産後の抜け毛を改善する副作用のない女性用育毛剤とは?分娩後脱毛症の原因を解説

産後の抜け毛を改善する副作用のない女性用育毛剤とは?分娩後脱毛症の原因を解説

出産を経験した女性の半数以上が悩む産後の薄毛。

頭皮が透けて見えたり、前髪の量が減ったり、抜け毛の量がすごいとショックで外に出るのも嫌になりますよね。

じつは、このような出産後に起こる薄毛を『分娩後脱毛症』と言います。

『脱毛症』と聞くと、病的な薄毛、治りにくい薄毛と感じますが、分娩後脱毛症は『自然に治る薄毛』です。

ですから、そのままにしていても時期が来たら治ります。しかし、少しでも早く元の状態に戻したい場合は、セルフケアが効果的でとくに育毛剤が最適です。

今回は産後の抜け毛が起こる理由や改善方法、産後(授乳中)でも安心して使える副作用の心配がない女性用育毛剤についてお話します。

産後の抜け毛が起こる理由(分娩後脱毛症の原因)

こんにちは。毛髪診断士のAYAKOです。

産後の抜け毛は、私も経験しましたが、つらいですよね…。

1人目の時は『ちょっと、抜け毛が多いな』くらいだったのに、2人目を産んだら分け目が目立って、前髪が薄くなって、外に行くときは帽子が手放せませんでした。

あの時は『育児疲れ』で薄毛になったと思っていましたが、産後の抜け毛には、きちんとした理由があるんです。

そこで、まずは出産後に抜け毛が増える理由、分娩後脱毛症の原因を解説します。

  • 女性ホルモンのバランス変化
  • 肉体的ストレス
  • 精神的ストレス

それでは、1つずつ見ていきましょう。

女性ホルモンのバランス変化

1つ目は女性ホルモンの急激な変化です。

女性ホルモンは、妊娠すると赤ちゃんを守るために増え、28週目以降(8ヶ月目以降)になると胎盤からも分泌されるようになります。

女性ホルモンは、妊娠すると赤ちゃんを守るために増え、28週目以降(8ヶ月目以降)になると胎盤からも分泌されるようになります。

妊娠を継続するために必要不可欠な女性ホルモンですが、じつは髪の毛を太く、抜けにくくする作用もあるんです。

ですから、一般的に妊娠中は抜け毛が減って、髪の毛が豊富な時期。毛の成長が維持されている状態です。

だから、今まで目立たなかったお腹の産毛が濃くなったり、足やワキなどのムダ毛が太くなったりしませんでしたか?

しかし、出産すると女性ホルモンの分泌量は、急激に減って妊娠前に戻ります。

そのため、それまで女性ホルモンの作用で維持されていた太い毛は細くなり、どんどん抜け落ちてしまうのです。

肉体的ストレス

2つ目は肉体的なストレスです。

産後の女性ホルモン分泌量低下は、ストレスでさらに悪化します。

産後のストレスとは、肉体的なものと精神的なものの2つ。まずは肉体的なストレスについて見てみましょう。

子育て

赤ちゃんを育てることは、とても幸せです。でも、肉体的ストレスの原因でもあります。

生まれたばかりの赤ちゃんは約3キロ。とても小さく軽いのですが、1日中抱っこしていると、さすがに疲れますよね。

とくに最初は3時間おきの授乳。ミルクやおっぱいを飲ませ、寝かしつけたと思ったら、すぐに次の授乳時間です。

また、抱っこが大好きな赤ちゃんは、お布団に置いた途端に泣いてしまうので、ずっと抱いてないとダメだったりします。

すると腕や腰、首などが痛くなり、それが蓄積されることで肉体的ストレスとなります。

睡眠

赤ちゃんが生まれることによって一番変化する睡眠リズム。赤ちゃんのお世話だけではなく、家事もしようと頑張ると、どうしても寝不足になります。

人間の体は眠ることで回復や修復するようになっているので、睡眠が十分取れないと、疲れやすく、だるさがいつまでも残ります。

また、髪の毛が一番成長するのも睡眠中。眠っている間に髪の毛を作り出す毛母細胞が活発に分裂するので、寝不足が続くと細く抜けやすい毛が増加。分娩後脱毛症が進行します。

食事

赤ちゃんのこと、家のことをしていると、自分のご飯は後回しになりがち。しかも昼間は忙しいので、カップラーメンや菓子パンでいいか、となっていませんか?

