女性のつむじ(頭頂部)ハゲは脱毛症?原因と薄毛改善に有効な育毛剤を解説

女性のつむじ(頭頂部)ハゲは脱毛症?原因と薄毛改善に有効な育毛剤を解説

最近、抜け毛の量が増えたな…と感じている女性の中には

  • つむじがハゲた
  • 頭頂部の地肌が目立つ
  • トップにボリュームがなくなった

と、頭のてっぺん付近の薄毛に悩んでいる方もいますよね。

つむじや頭頂部の薄毛は、自分以外の人が気づきやすい部分です。そのため、家族や友達に『つむじが薄いよ』と言われてハッとなることも…。

また自分では薄毛の状況がわかりにくい部分ですから、『このまま抜け毛がどんどん増えて、頭が薄くなったらどうしよう…』と考えると夜も眠れないくらい怖いですよね。

そこで今回は、つむじや頭頂部が薄くなる原因と対策方法を解説します。また、つむじはげにオススメの育毛剤も紹介するので参考にしてください。

つむじ(頭頂部)ハゲは脱毛症の初期症状

つむじや頭頂部の薄毛は、女性に多い脱毛症の始まりです。徐々に症状が進行して、最終的には頭全体の地肌が透けて見えるようになります。

ですから、つむじや頭頂部の薄毛に気がついたら早めの抜け毛対策が大切。素早く対処することで脱毛症の改善に掛かる時間が短縮できます。

この章では、つむじや頭頂部から始まる女性の薄毛についてお話します。

  • つむじ(頭頂部)だけの薄毛は少ない
  • びまん性脱毛症の始まり
  • びまん性脱毛症は改善可能

つむじ(頭頂部)だけの薄毛は少ない

まず、女性の薄毛は頭全体が薄くなる『びまん性脱毛症』が多く、男性のように『特定の部分がツルツルに禿げる』ことはほとんどありません。

びまん性とは?

病気の症状などが、特定の1ヵ所だけでなく広範囲に広がっており患部を限定できないさま。拡散性、広汎性とも言う。

参考:実用日本語表現辞典

このように男性と女性で薄毛の発症部位が違うのは、髪の毛が抜ける原因やメカニズムが異なるためです。

男性の薄毛は男性ホルモンが原因。

男性ホルモンが酵素によって脱毛ホルモンに変わり、頭頂部や前頭部に存在する脱毛ホルモンをキャッチする受容体と結びつくことで髪の毛が抜けます。

男性ホルモンが酵素によって脱毛ホルモンに変わり、頭頂部や前頭部に存在する脱毛ホルモンをキャッチする受容体と結びつくことで髪の毛が抜けます。

そのため、多くの男性がソリコミを入れたようなM字ハゲや、頭のてっぺんの髪の毛がなくなるO字ハゲに悩みます。

このように脱毛ホルモンに変化する男性ホルモンは、女性の体にも存在しますが微量なため影響を受けることがほとんどなく、そのため部分的な薄毛が起こりません。

しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れなどで血行が悪くなったり、ホルモンバランスが崩れたりすると細毛が増え、毛穴から生える本数が少なくなり薄毛が進行します。

びまん性脱毛症の始まり

次につむじや頭頂部の薄毛は、びまん性脱毛症の始まりです。

びまん性脱毛症の始まりは大きく分けると2パターン。『頭頂部(つむじ)』からと『前頭部から頭頂部にかけて(分け目)』からです。

びまん性脱毛症の始まり

参考:つむじ-日本医学育毛協会-
参考:分け目-銀座よしえクリニック-

見た目は異なる薄毛のようですが、両方ともびまん性の脱毛症です。このままにしていると頭皮全体の地肌が透けて見えるようになります。

ですから、つむじや頭頂部の薄毛に気がついたらすぐに対処することが大切です。

びまん性脱毛症は改善可能

最後につむじや頭頂部の薄毛は、びまん性脱毛症なので改善が可能です。

びまん性脱毛症の原因は1つではなく、個人によっても違うため複雑ですが、男性の薄毛よりも治りやすいと言われています。

なぜなら、びまん性脱毛症は男性の薄毛のようにツルツルに禿げるのではなく、細毛や軟毛が増え、毛穴から生える本数が減るからです。

ですから、びまん性脱毛症の改善は『ないところに髪の毛を生やす』発毛よりも、髪の毛を育てる育毛がメイン。男性の薄毛よりも治しやすい、治りやすい特長があります。

また、びまん性脱毛症の原因は取り除きやすいので、しっかりと特定できれば改善確率がグンっと上がります。

そこで、つむじや頭頂部が薄くなる原因をいくつか解説します。

つむじや頭頂部が薄くなる原因

  • ストレス
  • ダイエット
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 肩こり
  • タバコ
  • 日焼け
  • 髪型
  • 産後
  • 更年期

