女性の脂漏(しろう)性脱毛症は育毛剤で回復する?原因や改善方法を徹底解説

女性の脂漏(しろう)性脱毛症は育毛剤で回復する?原因や改善方法を徹底解説

『頭皮のべたつき』『気になる抜け毛』『湿ったフケ』に悩んでいませんか?これらの症状が現れたら脂漏性脱毛症の可能性があります。

脂漏性脱毛症は皮脂の多い男性に発症しやすい薄毛。でも、地肌が脂っこくなりやすい産後や更年期、ストレスを溜めている女性も要注意です!

また、女性の脂漏性脱毛症は要因が複数重なって発症することが多く、少々厄介。治すには病院での治療とセルフケアが必要になります。

とくにシャンプー剤や育毛剤によるケアで回復までの時間が短縮されるので、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

そこで今回は、脂漏性脱毛症の原因や改善方法、効果的な女性用育毛剤を解説します。

脂漏(しろう)性脱毛症とは?

女性の抜け毛や薄毛の原因である脂漏性脱毛症ですが、あまりメジャーではないので『よく知らない』方もいますよね。

そこで、この章では脂漏性脱毛症について少しお話します。

症状

まず症状ですが、『頭皮のべたつき』『気になる抜け毛』『湿ったフケ』の他にも『頭皮のかゆみや赤み、湿疹など』があります。

また、脂っぽい加齢臭のような『匂い』が発生することもある脱毛症です。

これらの症状は小まめに頭を洗っても改善されず、余計に悪化することがあります。

原因

次に原因について。

脂漏性脱毛症は、過剰に分泌された皮脂とマラセチア菌(常在菌・カビ・真菌)の増殖によって起こる脂漏性皮膚炎が原因です。

脂漏性皮膚炎は、マラセチア菌が過剰に分泌された皮脂をグリセリンと遊離脂肪酸に分解するところから始まります。

分解されたグリセリンは汗で流されるのですが、遊離脂肪酸は頭皮に停滞し酸化します。

すると酸化した遊離脂肪酸は炎症物質の過酸化脂質に変化し頭皮を刺激。結果、脂漏性皮膚炎を発症します。

すると酸化した遊離脂肪酸は炎症物質の過酸化脂質に変化し頭皮を刺激。結果、脂漏性皮膚炎を発症します。

そして、過酸化脂質によって起こる頭皮や毛穴の炎症をそのままにしていると、毛根が弱ったり、毛穴が詰まったりして、抜け毛が増加。脂漏性脱毛症の発症です。

ですから、脂漏性脱毛症は過剰な皮脂とマラセチア菌がきっかけとなる薄毛と言えます。

皮脂とマラセチア菌

皮脂とマラセチア菌。通常、この2つが悪さをすることはありません。

皮脂は頭皮の水分蒸発を防ぎ、紫外線などの外的刺激から守る機能を持っていて、マラセチア菌は日常的に存在している常在菌です。

しかし、何らかの理由によって皮脂の分泌量が増えると、炎症物質を作り出すマラセチア菌が活発化。脂漏性皮膚炎⇒脂漏性脱毛症へと発展します。

ですから脂漏性脱毛症を改善するには、マラセチア菌のエサである皮脂の分泌量を抑えることがとても重要です。

でも女性って、ちょっとしたことで皮脂の分泌量が増えるって知っていますか?次の章で詳しく説明します。

脂漏(しろう)性脱毛症になりやすい女性

脂漏性脱毛症になりやすい女性は、皮脂が必要以上に分泌されています。

女性は男性よりも元々皮脂量が少ないのですが、ちょっとしたきっかけで過剰に分泌されるので注意が必要です。

それでは、皮脂が過剰に分泌される理由を見てみましょう。

ホルモンや自律神経のバランスが乱れている

1つ目はホルモンや自律神経の乱れです。

女性の体には女性ホルモンと微量の男性ホルモンがバランスを保ちながら存在しています。

女性ホルモンには皮脂の分泌を抑制する作用があり、男性ホルモンには皮脂の分泌を活発にする効果があります。

普段は女性ホルモンの作用によって皮脂の量も必要以上には分泌されません。

しかし、更年期や産後など女性ホルモンの分泌量が減る時期や、思春期などの男性ホルモンの作用が強く出る時は、皮脂が過剰に分泌されます。

また、自律神経の乱れも皮脂量を増やす原因です。

自律神経には身体を活動モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、バランスを保っています。

自律神経には身体を活動モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、バランスを保っています。

しかし、ストレスや寝不足などで交感神経ばかりが活発になると男性ホルモンが刺激されたり、皮脂線を活発にするアドレナリンやアンドロゲンなどが分泌されたりして、皮脂量が増えます。