また、産後ダイエットで炭水化物を抜いたり、低カロリーの食べ物ばかり摂ったりするのも栄養不足になってしまうので危険です。

子育ては体力勝負。しっかりとした食事を摂らないと体力不足で体が持ちません。

しかも、髪の毛を作るには色々な栄養素が必要です。しかし、口から入った栄養素は生きるために重要な部分に優先的に送られ、髪の毛や頭皮に届くのは最後になります。

そのため、バランスの悪い偏った食事を続けると、産後の抜け毛がひどくなり、地肌が透けて見えるようになることも…。

食べることは、育児にも体にも髪の毛にも必要なことなんです。

精神的ストレス

そして3つ目が精神的なストレスです。

精神的なストレスが溜まると、自律神経のバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌量が低下します。

これは、自律神経のバランスと女性ホルモンの分泌量をコントロールしている場所が同じ脳の視床下部だからです。

これは、自律神経のバランスと女性ホルモンの分泌量をコントロールしている場所が同じ脳の視床下部だからです。

子育てへの不安

赤ちゃんを育てる不安。出産したママのすべてが感じることです。

どうして泣いているの?なんで泣き止んでくれないの?なかなか体重が増えない。おっぱいを飲んでくれない。などなど毎日、不安で仕方ないと思います。

でも、そんなに考え込まないで、もう少し肩の力を抜いてみましょう。子育てに完璧なんてありません。赤ちゃんと一緒に成長すればいいんです。

子育ての不安は、すぐにはなくなりませんが、少し見方を変えるだけで精神的ストレスがグッと減りますよ。

パパへの不満

子育てはパパの協力がないと上手くいきません。

でも、仕事が忙しかったりすると『寝ているわが子の顔を見るだけ』なんてこともありますよね。

でも、ママとしては『子育ても家事も頑張っているのに。私ばっかり』と不満が溜まり、イライラして文句のひとつも言いたくなるでしょう。

そんな時は、まず冷静になって夫婦で話し合い。感情的にならずママの気持ちを話してみてください。

あとは、パパに絶対やってもらいたいことを1つか2つ決めるのもおすすめです。

うちでは『沐浴はパパの仕事』と紙に書いて冷蔵庫に貼りました。すると、沐浴期間の約1か月は飲み会にも行かず、まっすぐ帰宅してくれましたよ。

その後も色々と仕事を決めて実行してもらいました。

義両親への不満

孫の誕生を喜んでくれる義両親は、とてもありがたいですよね。

でも、孫フィーバーで頻繁に家に来られたり、おもちゃや洋服をいっぱい送ってくれたり、お宮参りなどのイベントを勝手に仕切ったりされたりすると、なんだか不満が溜まります。

でも、嫁の立場から何か言うと角が立つので、ここはパパに頑張ってもらいましょう。義両親と良い関係を築くことは、精神的にすごく楽になります。

このように産後の抜け毛は、出産による女性ホルモンの分泌量低下が原因となり、ストレスで悪化します。

しかし、分娩後脱毛症は治る薄毛なので、セルフケアをうまく取り入れて、少しでも早い改善を目指しましょう。

そこで、次の章ではセルフケアの中でも一番効果的な女性用育毛剤を紹介します。

産後に使える育毛剤を選ぶポイント

産後の抜け毛に育毛剤を使う場合、一番に考えることは赤ちゃんへの副作用。薄毛改善効果が高いだけでは選べませんよね。

ですから、産後の育毛剤選びには次の3つのポイントが重要になります。

  • 無添加
  • 有効成分
  • 配合成分

では、1つずつ詳しく説明しましょう。

無添加

まず、1つ目のポイントは無添加です。

産後の薄毛である分娩後脱毛症には、無添加の育毛剤を選ぶことが鉄則になります。

とくに合成された香料や着色料は、刺激が強く産後の頭皮には危険です。また、防腐剤のパラベンや石油から作られる鉱物油や界面活性剤は避けるべき成分です。

無添加育毛剤と言うと、刺激物質が一切配合されていない商品と思いがちですが、それは違います。1つでも刺激物質が含まれていなければ無添加と表示できるんです。

ですから、産後に使う育毛剤を選ぶ時には、どの刺激物質が無添加なのか確認することがポイントになります。

有効成分

2つ目のポイントは配合されている有効成分です。

育毛剤の有効成分とは、厚生労働省が抜け毛の予防や発毛の促進に効果があると認めたものになります。

女性用育毛剤に使われる有効成分

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸トコフェロール
  • ニンジンエキス
  • セファランチン
  • ニコチン酸アミド
  • パントテニルエチルエーテル

