酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤は安全?危険?発毛効果と副作用を解説

酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤は安全?危険?発毛効果と副作用を解説

『酢酸トコフェロール(酢酸DL-α-トコフェロール)』は、多くの女性用育毛剤に有効成分として配合されています。

でも、あまり聞き慣れない成分なので、どんな効果があるのか、副作用が起こらないか心配になりますよね。

そこで今回は、酢酸トコフェロールの効果と副作用について徹底解説!また、酢酸トコフェロー配合の育毛剤も紹介するので参考にしてください。

酢酸トコフェロールとは?

酢酸トコフェロール(酢酸DL-α-トコフェロール)は、厚生労働省の発表した法律に基づき『発毛や育毛の促進』『頭皮環境の改善』などの効果効能が認められた有効な成分です。

だから、女性の抜け毛対策や薄毛改善に効果的な成分!

でも、一体どんな成分なのか気になりますよね。ちょっと探ってみましょう。

ビタミンEの化合物

酸味成分の酢酸とビタミンEのトコフェロールから作られた化合物が酢酸トコフェロールです。

ビタミンEであるトコフェロールは、抜け毛対策だけではなく肌のアンチエイジングにも効果のある成分。だからスキンケアやヘアケアに欠かせません。

ただ、トコフェロールは馴染みにくく効果が一定にならないので、そのまま扱うのが難しい成分です。

そのため、皮膚に浸透しやすく安定した効果が得られるように酢酸と合成されました。

だから、酢酸トコフェロールはビタミンEの良いところだけを残し効果を高めた成分と言えます。

でも、女性用育毛剤の合成成分と聞くと、どうしても『副作用のある危険な成分』と悪いイメージを持ちますが、酢酸トコフェロールはビタミンEの誘導体ですから安全です。

酢酸トコフェロール配合商品

酢酸トコフェロールは、女性用育毛剤以外にも、色々な商品に配合されています。

  • 栄養ドリンク
  • サプリ
  • 歯磨き粉
  • ベビーオイル
  • 日焼け止め

栄養ドリンク・サプリ

口から摂取する栄養ドリンクやサプリに食品添加物として配合されています。

ただ、ビタミンEである酢酸トコフェロールの大量摂取は死亡リスクを高めるとも言われているので、適度な量を摂るようにしてください。

保健機能食品の酢酸トコフェロール1日最大摂取量150mgです。

参考:Food Communication Compass

参考:厚生労働省

歯磨き粉

血行をよくして歯周病などを予防する効果があります。

ベビーオイル

酸化防止の防腐剤の役割。

日焼け止め

メラニンの沈着抑制、紫外線の防御効果があります。

このように酢酸トコフェロールはビタミンEの効果を極めた成分なので、私たちの身の回りに色々と使われています。

でも、肝心な育毛効果はどうなんでしょうか?次の章で詳しく解説しますね。

酢酸トコフェロールの育毛効果

ビタミンEの誘導体である酢酸トコフェロールは、薬用育毛剤の有効成分です。

おもに3つの育毛効果があり、女性の抜け毛対策に効果的なんですよ。とくにオイリー肌や50代以上の薄毛の改善に力を発揮します。

  • 血行促進
  • 抗酸化
  • 抗炎症

では、それぞれの育毛効果を詳しくお話します。

血行促進

1つ目は血行を促進する作用です。

酢酸トコフェロールには頭皮の毛細血管を広げたり、強くしたりする効果があります。

また、血液の粘着度を和らげる作用があり、ドロドロ血をサラサラ血に改善する力もあるんです。

髪の毛は血液中の酸素や栄養を材料にして成長するので、血の巡りがスムーズだと太い毛が生えてきます。

女性の多くが冷えを感じていて、約8割の方が足先や手先が冷える末端冷え性です。

末端冷え性の女性は頭皮の血流が悪いので、酢酸トコフェロールのような血行促進成分配合の育毛剤を使うことで抜け毛の予防ができます。

抗酸化

2つ目が外的刺激やストレスなどで発生する活性酸素を除去する抗酸化作用です。

活性酸素は毛根内の細胞を攻撃して働きを弱める有害な物質です。

しかも、活性酸素によって皮脂が酸化すると刺激性物質の過酸化脂質になり頭皮トラブルを招きます。

そのため、発毛をコントロールする毛乳頭細胞や、毛髪生成工場の毛母細胞の分裂スピードが遅くなり、細い毛が増えます。

また頭皮の状態も悪くなるので、なかなか新しい毛が生えてきません。

酢酸トコフェロールは優れた抗酸化力を持つビタミンEの誘導体。酸化物質である活性酸素と過酸化脂質をしっかりと除去します。

抗炎症

3つ目は頭皮や毛穴の炎症を鎮める抗炎症作用です。

抜け毛や薄毛に悩む女性の頭皮は敏感になっていて、炎症を起こしていることがあります。

頭皮や毛穴の炎症は、毛根の力を弱めたり、血液の流れを悪くしたり、乾燥を招いたりするので、早めに改善することが大切です。

酢酸トコフェロールは、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療に使われるほど、炎症を抑える力に優れています。