ストレス

ストレスを感じると生命を維持する自律神経が乱れ、血管が収縮されるため血行が悪くなります。血液は髪の毛の材料となるので血行不良は薄毛の大きな原因です。

とくにつむじのある頭頂部付近は重力の関係で血液の流れが悪くなりがちで、ストレスを感じるとさらに血行が悪化します。

家事や仕事、子育てに忙しい現代女性。ストレス過多になりがちですから、つむじハゲにならないようにリフレッシュを心がけましょう。

ダイエット

『ダイエット中だから…』ときちんと食事を摂らないと体は栄養失調状態になります。

すると人間は生命を維持させようと、脳や内臓、筋肉などの生きる上で重要な部分にまずエネルギーを送ります。

そして生命維持に関係のない髪の毛や頭皮は後回しにされ、必要な分のエネルギーが回ってきません。

そのためダイエット中の髪の毛は細く抜けやすくなり、元々地肌が見えているつむじ周辺は、さらに薄くなります。

でも…女性はいくつになっても痩せたいですよね。

だから、ダイエットするなら髪の毛のことも考えて極端な食事制限は止めて、運動を取り入れた健康的な減量を目指しましょう。

睡眠不足

髪の毛は寝ている間に成長します。ですから寝不足は発毛や育毛の大敵!しっかりと眠るだけで抜け毛予防になります。

私たちの体は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって新しい細胞が作られ、傷ついた細胞が修復されます。

ですから成長ホルモンの効果をたくさん感じられる睡眠が理想です。

とくに大切なのが、成長ホルモンの分泌が最も盛んになる睡眠開始からの3時間。この時、しっかりと寝ていないと成長ホルモンの分泌量が減ります。

また『眠れない』ことがストレスとなって、頭皮の血行が悪化し抜け毛が増えるので、少しでも眠れる環境を作ることも大事ですね。

運動不足

運動不足になると血液中のコレステロールや中性脂肪などが増え、血管が詰まったり、血液成分の粘着性が高まります。

そのため、髪の毛を作る毛母細胞に十分な栄養(血液)を送ることができません。

また血液を循環させる筋肉が落ちるため、血流速度が遅くなって毛根への栄養補給がスムーズに行われなくなります。

ですから『エレベーターやエスカレーターに乗らず階段を使う』『会社の行き帰りに1つ手前の駅で降りる』『散歩を日課に取り入れる』など、簡単な運動を日常的に取り入れるといいですね。

肩こり

スマホやパソコンを見ていると、あっという間に時間が過ぎ、肩がバキバキになって首が痛いことってありませんか?

肩や首回りのコリは血行不良が原因。頭のすぐ下にある肩や首の血行が悪くなると、心臓から送られる血液がつむじや頭頂部に十分に届きません。

ですから『肩がこったな』と思ったら、軽くストレッチするだけでも血行不良防止になります。

タバコ

最近は紙巻タバコよりも健康にいいのでは?と加熱式タバコがブームですが、火をつけないタバコにもニコチンや有害物質は含まれています。

ニコチンは血管を収縮させて血行不良を招く物質です。また体をサビさせる活性酸素を発生させ、髪の毛の成長に欠かせないビタミン類を大量に消費します。

しかも、髪の毛を太くする女性ホルモンの働きを弱めたり、脱毛ホルモンに変化する男性ホルモンの分泌を活発にします。

ですから、これを機会に禁煙を考えてみるのはどうでしょう。タバコは『百害あって一利なし』ですからね。

日焼け

つむじは髪の毛に隠れていないため地肌がむき出しの状態で、紫外線をたくさん浴びる部位です。

紫外線は毛根内の細胞を攻撃して働きを弱めるので、頭皮の紫外線対策も大切な薄毛予防のひとつになります。

髪型

女性は髪の毛が長いと、どうしても結んでしまうことが多いですよね。

髪の毛を下に引っ張るように結ぶと頭頂部付近の毛根に負担が掛かります。そのため、つむじ周りの毛根は弱っている状態です。

毛根が弱ると、髪の毛を作る細胞の働きが弱るため細毛や抜け毛が増えます。

産後

出産後に起こる薄毛は『分娩後脱毛症』と言って、びまん性に薄くなります。

産後1か月~3か月くらいに始まり、だいたい半年くらい、遅くても1年ほどで自然に治るのが特徴です。

産後は女性ホルモンのバランスが崩れたり、3時間ごとの授乳で寝不足になったり、慣れない育児でストレスが溜まったりと薄毛になる原因がてんこ盛り!