最低でも3つの有効成分配合の育毛剤を選びましょう。

有効成分が複数集まることで相乗効果が高まり、産後の抜け毛をしっかりと防ぎ、薄毛を改善してくれます。

配合成分

3つ目のポイントは有効成分以外の配合成分です。

女性用育毛剤には、有効成分以外の成分(その他の成分)も配合されていて、多くが天然植物由来のエキスです。

それぞれの成分には色々な作用がありますが、分娩後脱毛症に効果があるのは、女性ホルモンと似た働きをする女性ホルモン様成分、頭皮に潤いを与える保湿成分、血液の流れを良くする血行促進成分です。

産後の抜け毛に効果のある成分

女性ホルモン様成分
ヒオウギエキス・大豆エキス・イザヨイバラエキス・ボタンエキス・ホップエキス
保湿成分
海藻エキス・シナノキエキス・ヒキオコシエキス・ヒアルロン酸・トウキエキス
血行促進成分
センブリエキス・ビワ葉エキス・セファランチン・イチョウ葉エキス・クララエキス

このように3つのポイントを押さえることで、赤ちゃんに影響のない女性用育毛剤が選べ、産後の抜け毛を安心して改善することができます。

次の章では育毛剤以外の改善方法を解説します。

育毛剤以外の改善方法

産後の抜け毛を治すのに効果的なセルフケア。育毛剤以外にも色々とあり、同時に行うことで薄毛改善効率がアップします。

分娩後脱毛症は女性ホルモンの分泌量低下とストレスが原因の薄毛。この2つの原因を取り除くセルフケアを紹介します。

女性ホルモンの分泌を促す

産後に女性ホルモンが減ってしまうのは仕方がないことです。

しかし、この時期にきちんと女性ホルモンの分泌を促せば、大量の抜け毛や前髪の減少を回避することができます。

イソフラボンとボロンを摂る

女性ホルモンの分泌を促す簡単な方法は、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを摂取することです。

大豆に多く含まれるイソフラボン。お豆腐や納豆など、そのまま食べられる食品で摂れるので手軽ですよね。

また色々なアレンジをしやすいので、ちょっと手を加えれば、おかずの一品になりますね。

そして、女性ホルモンの分泌を活発にするボロン(ホウ素)と言う、ちょっと聞き慣れないミネラルを摂るのもおすすめです。

ボロンはキャベツやアーモンドなどに含まれている栄養素。最近ではバストアップに効果があるとして話題になっています。

ただし、加熱すると効果がなくなってしまうので、キャベツは生のまま頂きましょう。アーモンドは1日20粒くらいが適量です。

1日5分のスクワット

1日たった5分、軽い筋トレをすることで女性ホルモンの元となる若返りホルモン『DHEA』が分泌されます。

とくに下半身の筋肉を動かす運動が効果的なので、ゆっくりと行うスクワットがおすすめです。

スクワットの正しいやり方【All About 公式 YouTube チャンネル】

また、ステップ台(踏み台)を使った昇り降りをくり返す有酸素運動も取り入れると、よりDHEAの分泌が活発になります。

骨盤の歪み、緩みを矯正

分娩時に開く骨盤は、産後になると自然に閉じます。

しかし、きちんとケアしないと歪んだり、緩んだままになり、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能が低下。女性ホルモンの分泌量が落ちます。

骨盤体操やストレッチ、ガードルやベルトを使って矯正するようにしましょう。

骨盤体操のやり方①

  • 1・足を肩幅に開いて、ひざは外側に向くようにします。両手は腰に。

  • 2・背筋を伸ばして息を吐きながら、腰をできるだけ下げます。

  • 3・次に息を吸いながら腰をゆっくりと上げ、最後はつま先立ち。かかとを着地させてワンセットになります。(10回程くり返しましょう)

骨盤矯正スクワット

引用元:http://milton.jp/cp/

骨盤体操のやり方②

  • 1・足を肩幅に開いて両手は腰に。

  • 2・フラフープをまわす感じで、腰をゆっくり右に30回グルグルします。

  • 3・左も同じように30回まわします。(朝と寝る前に行うと効果的)