参考:大日本住友製薬

このように酢酸トコフェロールの育毛効果は高く、抜け毛に悩む女性に有効な成分であることがわかりましたね。

しかし、これだけ薄毛改善力がある成分ですから、副作用が心配になります。次の章で詳しくお話しましょう。

酢酸トコフェロールの配合育毛剤の副作用

酢酸トコフェロールはビタミンEの活性を持った『合成された成分』なので、副作用が気になる女性も多いと思います。

どんなに抜け毛を防ぐ効果があっても、副作用が強い成分は使いたくありません。

とくに肌が敏感な方やアレルギー体質、妊娠中や産後のママは危険な育毛剤は避けたいですね。

そこで、この章では酢酸トコフェロール配合の育毛剤が安全なのか解説します。

育毛剤での心配はなし

酢酸トコフェロールは、厚生労働省が認めた有効成分なので、育毛剤に配合される量が決まっています。

そのため、大量に配合されることはありません。

また、酢酸トコフェロールを使った皮膚の刺激性及び感作性(アレルギー反応)の臨床試験では、両方とも異常なしと報告されています。

参考:日本医薬品添加剤協会

考えられる副作用

しかし、どんな成分でも『絶対に安全である』とは言い切れません。

その日の体調や肌質、体質などによって刺激を感じてしまうことがあるからです。

また、酢酸トコフェロールの効果が高すぎて頭皮が過剰反応し副作用が起こることもあります。

例えば血行促進作用による赤みや炎症、かゆみなどです。

これらは育毛剤が頭皮に合わずに起こる副作用と同じ症状ですが、実際は血流が良くなることでも起こります。

ただし、一時的で長引くことがない副作用なので、あまり心配しなくても大丈夫です。

でも、本当の副作用との見極めが難しいので、これらの症状が出たら育毛剤は一旦中止してくださいね。

女性は男性よりも副作用が起こりやすい?

