抗酸化成分は女性用育毛剤に必要?抜け毛を防ぐ?効果と副作用を徹底解説!

抗酸化成分は女性用育毛剤に必要?抜け毛を防ぐ?効果と副作用を徹底解説!

体をサビさせて老化や劣化を引き起こす活性酸素。

この物質をやっつけてくれる抗酸化成分は女性にとって重要で、とくに40代以降の私たち世代には欠かせませんよね。

年齢と抗酸化力

若返りやアンチエイジングをイメージする抗酸化成分は、女性用育毛剤にも配合されています。

でも、どうして女性用育毛剤に抗酸化成分が含まれているのでしょうか?発毛や育毛に抗酸化成分が必要なんでしょうか?

そこで抗酸化成分配合育毛剤の効果や副作用について解説します。

また抗酸化成分が配合されたおすすめの女性用育毛剤を紹介するので参考にしてください。

抗酸化力の高い女性用育毛剤

抗酸化力の高い女性用育毛剤

まずは活性酸素を防ぐ効果の高い抗酸化成分配合の女性用育毛剤を3つ紹介します。

抗酸化成分配合の育毛剤は、40代以降のびまん性脱毛症や加齢による薄毛、生活習慣の乱れによって起こる抜け毛などに有効です。

それでは1つずつ紹介しましょう。

花蘭咲(からんさ)

まず1つ目は、抗酸化力が激減している50代60代に人気の薬用育毛剤『花蘭咲(からんさ)』です。

花蘭咲(からんさ)

公式サイトはこちら♪

カランサには、希少なエビネ蘭から抽出されたエキスと厚生労働省が認可した3つの有効成分、抗酸化力に優れた天然植物成分がたくさん配合されています。

カランサの抗酸化成分

ローズマリーエキス・サンザシエキス・チャエキス・エイジツエキス・ワレモコウエキス・ユズエキス・トウガラシチンキ

そのため活性酸素の攻撃を受けやすいシニア世代の薄毛対策に効果的で、ボリュームの減った髪の毛をふんわりとさせます。

しかも着色料や香料、パラベンなどの添加物がカットされているので、頭皮や毛穴に優しく作用して副作用が起こりにくいです。

また初回購入価格が定価の65%OFFなので、育毛剤初心者の方でも買いやすくなっています。

公式サイトはこちら♪

カランサの基本情報

初回購入金額
定期便 2,400円(税込)
通常販売 2,400円(税込)
2回目以降金額
定期便 4,800円+税
5,184円(税込)
通常販売 7,000円+税
7,560円(税込)
送料
定期便 600円
通常販売 600円

花蘭咲(からんさ)をもっと知りたい方はこちら♪
→【花蘭咲(からんさ)の効果的な使い方や成分を徹底解説!毛髪診断士による女性用育毛剤口コミ・体験レビュー

ハリモア(HARIMORE)

2つ目は、抗酸化成分を含む25種類の天然由来エキスが配合されている薬用育毛剤『ハリモア(HARIMORE)』です。

ハリモア(HARIMORE)

公式サイトはこちら♪

抗酸化作用に優れた成分がバランス良く配合されているハリモアは、活性酸素からの攻撃をしっかりと防ぐことができる女性用育毛剤です。

しかも成分の粒子が小さいナノ化(超微細化)タイプなので、頭皮や毛穴の奥まで浸透して力を発揮します。

また、余計な成分を一切使用しない無添加育毛剤で、パッチテスト・皮膚累積刺激テスト・アレルギーテスト済み。敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使えます。

公式サイトはこちら♪

ハリモアの基本情報

初回購入金額
定期コース 3,800円(税込)
通常販売 7,600円(税込)
送料
定期コース 無料
通常販売 650円
全額返金保証
定期コース 30日間
通常販売 30日間

CA101(シーエーイチマルイチ)

3つ目は、抗酸化成分として有名なビタミンC誘導体が配合されている『CA101(シーエーイチマルイチ)薬用スカルプエッセンス』です。

CA101(シーエーイチマルイチ)