赤ちゃんを産んだママの半数以上が産後薄毛の経験者と言われていますが、自然に治るので考え過ぎは禁物です。

更年期

40代や50代に多い更年期の薄毛は、加齢によって女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に男性ホルモンの働きが優位になることで起こる『女性男性型脱毛症(FAGA)』です。

男性の薄毛と同じように男性ホルモンが関係する薄毛ですが、M字に禿げることはなく、頭頂部付近が徐々にびまん性に薄くなります。

進行性の薄毛なので、早めに対処することが大切です。

このようにつむじや頭頂部の薄毛から始まるびまん性脱毛症には色々な原因があります。

しかし、ひとつずつ原因を取り除くことで薄毛が改善されるので、諦めずに対策することが肝心です。

この章ではびまん性脱毛症の特徴と原因について話しましたが、次の章ではつむじが薄くなりやすい根本的な理由を解説します。

つむじや頭頂部が薄くなりやすい根本的な理由

つむじや頭頂部が薄くなるには理由があります。

他の部位にはない、つむじや頭頂部だからこその薄毛理由を3つ解説します。

  • 元々髪が薄い
  • 毛細血管が細く少ない
  • 重力による血液供給量不足

それでは一緒に見てみましょう。

元々髪が薄い

つむじや頭頂部が薄くなる1つ目の理由は、元々の髪の薄さです。

つむじは髪の毛の分岐点。放射線状に毛が生えていて地肌が見えている状態です。

そのため『ただのつむじ』なのか『つむじハゲ』なのか、見分けるのが難しいですよね。

また、生まれつきつむじが小さい人もいれば、大きい人もいるので『直径何センチ以上がつむじハゲ!』とは断言できません。

しかも、つむじが気になり出すと『ただのつむじ』でも、『つむじハゲ』だと思い込み悩んでしまう女性もいます。

つむじは始めから地肌が見える部位なので、少し抜け毛が増えただけでも『ハゲた…』と感じてしまいます。

毛細血管が細く少ない

2つ目の理由は、毛細血管の太さや量です。

頭にはたくさんの血管が通っていて、側頭部や後頭部付近には太い血管、つむじや頭頂部付近には細い毛細血管があります。

そのため、髪の毛を作るのに欠かせない血液がたくさん流れる側頭部や後頭部は薄毛になりにくく、血液量が少ないつむじや頭頂部は、血行が悪くなると抜け毛が増えます。

また、つむじや頭頂部付近に多くある毛細血管は、血行不良や加齢などで減ってしまうため、他の部位よりも薄毛になりやすい状態です。

重力による血液供給量不足

3つ目の理由は重力です。

つむじや頭頂部は頭の一番上に位置するため、重力に逆らった形で心臓から血液が送られてきます。

そのため、血行不良になりやすく血液中の栄養や酸素が十分に届きません。髪の毛の素となる血液の量が少なければ細い毛や抜けやすい毛が多くなります。

このようにつむじや頭頂部が薄くなりやすいのは、元々の髪の薄さと血流の悪さが理由です。

そして2つの理由と、上の章で紹介した様々な原因がミックスされることで、つむじハゲが進行します。

つむじ(頭頂部)ハゲにおすすめの育毛剤

つむじ(頭頂部)ハゲにおすすめの育毛剤

自分では気づきにくい、つむじや頭頂部の薄毛。そのままにしていると、頭全体に広がるびまん性脱毛症に進行してしまいます。

育毛剤は、血行不良や髪の毛の栄養不足などを解消することができるアイテムです。

ここでは、つむじ薄毛のケアに最適な育毛剤を紹介します。

  • 血行を良くする育毛剤
  • 有効成分が多く配合されている育毛剤

それでは、どんな育毛剤がいいのか一緒に見てみましょう。

血行を良くする育毛剤

まず1つ目は『血行促進作用のある育毛剤』です。

つむじや頭頂部は、他の部位よりも髪の毛の成長に欠かせない血液が届きにくいので、血行を良くする育毛剤を使うと抜け毛が防げます。

女性用育毛剤には、血流をスムーズにする成分が色々と配合されているので紹介します。

おもな血行促進成分

  • 危険な血行促進成分
    • ミノキシジル
  • おすすめの血行促進成分
    • センブリエキス
    • 酢酸dl-α-トコフェロール
    • ニンジンエキス

