側頭部や後頭部が薄い女性必見!原因や改善方法、効果的な育毛剤を徹底解説!

側頭部や後頭部が薄い女性必見!原因や改善方法、効果的な育毛剤を徹底解説!

側頭部や後頭部は男性でも薄毛になりにくい部位です。でも、耳の上や頭の後ろの抜け毛が気になる女性もいますよね。

もしかして『こんな場所が薄くなるなんて大丈夫かな?』と不安になっていませんか?

側頭部や後頭部の薄毛は、脱毛症や病気が原因かも。気がついたら、すぐにケアすることが大切です。

ただ、いきなり病院に行くのではなく、まずは育毛剤などのセルフケアを試してみることをおすすめします。

そこで今回は、側頭部や後頭部の薄毛原因、自分でできる改善方法を解説します。また、側頭部や後頭部の薄毛に効果的な育毛剤をご紹介するので参考にしてください。

側頭部や後頭部が薄くなりにくい理由

こんにちは。毛髪診断士のAYAKOです。

側頭部や後頭部の薄毛って意外と目立つので、どうにかしたいですよね。でも、頭の横や後ろって本当は薄くなりにくいって知っていましたか?

そこで、まずは側頭部や後頭部が薄毛になりにくい3つの理由をお話します。

  • 血管の太さ
  • 血液の量
  • ホルモンの影響

それでは1つずつ見てみましょう。

血管の太さ

1つ目の理由は血管の太さです。

髪の毛は、血管が運んでくる血液中の酸素や栄養素によって成長します。

側頭部や後頭部に血液を運ぶ血管はとても太く(1㎜~2㎜)、血流がスムーズに行われるため、強く抜けにくい毛が生えます。

薄毛になりやすい頭頂部や前頭部の毛細血管は約0.01㎜しかないので、その差は歴然ですね。

血液の量

2つ目の理由は血液の量です。

髪の毛の太さや丈夫さは、毛根に届く血液の量にも関係します。

そのため血液を運ぶ血管が太い側頭部や後頭部の毛髪は、血行不良になっても細くなりにくい特長があります。

女性は男性よりも血液を全身に送る筋肉量が少ないため、血行不良になりやすく、毛細血管が多いつむじや分け目などの薄毛に悩みがちです。

ホルモンの影響

3つ目の理由はホルモンの影響です。

女性の体には髪の毛の成長を助ける女性ホルモンと、脱毛を進行させる男性ホルモンが存在しています。

普段は女性ホルモンが優位に働いていますが、加齢やストレスなどによってホルモンバランスが崩れると男性ホルモンの働きが活発になり影響を受けます。

しかし、男性ホルモンは側頭部や後頭部には作用しません。これは側頭部や後頭部に男性ホルモンを受け取る『男性ホルモン受容体』がないからです。

男性ホルモンを受け取る器は、前頭部や頭頂部にしかありません。

このように側頭部や後頭部が薄くなりにくいのは、周辺の血管が太く、酸素や栄養が毛根にたくさん届いていることと、抜け毛を増やす男性ホルモンを受け入れないからです。

でも、頭の横や後ろが薄くなる女性がいますよね。なぜでしょうか?そこで次は、側頭部や後頭部が薄くなる原因を探っていきます。

側頭部や後頭部が薄くなる原因

薄毛になりにくい側頭部や後頭部が薄くなる原因は何でしょうか?薄毛を招く特別な理由があるのか見ていきましょう。

側頭部や後頭部が薄くなる2大原因

血行不良になりにくく、脱毛ホルモンを受け取らない側頭部や後頭部。一般的な薄毛とは原因が違います。

考えられる原因は脱毛症と病気の2つです。

『それって、ちょっとヤバいんじゃないの?大丈夫?』と不安になりますが、まずは『どうして脱毛症と病気が原因なのか』について詳しく説明します。

脱毛症

側頭部や後頭部が薄くなるのは、脱毛症が原因かも。可能性のある3つの脱毛症についてお話します。

  • 円形脱毛症
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症
  • びまん性脱毛症

円形脱毛症

1つ目は円形脱毛症です。

円形脱毛症は、その名の通り円形もしくは楕円形に髪の毛がごっそりと抜け落ちる薄毛です。

たまに『ストレスで円形脱毛症になった』と耳にしたことはありませんか?

じつは私の友人も発症したことがあるので、とても身近な脱毛症だと思っています。

でも円形脱毛症って側頭部や後頭部が薄くなるのでしょうか?