公式サイトはこちら♪

CA101には抗酸化成分の他にプラセンタやセラミド、ヒアルロン酸などの美容成分が贅沢に配合されています。

そのため、アンチエイジング効果の高い抜け毛対策が可能。進行した薄毛の改善にも期待ができる女性専用の育毛剤です。

また、ほのかなアロマの香りを楽しめる微香タイプの商品なので、きつい匂いが嫌いな女性でも楽しくケアできます。

しかも30日間の全額返金保証付きなので、使用して満足できなければ購入代金が返金される『損をしない育毛剤』です。

公式サイトはこちら♪

CA101の基本情報

初回購入金額
定期便 2,980円+税
3,218円(税込)
送料
定期便 無料
全額返金保証
定期便 30日間

ここで紹介した3つの育毛剤は、どれも素晴らしい抗酸化作用があり、女性の抜け毛をしっかりと防いでくれる商品です。

次の章で、これら抗酸化成分配合育毛剤の効果を具体的にお話します。

抗酸化成分が配合された女性用育毛剤の効果

抗酸化成分が配合された女性用育毛剤の効果

体に有害な活性酸素と戦く抗酸化成分が配合された女性用育毛剤には、どんな効果があるのか気になりますよね。

ここでは3つの効果についてお話します。

  • 毛根内の細胞の防御
  • 毛細血管の保護
  • 刺激物質の抑制

毛根内の細胞の防御

1つ目は、発毛や育毛に関連する細胞の保護です。

髪の毛は毛根内の細胞が分裂をくり返すことで成長します。

毛根内の細胞の防御

しかし、活性酸素が発生すると毛根内の細胞が攻撃されて劣化してしまい、分裂がうまく行われなくなります。

すると髪の毛が細くなったり、短い毛ばかりになったり、毛穴から生える本数が減ったりして薄毛が進行するんです。

ですから、活性酸素の攻撃から細胞を守ることはとても重要で、抜け毛や薄毛を根本から解決することに繋がります。

毛細血管の保護

2つ目は、髪の毛の成長に必要な血液を運んでくれる毛細血管を保護することです。

毛細血管はとても脆く傷つきやすいため、活性酸素の攻撃を受けるとボロボロに壊れてしまいます。

そのため、酸素や栄養を含んだ血液が毛根まで十分に届かず、細毛や抜け毛が増えるんです。

毛細血管を保護することで血の流れが良くなり、髪の毛の成長がスムーズに行われるようになります。

刺激物質の抑制

3つ目は、頭皮や毛穴を刺激する物質の抑制です。

活性酸素が皮脂などの脂質と結びつくと刺激物質の過酸化脂質になります。

過酸化脂質は頭皮や毛穴に炎症やかゆみを引き起こす物質です。

頭皮にトラブルが起こると髪の毛の成長が邪魔され、細毛や抜け毛が増えます。

ですから、過酸化脂質を増やさないようにするには、抗酸化成分配合の女性用育毛剤がおすすめです。

このように抗酸化成分配合の育毛剤には、活性酸素を防いで髪の毛を元気にする効果があります。

毛根内の細胞の分裂強化や血流の改善は、発毛や育毛に欠かせないこと。抜け毛対策に必要なことです。

次の章では副作用についてお話しましょう。

抗酸化成分が配合された女性用育毛剤の副作用

抗酸化成分が配合された女性用育毛剤の副作用

抜け毛や薄毛の原因となる活性酸素を防ぐ抗酸化成分配合の育毛剤には、副作用があるのでしょうか?

抜け毛や薄毛を改善する力があっても、安全性が確率されていない育毛剤は使いたくありませんよね。

それでは、抗酸化成分配合育毛剤の副作用について解説します。

副作用の心配はない

女性用育毛剤に配合されている抗酸化成分は、天然由来の植物成分がほとんどなので、副作用の心配がありません。

ただし、アレルギー体質の方は何がアレルギー物質になるかわからないので、植物由来成分だから大丈夫と過信せずに気をつけましょう。

また、ほとんどの女性用育毛剤はパッチテスト済み。安全性試験をクリアしています。

副作用が現れやすい時

でも、抗酸化成分配合育毛剤に副作用がないと言っても、生理前や風邪などの体調が悪い時、頭皮に傷がある時などは地肌トラブルが起こります。

こんな時はひりつきや痛み、かゆみなどの副作用が現れやすくなっているので、無理せずに一旦、育毛剤の使用を中止しましょう。

間違った使い方をしていませんか?