骨盤回しエクササイズ

引用元:http://milton.jp/cp/

ストレス軽減

次にストレスを減らすこともとても大事なことです。産後は頑張りすぎるとストレス度合いが上がるので、手を抜くことも大事ですよ。

睡眠

産後のママは寝不足が当たり前ですから、少しでも眠れる時は思い切って寝ちゃいましょう。

家事は後回しにしてもいいんだ!と自分に言い聞かせて、赤ちゃんの隣で寝るのもいいし、ソファでゴロンとなるのもありです。

私の場合、産後の掃除は週に1回、日曜日にしました。赤ちゃんをパパに見てもらい、ササッと掃除をしてお昼寝をする。これだけでも、すごいストレス発散になりましたよ。

食事

献立を考えて、スーパーに行って、料理を作る。この一連の作業がストレスになりますよね。

とくに赤ちゃんを連れての買い物は時間との戦いだし、重い物は買いたくない。できることなら行きたくありません。

そこで食材の宅配サービスに頼ってしまう方法があります。

献立を考えないでいいし、もちろん買い物の必要もありません。しかも、種類が豊富で簡単な調理だけで食べられます。

私も産後2か月ほど利用しましたが、とっても楽でした。

コスパ的には少し高め?程度だったので気にならなかったし、栄養満点だし、食材を無駄にすることもなくよかったです。

日常的に飲んだり食べたりする物は、日曜日にパパと買い出しに行っていたので、この時期に不便さを感じたことはなかったです。

息抜き

ストレス発散には息抜きが一番効果的!パパに赤ちゃんを任せて自分の時間を作りましょう。もし、パパが協力してくれないなら、実家や義両親に頼ることも大切です。

お友達とお茶したり、ゆっくり美容室に行ったり、1人で映画を観るのもいいですよね。

また、好きなDVDを借りてきて、おっぱいやミルクを飲ませながら鑑賞したり、少し高めの入浴剤を買ってゆっくりお風呂に入ったりするのもプチ息抜きになります。

母は強し!深く考えない

小さくて愛しいわが子。しっかりと育てなくては!と思う気持ち、すごくわかります。

でも、ママが不安になったり、悩んだりしたら、赤ちゃんだって悲しいはず。いつも笑顔のママがいいと思います。

ですから、ちょっとしたことは気にしない!

部屋が汚れていても大丈夫。赤ちゃんが泣くのは仕事。体重が増えないのは、ゆっくり成長したいだけ。なんて考えられるようになるとストレスも少しは軽減されます。

でも、もし辛くなったら無料の子育て相談に電話するのもおすすめです。私も1回掛けたことがあるのですが、とても気持ちが楽になりました。

このように産後の抜け毛を減らすには、女性ホルモンの分泌を促進して、ストレスを減らすことです。

産後の抜け毛はいつからいつまで

最後に産後の抜け毛が起こる期間いついてお話します。

産後2か月~3か月で始まる抜け毛

分娩後脱毛症は、大体産後2か月~3か月ごろに始まります。

産後、女性ホルモンの分泌量は急激に低下しますが、すぐに抜け毛が発生するわけではありません。

髪の毛には生え変わるサイクル(毛周期)があって、産後の抜け毛は、成長期にあった髪の毛が一気に休止期に移行することで発症します。

髪の毛には生え変わるサイクル(毛周期)があって、産後の抜け毛は、成長期にあった髪の毛が一気に休止期に移行することで発症します。

そして、成長期から休止期に移行するまでの期間が大体3か月前後です。

産後半年~1年で落ち着く薄毛

分娩後脱毛症が治る時期は、早い人で半年~多くは1年くらいです。女性ホルモンの分泌量やストレスなどによって、個人差があります。

ですから治るまでには、ある程度の時間が必要になるので、諦めないでケアを続けることが大切です。

1年以上続いたら病院を受診

もし、産後の抜け毛が1年以上続いたら、病気などの原因が隠れていることがあるので病院へ行くことをおすすめします。

まずは出産をした産院へ相談に行って、皮膚科などの病因を紹介してもらうといいです。

まとめ

産後の抜け毛は治る薄毛ですが、改善までに時間が掛かることがあるので、少しでも早く元に戻したい時はセルフケアがおすすめです。

とくに育毛剤は分娩後脱毛症に有効なので、自分に合った商品を見つけることができれば、素早い改善が期待できますよ。