育毛剤全体について言えることですが、女性は男性よりも副作用が出やすいとされています。

男性よりも皮脂の量が少なく外部からの攻撃に弱かったり、頭皮が薄くったりするので育毛剤に反応しやすいんですね。

また、生理前~生理中はホルモンバランスの関係で肌が敏感になります。

また、生理前~生理中はホルモンバランスの関係で肌が敏感になります。

ですから、育毛剤を試すなら副作用が起こりにくい時期(生理後)から始めるといいです。

さて、酢酸トコフェロールの効果と副作用についてわかったところで、次の章では、どんな薄毛の女性に力を発揮する成分なのかお話します。

こんな薄毛女性におすすめ

酢酸トコフェロールは血行促進作用、抗酸化作用、抗炎症作用に優れた成分なので、次のような女性の薄毛を防ぎます。

血行不良型

血行が悪く、血液中の栄養が毛根に届かないタイプ。最近、抜け毛や細毛が増えた方は要注意です。

  • ストレスが溜まっている方
  • デスクワークの方
  • 手足が冷たい方
  • 運動不足の方
  • 肩こりがひどい方

ストレスが溜まっている方

ストレスを感じると自律神経が乱れ毛細血管が収縮されます。

デスクワークの方

座りっぱなしでいると血液を循環させる筋肉が動きません。

手足が冷たい方

末端まで血液が巡っていない証拠です。

運動不足の方

筋肉不足で血液を循環させる機能が弱まっています。

肩こりがひどい方

肩や首の血行不良は頭皮への血流を悪くさせます。

活性酸素発生型

酸化を引き起こす活性酸素が毛根内の細胞の働きを低下させているタイプ。髪の毛の本数が減った、地肌が透けて見える方は要注意です。

  • タバコを吸っている方
  • 食生活が乱れている方
  • UV対策をしていない方
  • 激しい運動をしている方
  • 50代以上の方

タバコを吸っている方

ニコチンやタールなどは活性酸素を大量に発生させる有害物質です。

食生活が乱れている方

インスタント食品やジャンクフードなどに多く使われているトランス脂肪酸は活性酸素発生の原因になります。

UV対策をしていない方

紫外線を浴びると防御機能として活性酸素が発生。

激しい運動をしている方

呼吸量が増えると活性酸素の量も増えます。

50代以上の方

年を重ねるごとに活性酸素を分解する酵素の働きが低下。

20代では95%、50代では50%、70代では10%と高齢になるほど酵素の働きが悪くなるのです。

頭皮炎症型

頭皮の状態が悪いことで、髪の毛がスムーズに成長できないタイプ。頭皮の炎症が続くと毛根内の細胞の分裂スピードが遅くなります。

  • アレルギー体質の方
  • 肌が弱い方
  • 日焼けをした方
  • 1日2回洗髪する方
  • 皮脂量の多い方

アレルギー体質の方

アレルギー物質で炎症反応が起こる。

肌が弱い方

パーマやカラーリング、刺激の強いシャンプー剤などで炎症が起こりやすい。

日焼けをした方

日焼けは軽い火傷。炎症を起こしています。

1日2回洗髪する方

皮脂の取り過ぎで、ちょっとした刺激で炎症が起こります。

皮脂量の多い方

皮脂が酸化して刺激物質の過酸化脂質に変化し炎症を起こします。

このように酢酸トコフェロール配合の育毛剤は、3つのタイプの薄毛改善に有効な成分です。

次の章では酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤を紹介します。

酢酸トコフェロール配合のおすすめ育毛剤

酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤の中でも、とくにオススメなのが次の2つです。

  • 長春毛精(ちょうしゅんもうせい)
  • ミューノアージュ

それぞれの特徴をお話します。

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

育毛専用サロンのバイオテックが開発した女性専用の薬用育毛剤『長春毛精(ちょうしゅんもうせい)』は、和漢を中心とした生薬の力を強く感じられる商品です。

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

有効成分は酢酸トコフェロールの他に抗炎症作用や抗アレルギー作用に優れたグリチルリチン酸2Kと、強力な殺菌・抗菌作用があるヒノキチオールが配合されています。

しかも頭皮や毛穴に浸透しやすいナノエマルジョン化(髪の毛の直径1000分の1)されているので、少量でもしっかりと毛根に働きかけます。

また、定期コースを申し込むと、年に2回バイオテックでの育毛サポートを受けることができるので、頭皮や髪の毛の状態をチェックすることが可能です。

育毛サロンならではのサービスなので、他の女性用育毛剤では体験できない特典!興味がある方は試してみてください。

ミューノアージュ

2つ目は、女性の薄毛治療をしている皮膚科専門医が開発した『ミューノアージュ・Wアプローチヘアプログラム』です。

ミューノアージュ

スカルプエッセンスと薬用育毛剤の2本で抜け毛ケアをする本格派の商品。頭皮を整え、発毛を助けます。

しかも、女性用育毛剤の中でも有効成分の配合数が多く5つも含まれています。

ですから、様々なタイプの薄毛に有効で、今までの育毛剤とは違った効果を実感できる商品です。

ミューノアージュの有効成分

酢酸DL-α-トコフェロール血行促進
抗酸化
抗炎症
グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症
殺菌・抗菌
細胞活性化
センブリエキス血行促進
細胞活性化
抗炎症
ピロクトンオラミン殺菌・抗菌
皮脂抑制
抗酸化
パントテニルエチルエーテル保湿
細胞活性化
抗炎症

他にもクリニックの薄毛治療で使われる成長因子成分のオクタペプチド-2が配合されています。

また、育毛剤では珍しくアルコール(エタノール)無添加なので、敏感肌や産後の女性でも安心して使えます。

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュを安く手に入れる方法!

今ならミューノアージュを安く手に入れることができます!

ミューノアージュ01

購入時にクーポン番号『C1000』を入力するだけで【1,000円OFF】になっちゃいます!

ミューノアージュ02

今だけの期間限定割引です。このチャンスを逃さないようにしてください。

公式サイトはこちら♪

まとめ

酢酸トコフェロールは、抗酸化作用の高いビタミンEの誘導体ですから、副作用の心配がない安全な成分です。

もちろん女性の抜け毛を防ぐ力もあるので、おすすめできる成分と言えます。

とくに活性酸素の分解能力が弱くなったミドル世代やシルバー世代の薄毛をカバーしてくれる成分なので、50代60代の女性のヘアケアに向いています。