頭皮の状態が乱れている

2つ目は頭皮環境の乱れです。

頭皮は適度な水分と油分によって整えられています。

しかし、刺激の強いシャンプー剤の使用や頭の洗いすぎなどで皮脂を取り過ぎると油分量が減少。また、紫外線を浴び続けると日焼けを起こし、頭皮内部の水分が蒸発します。

そのため頭皮は乾燥し、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されるのです。

生活習慣が乱れている

3つ目は、睡眠不足や偏った食事などの生活習慣の乱れです。

寝不足が続くとホルモンバランスが乱れたり、自律神経の切り替わりが正常に行われなくなったりして、皮脂量を増やす男性ホルモンが活発になります。

また、皮脂腺を刺激する物質が増えます。

そしてジャンクフードやコンビニのお弁当などの油っこい食事は、皮脂の成分である中性脂肪を増やす原因です。

また、野菜不足でミネラルやビタミンが不足すると皮脂を抑える力が低下します。

そして、お酒やタバコなどの嗜好品も皮脂を増やす原因です。

アルコールを摂取することで皮脂腺が刺激されたり、タバコを吸うことで皮脂の分泌量をコントロールする栄養素を大量に消費したりします。

このように脂漏性脱毛症の発症に大きく関係する皮脂の過剰分泌は、日常的なちょっとしたことで起こります。

ですから、少しでも皮脂の分泌量を増やさないように、ちょっとしたことに気を配ることが大切です。

具体的な方法は、次の章でお話します。

脂漏(しろう)性脱毛症を治す方法・自宅

脂漏性脱毛症を治すには自宅でのケアがとても重要です。

ここでは自宅でできる脂漏性脱毛症の改善方法を3つ紹介します。

  • シャンプー
  • 育毛剤
  • 生活習慣の見直し

では、それぞれを詳しく解説します。

シャンプー

まず1つ目はシャンプーです。

軽度の脂漏性脱毛症なら、シャンプー剤を変えるだけでも回復することがあります。

脂漏性脱毛症は過剰な皮脂とマラセチア菌が引き金となって起こる薄毛です。まずは、この2つを防ぐシャンプー剤を紹介しましょう。

アミノ酸系シャンプー

まず、頭皮の乾燥を防いで皮脂を増やさないアミノ酸系シャンプー。

アミノ酸系シャンプーとは、名前の通り、地肌や髪の毛を作るタンパク質を構成しているアミノ酸が含まれている洗髪剤です。

そのため頭皮にしっとりと馴染み、刺激することがなく、皮脂を取り過ぎる心配がありません。

また、アミノ酸系成分には保湿作用があるので、毎日シャンプーすることで地肌や髪の毛が潤っていきます。

シャンプー剤には大きく分けると3タイプになります。

シャンプー剤の種類

高級アルコール系のシャンプー
市販されている有名なシャンプー剤のほとんどがこのタイプ

洗浄力、刺激性、脱脂力、すべて強い

泡立ちが良く、泡切れもよいので使いやすい
せっけん系シャンプー
石鹸ベース

洗浄力、刺激性、脱脂力は高級アルコール系より穏やかだが、強い

洗い上がりがキシキシ、ゴワゴワする
アミノ酸系シャンプー
頭皮や髪を構成しているアミノ酸系成分配合

洗浄力、刺激性、脱脂力が穏やか

ですから、現在使っているシャンプー剤が高級アルコール系または、せっけん系なら、アミノ酸系のシャンプー剤に変えてみることをおすすめします。

抗真菌剤入りシャンプー

次にマラセチア菌を防ぐのに効果的な『抗真菌剤配合シャンプー』です。

病院の治療で使われる抗真菌薬が主成分のシャンプー。殺菌効果だけではなくフケやかゆみを防ぐ効果も高い洗浄剤です。

ただし、配合成分などによって痛みやかぶれなどが起こることがあります。ですから、敏感肌やアレルギー体質の方など、肌が弱い女性は注意が必要です。

抗真菌剤配合シャンプーは、どちらかというと元々皮脂が多い男性の脂漏性脱毛症向き。女性には刺激があり過ぎるので副作用が心配です。