また、育毛剤の使い方を間違えると副作用が出ることがあります。

用量や回数を守らずにつけたりすると、刺激になることがあるので気をつけましょう。

時々、旦那さんやお父さんなどが使っている男性用育毛剤を使っている方もいますが、それは危険です。

そもそも、男性と女性では薄毛の原因が違います。

しかも頭皮の厚さや皮脂量、髪の毛の太さなども違うので配合されている成分の種類や濃度、量などが異なっています。

だから、抜け毛改善効果も期待できないし、刺激が強く副作用が出やすいです。

女性の抜け毛対策は、女性専用の育毛剤ですることが鉄則。刺激に弱い女性に合うように開発されています。

このように抗酸化成分配合の育毛剤には副作用の心配がないので、肌が弱い女性でも安心して使えます。

活性酸素は紫外線やストレス、乱れた生活習慣などで増えやすい物質です。心当たりのある方は、抗酸化成分配合の育毛剤を選んでくださいね。

女性用育毛剤に配合されている抗酸化成分

女性用育毛剤に配合されている抗酸化成分

ここでは女性用育毛剤に配合されている抗酸化に優れた成分を紹介します。

抗酸化成分は1つよりも複数配合されているほうが効果があがるので、育毛剤を選ぶ時は成分表を見るようにしてください。

下の表にある成分がいくつも配合されている女性用育毛剤がおすすめです。

成分名その他の作用
ビタミンC血行促進作用
皮脂抑制作用
酢酸DL-α-トコフェロール血行促進作用
抗炎症作用
エイジツエキス保湿作用
細胞活性化作用
サンザシエキス保湿作用
血行促進作用
ローズマリーエキス抗炎症作用
抗菌・殺菌作用
チャエキス抗菌・殺菌作用
抗アレルギー作用
ビワ葉エキス男性ホルモン抑制作用
抗アレルギー作用
大豆(ダイズ)エキス女性ホルモン様作用
保湿作用
ニンジンエキス血行促進作用
細胞活性化作用
シャクヤクエキス血行促進作用
抗炎症作用

ビタミンC

髪の毛を作るたんぱく質の主成分コラーゲンの生成に欠かせないビタミンです。

コラーゲンが作られることで頭皮が柔らかくなったり、毛細血管が強くなって血流が良くなったりします。

人間にとって必要なビタミンなので副作用の心配がありません。

酢酸DL-α-トコフェロール

抗酸化作用に優れたビタミンEの誘導体で育毛剤の有効成分です。

安全性が高く基礎化粧品にも配合されています。

エイジツエキス

バラ科の植物の果実から抽出された成分です。

抗酸化作用の高いタンニンやリコピンなどが含まれています。

抗アレルギーの発生を抑える効果もあるので副作用の心配が少ないエキスです。

サンザシエキス

サンザシは昔から生薬として用いられてきた植物です。

赤い果実から抽出されたエキスには、抗酸化作用に優れたポリフェノール類(カテキン・クロロゲン酸・アントシアニンなど)が含まれています。

また、髪の毛の成長に欠かせないビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、抜け毛ケアに欠かせない成分のひとつです。

ローズマリーエキス

ハーブとして有名なローズマリーから抽出されたエキスです。

抗酸化作用が強いので『若返り成分』として、アンチエイジング基礎化粧品などにも配合されています。

チャエキス

昔から日本人に愛されているお茶のエキスには、抗酸化作用のある渋み成分のカテキンやビタミンCなどが含まれています。

また、髪の毛の主成分(たんぱく質)の元であるアミノ酸も含まれているので、育毛効果抜群の成分です。

副作用の心配が少なく、敏感肌用の基礎化粧品にも配合されています。

ビワ葉エキス

発毛促進物質のFGF-7を増やす作用と、脱毛促進物質のFGF-5を抑制する作用がある強力育毛成分です。

抗酸化作用に優れたサポニンやタンニン、クエン酸などが含まれています。

最近ではビワ葉茶が流行っていて、ノンカフェインなので人気が高く、赤ちゃんからお年寄りまで楽しめるお茶です。

大豆(ダイズ)エキス

大豆エキスに含まれているイソフラボンには、女性ホルモンと似た働きをする作用と、活性酸素を抑制する作用があります。

そのため、女性ホルモンのバランスが乱れて起こる更年期や加齢による薄毛、産後の抜け毛(分娩後脱毛症)、ストレスによる脱毛などに効果的な成分です。

副作用については心配ありません。ただ大豆アレルギーがある方は使用しないようにしましょう。

ニンジンエキス

滋養強壮の漢方として人気の高い高麗人参(オタネニンジン)から抽出されたエキスです。

抗酸化作用の他にも血行促進作用や抗炎症作用、細胞活性化作用などを持つ優秀有効成分で、女性用育毛剤に欠かせません。

もちろん副作用の心配がない安全な成分です。

シャクヤクエキス

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』でも有名なシャクヤクの根っこから抽出された成分です。

メラニン抑制効果があるので美白化粧品にも配合されています。

まとめ

活性酸素は薄毛を引き起こす直接的な原因ではありませんが、間接的な要因のひとつです。

ですから、活性酸素を増やさない抗酸化成分は、女性の薄毛ケアに必要な成分。育毛剤を選ぶ時は配合されているか確認してください。