危険な血行促進成分ミノキシジル

ミノキシジルは、日本皮膚科学会のガイドラインでも認められている医薬品の発毛成分です。

参考:日本皮膚科学会

女性男性型脱毛症(FAGA)の治療にも使われる成分で、薄毛を改善する効果に優れています。

しかし副作用が強く、かゆみ・赤み・痛み・頭皮の荒れなどのトラブルが発生しやすい特徴があります。

とくに頭皮が敏感な女性は、副作用の症状がひどくなりやすいため危険です。抜け毛が増えて薄毛が悪化します。

また使用を中止すると髪の毛の状態が元に戻るので、使い続けなければいけません。

おすすめの血行促進成分①センブリエキス

センブリエキスは、昔から漢方薬の原料として使われている天然植物成分です。

血行を良くするだけではなく、発毛や育毛をコントロールする細胞を活発にする作用もあるので、多くの女性用育毛剤に配合されています。

おすすめの血行促進成分②酢酸dl-α-トコフェロール

酢酸dl-α-トコフェロールは、ビタミンEの誘導体です。

毛細血管を広げる効果があり、血液の流れを良くします。

また、髪の毛を作り出す細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用もあるので、頭皮の紫外線対策ができていない女性におすすめの成分です。

おすすめの血行促進成分③ニンジンエキス

ニンジンエキスは、滋養強壮で有名な高麗人参から抽出された成分です。血液を作る細胞を活性化したり、血液の流れを整えたりする効果があります。

漢方の王様と呼ばれるくらい優れた効果があり、副作用の心配がないので、色々な女性用育毛剤に使われています。

有効成分が多く配合されている育毛剤

有効成分が多く配合されている育毛剤

2つ目は『有効成分がたくさん配合されている育毛剤』です。

女性用育毛剤は医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類され、薬局やネットで購入できる商品の大部分が医薬部外品です。

医薬部外品の育毛剤には『有効成分』と『その他の成分』が配合されていています。

そのうち、脱毛の予防や育毛を促す効果があるのは有効成分。多く配合されていると色々なタイプの薄毛に対応できます。

つむじや頭頂部は元々血行が悪く、毛量の少ない部分で、紫外線の影響を受けやすい薄毛になりやすい部位です。

ですから、有効成分が色々と配合されている育毛剤を使うほうが、薄毛改善効果をより強く実感することができます。

育毛剤以外の対策方法

最後に育毛剤と同時に行うと薄毛改善効果が高まる方法を3つ紹介します。

  • 体の外から血行を改善する⇒ツボ押し
  • 体の中から血流を良くする⇒食べ物
  • 毛細血管を増やす⇒運動と呼吸法

簡単ツボ押しで血行改善

まず1つ目は血行を良くするツボ押しです。ツボを刺激することで血行が促進されます。

ツボ押しはいつでもどこでもできますが、入浴中にすると効果倍増です。とくに冷え性の女性は、体が温まった状態でツボを押すと末端まで血液が流れるようになります。

血行を促進する3つのツボ

  • 百会(ひゃくえ)
  • 肩井(けんせい)
  • 合谷(ごうこく)

百会(ひゃくえ)

百会(ひゃくえ)

頭のてっぺんにある百会(ひゃくえ)。眉間の中心を通る線と、両耳を結んだ線が交差した部分にあります。

人差し指と中指で『気持ちがいい』くらいの強さで、ゆっくり10回~15回押します。

百会は万能のツボで血行促進の他に片頭痛を和らげたり、自律神経を整えたり、痔を治す効果もあるそうです。

肩井(けんせい)

肩井(けんせい)

肩コリに効果的なツボ。首の付け根と肩の先端の中間くらいにあるツボです。腕を首の前で交差させて、中指が当たるところにあります。

人差し指と中指を使って手前に引くように押します。グリグリしたくなりますが我慢して、20回くらい押してください。

合谷(ごうこく)

合谷(ごうこく)