市販でも買えるので気軽に試すことができますが、まずはアミノ酸系シャンプーから始めてみることをおすすめします。

育毛剤

2つ目は育毛剤です。

女性用育毛剤には保湿効果のある成分や皮脂の抑制作用がある成分、男性ホルモンを抑える成分などが配合されています。

また、脂漏性脱毛症で弱ってしまった頭皮を整える無添加育毛剤もあるので、敏感肌や授乳中のママでも安心して使えます。

おすすめの育毛剤

私がおすすめする育毛剤は『M-1ミスト』です。

私がおすすめする育毛剤は『M-1ミスト』です。

育毛剤業界では珍しいアルコール無添加の商品。最低限の成分数しか配合されていない地肌への刺激を徹底的に考え開発された育毛剤です。

公式サイトはこちら♪

M-1ミストの主な成分

金額定期便⇒初回購入価格1,980円(税込)
送料無料
代引き手数料定期便⇒無料
ニンジンエキス

私たちが普段食べている人参ではなく、滋養強壮で有名な高麗人参から抽出されたエキス。血液中のコレステロールや中性脂肪などを分解・排出する作用で皮脂を抑えます。

グリチルリチン酸2K

植物の甘草(カンゾウ)から抽出されたエキスで、昔から漢方薬などに使われている成分。炎症やかゆみを抑える抗ヒスタミン・抗アレルギー作用や、菌の繁殖を抑える殺菌作用があります。

加水分解酵母エキス

ビタミンやミネラルなどを含んだ成分。コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートして地肌の内部から保湿効果を高めます。

配合されている成分数は少ないですが、しっかりと頭皮を整え、抜け毛を予防する育毛剤です。

しかもM-1ミストは、抜け毛や薄毛を元から改善する『マイクロセンサー理論』によって開発された商品。

そのため、発毛や育毛に欠かせない毛乳頭細胞や毛母細胞に直接働きかけ、脱毛を防ぎ、細毛を太くします。

公式サイトはこちら♪

生活習慣の見直し

3つ目は生活習慣の見直しです。

『生活習慣の見直し』と言っても、習慣を変えることは意外と難しく、すぐにできないかもしれません。

でも、やれることから少しずつやることが脂漏性脱毛症の改善になります。

食事

まず食事はバランスを考えて摂りましょう。好きなものを好きなだけ食べるのは頭皮や髪の毛だけではなく体にも良くありませんよ。

油っこい物や甘い物などは、中性脂肪やコレステロールに変化して皮脂を増やすので、注意が必要です。

反対にビタミンやミネラルなどが豊富に含まれた緑黄色野菜や青魚などは積極的に摂取することをおすすめします。

とくにビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンCは、皮脂を抑制する栄養素。ビタミンB2はレバーやのりなどに多く含まれ、ビタミンB6はニンニクやピスタチオなどに含まれています。

ビタミンCは、水溶性ビタミンと言って尿などで体外に排出されやすいので、柑橘類やピーマンなどを少しずつ複数回に分けて食べるといいです。

睡眠

しっかりと眠ることで自律神経やホルモンのバランスが整い、皮脂の分泌量が一定になります。

また、質の良い睡眠を取ることは美容やダイエットにも有効なので、女性にとって眠りは非常に大切です。

よく『22時から2時までの4時間が睡眠のゴールデンタイム』と聞くと思います。でも、これは間違った情報で医学的な根拠はないと言われています。

正しくは『眠りについてからの3時間』が睡眠のゴールデンタイムです。

睡眠のゴールデンタイムには、体や脳の疲れを回復し、細胞の損傷を修復する成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンがきちんと分泌されると、頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)がスムーズに行われ、乾燥による皮脂の過剰分泌が起こらなくなります。