円形脱毛症にはいくつか種類があり、その中には側頭部や後頭部が薄くなるタイプがあります。

円形脱毛症の種類

単発型円形や楕円形の脱毛斑が1つできるタイプ。
多発型脱毛斑が2つ以上あるタイプ。複数の脱毛斑が合併すると多発融合型になる。
蛇行(だこう)型後頭部や側頭部の生え際に沿って蛇のように脱毛するタイプ
全頭型頭全体に脱毛斑が広がり、ほとんどの髪の毛が抜け落ちるタイプ
汎発(ばんぱつ)型髪の毛だけではなく、まゆ毛やまつ毛、わき毛など全身の毛が抜け落ちるタイプ。

蛇行型の円形脱毛症は、自分の毛根を異物と見なして攻撃してしまう自己免疫疾患や、血行不良を引き起こすストレス、合併率・重症度が高いアトピーなどが要因となって起こります。

参考:日本皮膚科学会ガイドライン 2017年版

牽引性(けんいんせい)脱毛症

2つ目は牽引性(けんいんせい)脱毛症です。

髪の毛を引っ張ることで発症する女性に多い脱毛症。お団子ヘアやポニーテール、エクステなどで頭皮や毛穴に負担を掛けると、最終的に毛根内の細胞が傷つきます。

特定の髪型を継続的に続けることで、毛根の密着度が弱まったり、血行が悪くなったりするので、側頭部や後頭部に抜け毛や細毛が増えます。

年齢に関係なく起こる薄毛なので、シンクロやバレエなどに通っている小学生が発症することも珍しくありません。

びまん性脱毛症

3つ目はびまん性脱毛症です。

頭全体の地肌が見えるようになるびまん性脱毛症は、分け目やつむじから薄くなるのが特徴です。

しかし、女性ホルモンの分泌量が急激に低下して、その時の体調や頭皮の状態が悪いと側頭部や後頭部から薄くなることがあります。

びまん性脱毛症は、女性に多い進行する薄毛です。耳の上や頭の後ろが薄くなったら、全体に広がる危険性もあるので、早めのケアを心がけましょう。

次は、もう一つの原因である病気について解説します。

病気

側頭部や後頭部の薄毛は、病気が原因の可能性もあります。

女性に多い病気が薄毛を引き起こしているかもしれません。では、どんな病気があるのか見てみましょう。

側頭部や後頭部の薄毛を招く病気

  • 甲状腺の異常(甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症)
  • 眼精疲労
  • 皮膚炎

