくい太い毛が生えてきます。

自律神経の調整

次に有酸素運動には、血液の循環や呼吸などの機能を維持する自律神経の調整作用があります。

自律神経は、体や心を行動モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経から成り立ち、バランスを保っています。

自律神経は、体や心を行動モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経から成り立ち、バランスを保っています。

でも自律神経のバランスは、ストレスや寝不足などちょっとしたことで、乱れてしまうんです。

すると、毛細血管収縮作用のある交感神経ばかりが優位に働き、血流が悪くなり抜け毛が増えます。

しかし、有酸素運動を行うことで、緊張を和らげる副交感神経が刺激されて、それまで活発だった交感神経の働きが抑えられ、バランスが整います。

毛細血管の増加

また、有酸素運動には頭皮の毛細血管を増やす作用もあるんですよ。

有酸素運動を行うことで、新しい毛細血管を作る『血管内皮細胞由来増殖因子(VEGF)』が増えます。

参考:立命館大学 スポーツ健康科学部

血管内皮細胞由来増殖因子は、薄毛の最先端治療にも使われる成長因子(グロスファクター)のひとつ。その効果に注目が集まっているんですよ。

また有酸素運動で血行が良くなると、今まで使われていなかった毛細血管にも血液が行き届きます。

すると今まで眠っていた毛細血管が復活!さらに血行促進効果が上がります。

このように有酸素運動の血行を改善する力はとても優れているので、抜け毛が気になる女性は日常的に取り入れてみてください。

そこで、女性におすすめの有酸素運動を3つ紹介します。

おすすめの有酸素運動

  • ウォーキング
  • 踏み台昇降運動
  • ヨガ

ウォーキング

運動をあまりしない女性でも、ウォーキングなら可能ですよね。

でも、ただ歩くだけでは効果が半減。いつもより少し早く、大股で歩くことを心がけてください。

また、水分補給は小まめにしましょう。効果的な水分の摂り方は『喉が渇く前に摂ること』です。

まずは10分間のウォーキングを1日3回行うことから始めましょう。その後、徐々に歩く時間や回数を増やすほうが続けやすいです。

踏み台昇降運動

家でできる有酸素運動なら『踏み台昇降運動』がおすすめ。名前の通り、踏み台を昇ったり降りたりするだけの簡単運動になります。

踏み台の高さは15㎝ぐらいから始めて、少しずつ上げていくのがコツです。ウォーキングと同じように10分間×3回から始めるといいと思います。

ちなみに私はテレビを観ながら『次のCMまで続けるぞ!』とやっていました。

また、踏み台の高さも体調のいい時は高く、さぼりたくなったら低くしていたので、継続できたんだと思います。

ヨガ

女性に人気のヨガも有酸素運動のひとつです。

初心者でもできる簡単なポーズがたくさんあるので、気に入ったものを選んで始めてみましょう。

ヨガの呼吸法は腹式呼吸です。しっかりとマスターすることで有酸素運動効果が高まります。

参考動画:YOGAの基本

無酸素運動

次に無酸素運動についてです。

無酸素運動とは、酸素をほとんど使わない短時間で行う負荷の高い運動のことで、短距離走や重量挙げ、ボルダリングなどありますが一番簡単にできるのは筋トレ。

最近は女性でもスクワットや腕立て伏せ、腹筋などの筋トレをしている方が多いですよね。

無酸素運動には筋肉を付けて筋力を向上させる効果があり、それによって血行や代謝が良くなります。

無酸素運動の効果

  • 血行促進
  • 成長ホルモンの分泌量増加
  • 代謝機能改善

血行促進

無酸素運動で筋肉をつけると、血液を全身に循環させる力が上がります。

血液を全身に循環させるのは心臓だけではありません。じつは筋肉にも同じような作用があるんです。

とくにふくらはぎは『第二の心臓』と言われるほど血液循環ポンプの力が強く、筋トレなどで筋力をアップすると血行不良が改善されます。

成長ホルモンの分泌量増加

次に無酸素運動を行うと成長ホルモンの分泌が活発になります。

成長ホルモンには骨や筋肉を強化したり、傷ついた細胞を修復したり、合成や代謝を促したりする効果があります。