ですから、眠りについてからの3時間を活かすことが、脂漏性脱毛症の改善には必要です。

そもそも、睡眠には浅い眠りの『レム睡眠』と深い眠りの『ノンレム睡眠』があり、繰り返されています。

眠って最初に訪れるのが約90分間のノンレム睡眠。睡眠中、最も深い眠りの時で、この90分間の眠りをいかに効率よく取れるかで睡眠の質が変わります。

眠って最初に訪れるのが約90分間のノンレム睡眠。睡眠中、最も深い眠りの時で、この90分間の眠りをいかに効率よく取れるかで睡眠の質が変わります。

最初のノンレム睡眠を深くするには、次のような方法が効果的です。

最初のノンレム睡眠を深くする方法

  • 起きる時間を固定する
  • 眠る1時間半前に入浴する
  • 夕食は寝る3時間前までに済ませる
  • 寝ながらスマホは短時間
  • 寝る前の軽いストレッチ
  • 起きたら日光を浴びる

また、室温や部屋の明るさなどにも気をつけることで、眠りやすくなりますよ。

運動

そして、運動です。

運動することで皮脂の原料となる中性脂肪が減るので、ウォーキングやストレッチなど、軽い有酸素運動を毎日の日課にすることをおすすめします。

逆に激しい運動(無酸素運動)は、男性ホルモンの働きを活発にするので気をつけてください。

このようにちょっとしたことに気をつければ、自宅でも脂漏性脱毛症を改善することはできます。

初期や軽度の脂漏性脱毛症なら、これだけで回復することがあるので、病院へ行く前に試してくださいね。

次の章では病院で脂漏性脱毛症を治す方法を解説します。

脂漏(しろう)性脱毛症を治す方法・病院

脂漏性脱毛症は、病院で処方される薬で改善します。

ただし、まずは脂漏性皮膚炎の治療を行ってから、脂漏性脱毛症を治すパターンです。頭皮や毛穴の炎症を抑えることが先決になります。

そこで、どんな薬が出されるのか見てみましょう。

塗り薬

塗り薬(外用薬)として主に処方されるのは、炎症やかゆみを抑えるステロイド剤や、マラセチア菌を抑える抗真菌薬です。

ステロイド剤と聞くと効果も副作用も強いイメージがありますよね。でも、ステロイド剤には色々な種類があり、ランク分けされています。

ステロイド剤と聞くと効果も副作用も強いイメージがありますよね。でも、ステロイド剤には色々な種類があり、ランク分けされています。

脂漏性脱毛症は短期間で治る薄毛ではないので、強力なステロイド剤を処方することはありません。

ただ、まずは強いステロイド剤で症状を緩和し、徐々に弱いステロイド剤に変更することはあります。

参考:沖縄県薬剤師会-ステロイド外用剤の分類表-

マラセチア菌の増殖を抑える抗真菌薬にはジェネリック医薬品もあります。

飲み薬

飲み薬(内服薬)として主に処方されるのは、抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤のかゆみ止めとビタミン剤(B2、B6、Cなど)です。

ビタミン剤、とくにB群は皮脂の分泌量を抑えたり、調整したりする作用があります。

ただ、病院の薬だけでは不十分で自宅でのケアが必須。頭皮のケアや体質の改善などはセルフケアがメインです。

まとめ

脂漏性脱毛症は皮膚炎が原因の薄毛ですが、元々は過剰な皮脂とマラセチア菌がきっかけで起こります。

ですから、まずはマラセチア菌の栄養源である過剰な皮脂を取り除くことが重要!

女性は出産や更年期など、男性にはない理由でホルモンや自律神経のバランスが乱れ、皮脂の量が増えます。

ですから、男性の脂漏性脱毛症よりも発症するきっかけが多いです。しかし、女性は元々の皮脂量が少ないので、男性よりも改善しやすいので諦めずにケアすることが大切です。