手の甲のツボで、人差し指と親指の骨が交差するちょっと上にあります。

親指で『痛気持ちいい』くらいの少し強めの力で、3~5秒間押します。手にあるツボなので、通勤中や信号待ち、トイレに行った時などに押すこともできますね。

百会と同じように万能のツボで、歯の痛みを和らげたり、視力の低下を防いだり、風邪のひきはじめにも効果があるそうです。

血液の流れを良くする食べ物

2つ目は、体の中から血流改善をする方法です。

ここでは毛細血管を強くするシナモンと血液を増やす鶏肉、血液をサラサラにするタマネギを紹介します。

毛細血管を強くするシナモン

シナモンはお菓子やパンなどに使われるスパイスですが、血管を広げる作用や血糖値を整える効果がある植物です。

また最近は毛細血管を強くしたり、修復したり、増やしたりする効果があることがわかり、話題になっています。

参考:資生堂-加齢による皮膚毛細血管と機能低下

シナモンパウダーは、1日小さじ1杯くらいの量で効果を発揮するので、コーヒーや紅茶などに入れて飲むのもいいですね。

血を増やす鶏肉

鶏肉には血を作るのに欠かせないたんぱく質と鉄分が豊富に含まれています。とくに骨付きの鶏肉は血を増やすのに効果的です。

手羽先や手羽元を使った料理を毎日1品摂ることで、血液が増えて流れもスムーズになります。

私のおすすめは手羽先の塩焼き。塩を振って焼くだけだから簡単です。

クックパッドにも色々なレシピがあるので、毎日違う鶏肉料理に挑戦するのもいいですね。

参考:クックパッド・手羽先料理
参考:クックパッド・手羽元料理

血の質を上げるタマネギ

『タマネギには血液をサラサラにする効果がある』と一度は聞いたことがありますよね。

カレーや肉じゃがに欠かせない名脇役のタマネギは、血液が固まるのを防いだり、血管を広げて血液の流れを良くしたり、血管内の細胞の機能を高めたりする効果があります。

参考:ハウス食品-タマネギエキスによる血管内皮機能改善効果-

しかも、髪の毛が成長するときに必要なビタミンB群や葉酸、ミネラルなどが豊富に含まれた食べ物です。

また、ダイエットやアンチエイジングにも優れた効果があるので、積極的に摂っていきたいですね。

運動と呼吸法で毛細血管増加対策

3つ目は運動と呼吸法です。

毛細血管は40代を過ぎると急激に衰え、60代に入ると20代の時よりも4割も少なくなっています。

しかも、血行不良が続くと機能が低下して『管は合っても血液が流れない』ゴースト血管が増えます。

参考:NHKスペシャル-ゴースト血管危険度チェック-

しかし、毛細血管は運動や呼吸法で増えるので、少し体を動かすだけでも薄毛対策として効果的です。

毛細血管を増やす方法

  • 5分の筋トレ
  • 15分の有酸素運動
  • ハーバード式呼吸法

5分の筋トレ

まず1つ目が筋トレです。

筋トレと聞くとダンベルを上げ下ろしする、バーベルを持ち上げるなど、きついイメージがありますが、毛細血管を増やすには無理をしないでできる筋トレでOKです。

それもたった5分だけ。300秒の筋トレで眠っている毛細血管を起こします。

とくに下半身を鍛えることで毛細血管の働きが活発になります。

簡単にできる筋トレ

  • つま先立ち
  • かかと上げ
  • スクワット
  • 足上げ
  • 腹筋

5分間の筋トレが終わったら、次は15分の有酸素運動です。

15分の有酸素運動

2つ目は有酸素運動です。

毛細血管を効率よく機能させるにはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が必要。

でも歩くだけや走るだけって、すぐに飽きてしまって長時間は難しい…という方もいると思いますが、15分だけで大丈夫です。

たった15分なら飽きる前に終わってしまうし、疲れることも少ないので継続できますよね。

毛細血管を増やすには『5分の筋トレ+15分の有酸素運動』と覚えてください。

ハーバード式呼吸法

3つ目は呼吸法です。

毛細血管を増やすには、たくさん血液を送って、しっかりと機能させることが大切。

毛細血管は使われなくなったらゴースト血管になり、最終的にはなくなってしまいます。

そこで自律神経を整えて血流を活発にするハーバード式呼吸法を紹介します。

ハーバード式呼吸法

  • まずは肺の中の空気をすべて吐き出す
  • 次に鼻から4秒間かけて息を吸う
  • そして7秒間息を止める
  • 最後に8秒間かけてゆっくり口から息を吐く

ハーバード式呼吸法を行うことで副交感神経が高められ、収縮した毛細血管が広がり、血液の流れが改善されるので、つむじハゲにおすすめの血行促進方法です。

このように3つの方法で血行を促進すると育毛剤の効果がアップします。ぜひ一度試してみてください。

まとめ

つむじや頭頂部の薄毛は、女性に多いびまん性脱毛症の始まりです。また元々、薄毛になりやすい要素がある部位なので、早めの対策が必要になります。

気がついた時に始められる対策方法として、育毛剤は効果が高く適しています。

つむじや頭頂部の薄毛は、自分できちんと把握できないので不安になりますが、病院へ行く前にまずは育毛剤を試してみることをおすすめします。