体にとって重要な成長ホルモンは、睡眠中に分泌量が増えるのですが、無酸素運動で筋肉が疲労した時にも活性化して増加するんです。

成長ホルモンの分泌量が増えると、毛根内の細胞が活発に分裂をくり返すので、太い毛が生えてきます。

代謝機能改善

また、無酸素運動によって血行が良くなったり、成長ホルモンが増えたりすると代謝機能が改善されます。

代謝機能が高まると血液中の脂肪やコレストロールが排出されてサラサラ血になったり、細胞が活性化されて発毛スピードが上がったりします。

そのため、毛穴から生えてくる毛の数が増加。徐々に抜け毛が少なくなり、薄毛が改善されるんです。

このように無酸素運動も、女性の抜け毛を減らす効果があるので、簡単にできる筋トレを行うことをおすすめします。

ただし、無酸素運動を毎日すると脱毛ホルモンを刺激するので、週2回~3回にしましょう。

女性に向いている無酸素運動は簡単にできる筋トレ。3つ紹介するので参考にしてください。

  • 腹筋
  • 腕立て
  • スクワット

腹筋

最近はインスタなどで『腹筋女子』が流行っていますが、初めからキツイ腹筋をすると続きません。

まずは腹筋の基礎であるクランチから始めることをおすすめします。

足を上げて行うクランチが有名ですが、あれって結構キツイ!ここでは足を床につけたバージョンを紹介します。

クランチのやり方

  1. 仰向けになって、腕を胸の前でクロスする
  2. 息を吐きながら、お腹を縮める感じでゆっくり上体を起こします。そのまま少しキープ。おへそを覗くことを意識しましょう
  3. 息を吸いながら、頭をゆっくり下ろしますが、床につけないようにします
  4. その状態から2と3をくり返します

ポイントは上体を起こし過ぎないこと。また、ゆっくり行うことで腹筋効果がアップします。

参考動画:女性にもできる簡単運動 -腹筋-

腕立て伏せ

腕立て伏せができない女性も多いと思うので、簡単にできる『膝つき腕立て伏せ』を紹介します。

膝つき腕立て伏せやり方

  1. 床に膝と手をつける。両手は肩幅よりも広めで水平になるように
  2. 息を吐きながら、ゆっくり肘を曲げて体を深く下ろしたら、そのまま少しキープ
  3. 息を吸いながら、ゆっくり肘を伸ばし体を持ち上げる
  4. 2と3をくり返す

ポイントは息を止めないこと。力が入ると無意識に息を止めてしまうので、呼吸に気をつけながら行ってください。

最初は10回を1セットにして、3セットを目標にしましょう。

参考動画:ヒザつき腕立て

スクワット

下半身の強化に適しているスクワット。初心者さんは壁を使った簡単スクワットから始めましょう。

壁を背もたれにして行うので安定したスクワットができます。

壁を使ったスクワットのやり方

  1. 壁に背中をつけてください。足は肩幅くらいに広げましょう
  2. そのまま、ゆっくりとひざを曲げて腰を下ろします。
  3. ゆっくりとひざを伸ばして元の状態に戻ります
  4. 2と3をくり返し行いましょう

ひざを曲げる時は、角度を気にしないで無理をしないように。できる範囲の角度から始めて下さい。

参考動画:壁スクワット

おすすめの育毛剤とは?

運動不足がきっかけとなって起こる薄毛は、適度な運動をすることで防げますが、育毛剤を同時に使うと、さらに改善効果が高まります。

そこで、運動不足による薄毛に効果的な育毛剤の選び方を解説します。

また、私が実際に使って『運動不足が原因の薄毛に最適!』と感じた女性用育毛剤も紹介するので参考にしてください。

選び方のポイント

  • 配合成分
  • 無香料

それでは詳しく解説します。

配合成分

まず、運動不足で起こる薄毛は血行不良やホルモンバランスの乱れ、細胞の生まれ変わり(新陳代謝)がうまくいかないことが主な原因です。

ですから、血行をよくする成分や、女性ホルモンの代わりとなる成分、細胞を活発にする成分が配合されているか、確かめることが大切です。

女性用育毛剤に配合されている血行促進成分と女性ホルモン様成分、細胞活性化成分を説明しますね。

血行促進成分

  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • 酢酸トコフェロール
  • ニコチン酸アミド
  • セファランチン