甲状腺の異常

1つ目は、のどにある甲状腺の異常です。

1つ目は、のどにある甲状腺の異常です。

側頭部や後頭部は、脱毛を進行させる男性ホルモンの影響をほとんど受けませんが、甲状腺で作られる甲状腺ホルモンの影響を受けやすい部位です。

甲状腺ホルモンには、髪の毛の生成工場である毛母細胞を活発にする作用や、毛髪の構成栄養素のたんぱく質を作り出す力があります。

毛髪にとって良いホルモンですが、甲状腺の機能が活発になったり、低下したりして分泌量のバランスが崩れると、耳の上や頭の後ろの髪の毛が抜けていきます。

甲状腺の病気

  • 甲状腺機能亢進症
    甲状腺が働きすぎている状態。心拍数や血圧の上昇、過剰な発汗、体重の減少などの症状が現れます。

  • 甲状腺機能低下症
    甲状腺の働きが低下している状態。まぶたの腫れ、むくみ、疲労感、体重の増加などの症状が現れます。

眼精疲労

2つ目の原因は眼精疲労です。

パソコンやスマホなどの画面を長時間見ていると、目の周りの筋肉が凝り固まって血行不良を起こします。

目の周りにある血管は、側頭部や後頭部と繋がった太い血管。そのため、眼精疲労になると、頭の横や後ろに血液が十分に届かなくなり抜け毛が増えます。

皮膚炎

3つ目は側頭部や後頭部に発症する皮膚炎です。

髪の毛は頭皮の状態が健康に整っていなければ、スムーズに成長しません。

そのため皮膚炎が側頭部や後頭部に発症すると、湿疹ができたり、毛穴や毛根が炎症を起こしたりするので、抜け毛や細毛が増えます。

頭皮に起こる皮膚炎

  • 脂漏性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎
  • 皮脂欠乏性皮膚炎

このように側頭部や後頭部の薄毛は脱毛症と病気によって起こります。

一般的な薄毛とは少し違う原因によって起こりますが、セルフケアで改善することもあるので、次の章で説明します。

また、それぞれの原因に合った効果的な育毛剤もご紹介するので参考にしてください。

脱毛症による側頭部や後頭部の薄毛改善方法

この章では、円形脱毛症、牽引性(けんいんせい)脱毛症、びまん性脱毛症が原因で起こる側頭部や後頭部の薄毛改善方法を解説します。

それでは1つずつ見てみましょう。

円形脱毛症

側頭部や後頭部が薄くなる蛇行(だこう)型の円形脱毛症は、病院での治療とセルフケアの2本柱で改善することができます。

単発型や多発型のように自然治癒することが少ない蛇行型円形脱毛症は、すぐに治る薄毛ではありません。

しかも、悪化すると髪の毛がほとんど抜け落ちてしまう全頭型に進行するので、少しでも早く病院で専門的な治療を受けることが必要です。

また、セルフケアも大切な改善方法のひとつで、完治までの時間が短縮される可能性が高くなります。

蛇行型円形脱毛症に効果的なセルフケアは『ストレス発散』『血行促進』『正しい洗髪』などです。

ストレス発散
円形脱毛症の大きな要因であるストレスを解消しましょう。

カラオケやおしゃべりも効果があります。
血行促進
円形脱毛症の脱毛斑は、髪の毛が生えている部分よりも冷えています。

頭皮マッサージやツボ押しなどで血行を良くしましょう。
正しい洗髪
髪の毛が生えやすい頭皮作りも大切です。

シャンプー液をつける前に予洗いを十分に行い、爪を立てず、優しくマッサージしながら洗います。

シャンプー液は刺激の少ないアミノ酸系がおすすめです。

牽引性(けんいんせい)脱毛症

髪の毛を引っ張ることで起こる牽引性脱毛症による側頭部や後頭部の薄毛改善方法は、『髪型の変更』『頭皮マッサージ』『ビタミン、ミネラルが含まれた食べ物の摂取』です。

髪型の変更

まずは髪の毛を結ぶ回数を減らすことが重要。思い切って短くカットしてみるのもいいですね。

結ぶ時はゆるめ、ふわっとを心がけて、ゴムを太くしたりバレッタで軽く留めたりしてください。

頭皮マッサージ

髪の毛を引っ張ると頭皮は緊張状態になり、血行が悪くなります。

シャンプー後に頭皮マッサージをすると血行が良くなり、血液中の酸素や栄養素が毛根にしっかりと届きます。

ビタミン、ミネラルが含まれた食べ物の摂取

髪の毛を引っ張ることで毛根に負担が掛かり、発毛や育毛をコントロールする細胞や髪の毛を太くする細胞の働きが弱くなります。

ビタミンやミネラルは細胞の活性を高める栄養素で、髪の毛の成長に欠かせません。とくにビタミンB2やB6、亜鉛などは積極的に摂りたい栄養素です。

ビタミンB2を多く含んだ食べ物
レバー・うなぎ・卵・さば・焼き海苔・チーズなど
ビタミンB6を多く含んだ食べ物
マグロ・バナナ・ピスタチオ・コンニャク・鶏肉など
亜鉛を多く含んだ食べ物
牡蠣・高野豆腐・牛肉・煮干し・ごま・チーズなど

びまん性脱毛症

頭皮全体の地肌が透けるびまん性脱毛症による側頭部や後頭部の薄毛改善方法は、『大豆食品の摂取』『運動』『活性酸素対策』です。

大豆食品の摂取

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが含まれている納豆やお豆腐、油揚げなどを摂取しましょう。

運動

ヨガやストレッチなどの軽い運動には、女性ホルモンのバランスを整える効果があります。

血流を良くすることで卵巣が活発に働き、女性ホルモンの分泌がスムーズに行われるようになります。

活性酸素対策

卵巣の劣化や老化を招く活性酸素。ストレスや生活習慣の乱れによって発生します。抗酸化作用のあるビタミンCやEを含んだ食品の摂取を心がけてください。

ビタミンCを多く含んだ食べ物
イチゴ・ブロッコリー・キウイ・ピーマン・アセロラなど
ビタミンEを多く含んだ食べ物
アーモンド・あゆ・かぼちゃ・アボカド・たらこなど

病気よる側頭部や後頭部の薄毛改善方法

この章では、甲状腺の異常、眼精疲労、皮膚炎が原因で起こる側頭部や後頭部の薄毛改善方法をお話します。

甲状腺の異常

甲状腺の異常による側頭部や後頭部の薄毛は、病院での薬物療法で改善します。

セルフケアについては『ヨウ素(ヨード)食品の禁止』『ストレス発散』『禁煙』が効果的です。

ヨウ素(ヨード)食品の禁止

昆布などに含まれるヨードは、甲状腺ホルモンの主原料。摂取することで甲状腺ホルモンのバランスが崩れるので控えなくてはいけません。

ヨウ素を含む食べ物

  • 昆布
  • ひじき
  • 焼き海苔
  • ワカメ
  • ヨード卵

ヨードを含む食品には、髪の毛の成長を助けるミネラルやビタミンが豊富に含まれています。一般的な薄毛なら、ひじきの煮物や昆布の佃煮などの摂取を進めるとこですね。

ストレス発散

ストレスは甲状腺の異常の原因。『ストレスが溜まっているな』と感じたら、すぐに解消することを心がけます。

ただ甲状腺に異常がある場合、ストレッチや運動は控えなくてはいけないので、ゆっくりとお風呂に入ったり、アロマオイルでリラックスしたり、面白いテレビを観て思いっきり笑ったりしてストレスを発散しましょう。

禁煙

タバコを吸うと甲状腺の異常で起こる症状がひどくなることがわかっています。もちろん髪の毛や頭皮にも悪影響を与えます。

『百害あって一利なし』のタバコはすぱっと止めましょう。

眼精疲労

眼精疲労による側頭部や後頭部の薄毛改善方法は、『目を保護する食べ物の摂取』『ツボ押し』『パック』です。

目を保護する食べ物の摂取

紫外線やブルーライトなどの有害な光から目を守る、眼底の血流量を高めるなどの効果がある、アントシアニンやルテインが含まれた食べ物を摂ることで眼精疲労が改善されます。

アントシアニンが含まれている食べ物

  • ビルベリー
  • ブルーベリー
  • カシス
  • なす
  • ブドウ

ルテインが含まれている食べ物

  • ブロッコリー
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • パセリ
  • レタス

ツボ押し

目の周りにはたくさんのツボがあります。刺激することで血液の流れが良くなり、コリが取れます。

  • 攅竹(さんちく)→眉毛の一番内側にあるくぼみ
  • 太陽(たいよう)→こめかみ部分にあるくぼみ
  • 睛明(せいめい)→目頭部分にあるくぼみ
目の周りにはたくさんのツボがあります。刺激することで血液の流れが良くなり、コリが取れます。

パック

温めたタオルをまぶたの上に5分置くだけで、目元付近の筋肉の緊張がほどけます。また目が充血(炎症)しているときは、冷蔵庫で冷やしたタオルで冷パックが効果的。

温パックと冷パックを交互にすると眼精疲労が軽減されます。

最近は市販でもアイマスク型のパックがたくさん発売されているので、昼休みに試してみるのもいいですね。

皮膚炎

皮膚炎による側頭部や後頭部の薄毛改善方法は、『刺激対策』『乾燥対策』『紫外線対策』です。

刺激対策

パーマやカラーリング、白髪染めなどの薬剤が刺激となって皮膚炎が起こります。

施術の回数を減らす、薬剤を変える、プロに任せるなどの対策をすると皮膚炎による薄毛を防ぐことができます。

また紫外線を防いだり、シャンプー剤を変えたりすることも刺激対策です。

乾燥対策

頭皮の乾燥はバリア機能の低下が原因です。バリア機能が弱った頭皮は皮膚炎になりやすいので、保湿を心がけてください。

また、頭皮を保湿することでかゆみや赤みなどのトラブルを抑えることができます。

雑菌増殖対策

側頭部や後頭部に雑菌が増えると、毛根内の細胞を攻撃する物質が発生します。

汗や皮脂はこまめに拭いて、濡れた髪の毛はしっかりと乾かす、帽子を長時間被らないようにするなど、頭皮を清潔にしましょう。

まとめ

側頭部や後頭部の薄毛は脱毛症や病気が原因で起こるので、気がついたら素早く対応することが肝心です。

まずはセルフケアで様子を見て、薄毛が治らない場合は病院へ行くようにしてください。