センブリエキス

植物から抽出されたエキスで、血行促進作用のある苦味成分スウェルチアマリンが含まれています。

昔から民間療法で使われてきた生薬です。

ニンジンエキス

高麗人参やオタネニンジンとも呼ばれる植物の根っこから抽出されたエキスです。

造血作用や血液をサラサラにする効果があります。

酢酸トコフェロール

ビタミンEの性質を持った成分で、毛細血管を広げる働きで血行を改善します。

安全性の高い成分でベビーケア製品にも使われている成分です。

ニコチン酸アミド

ビタミンB3(ナイアシン)の性質を持った毛細血管拡張作用のある成分。

血中の悪玉コレステロールや脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きで血液の粘度を下げます。

セファランチン

円形脱毛症の治療にも使われる成分です。

血液を増やす作用や毛細血管を広げる働きがあります。

女性ホルモン様成分

  • 大豆エキス
  • ヒオウギエキス
  • オリスエキス
  • ヨモギエキス
  • ポップエキス

大豆エキス

女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンが含まれている成分です。

女性ホルモンの分泌量減少をサポートします。

ヒオウギエキス

エストロゲン様作用のあるイソフラボンが含まれています。

同時に男性ホルモンを抑制する効果もあり、ホルモンバランスの調整に適したエキスです。

オリスエキス

イソフラボンが含まれている植物成分。化粧品やアロマオイルなどにも使われています。

ヨモギエキス

女性ホルモンのバランスを調整する香り成分βカリオフィレンが含まれています。

ポップエキス

女性ホルモンのエストロゲンの主成分エストラジオールに似た働きをするエキスです。

細胞活性化成分

  • ビワ葉エキス
  • オトギリソウエキス
  • ヒノキチオール
  • パントテニルエチルエーテル
  • クララエキス

ビワ葉エキス

毛根内にある毛乳頭細胞や毛母細胞の増殖を助ける作用があります。

参考:アンファー

オトギリソウエキス

毛母細胞増殖促進作用のあるアスチルビンが含まれています

参考:花王

ヒノキチオール

毛母細胞活性化作用がある発毛有効成分です。

パントテニルエチルエーテル

ビタミンB5の性質を持った成分。

髪の毛の元となる細胞(毛包幹細胞)を作る『バルジ領域』に直接働きかけます。

髪の毛の元となる細胞(毛包幹細胞)を作る『バルジ領域』に直接働きかけます。

クララエキス

毛母細胞活性化作用のある成分です。

無香料

2つ目のポイントは無香料の育毛剤を選ぶことです。

最近は匂いや香りがブームになっていますが、適度な運動と共に育毛剤を使うのなら無臭がおすすめ。

軽い運動でも頭皮には汗や皮脂が発生します。

汗や皮脂が匂い付きの育毛剤と混じると、いい香りも台無しになり、嫌な臭いに変化する恐れがあります。

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

最後に私がおすすめする女性用育毛剤は、育毛サロン・バイオテックが開発した『長春毛精(ちょうしゅんもうせい)』です。

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

長春毛精には、血行促進成分のニンジンエキスや女性ホルモン様成分のヨモギエキス、細胞活性化成分のヒノキチオールが配合されています。

どれも生薬として使われてきた和漢植物なので安心です。

しかも、成分がナノエマルジョン化されているので毛穴の奥まで、しっかりと浸透。血流の改善や毛根内の細胞活性化が素早く行われます。

また、定期コースを申し込むと年に2回の『専門サロンサポート』が無料で受けられます。

ですから、バイオテックの技術を体験したい方や発毛サロンを実感したい方は、長春毛精でのケアをおすすめします。

公式サイトはこちら♪

まとめ

女性の薄毛は色々な原因が重なり合って起こります。運動不足も、その一つです。

ですから、抜け毛が気になるときは、ちょっとした運動をしてみてください。それだけで薄毛対策になりますよ。

また、同時に育毛剤を使うことで薄毛改善期間が短くなるので、ぜひ自分に合った商品を見つけてくださいね。