毛髪診断士が選ぶ女性用育毛剤ランキング!人気のおすすめ育毛剤徹底比較

毛髪診断士おすすめ!本当に効果を実感できる人気女性用育毛剤ランキング 『抜け毛が気になる』『薄毛をなんとかしたい』という女性は年々増えてきています。それに伴い女性用の育毛剤もたくさん発売されるようになりました。 でも、いざ使おうと思って探してみると…色々あり過ぎてどれを選べばいいのかわからない…。こんな経験ありますよね。 そして、『どの育毛剤が自分に合っているの?』『本当に効果はあるの?』『副作用は大丈夫?』と疑問や不安が出てきます。 そこで毛髪診断士である管理人が、本当に効果を実感できる女性用育毛剤をランキング形式で紹介します。 また、女性用育毛剤の選び方や育毛剤の効果的な使い方なども紹介するので参考にしてください。

ランキングをすぐに確認する

女性用育毛剤の正しい選び方

まず、女性用育毛剤の正しい選び方を紹介します。ポイントは次の5つです。 それでは早速、それぞれを詳しく説明しましょう。

分類は医薬部外品

まず1つ目のポイントは、『医薬部外品の育毛剤を選ぶ』です。 女性用育毛剤は法律によって医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類されます。それぞれ効果や副作用などが違うので説明しますね。

医薬品の育毛剤とは?

  • 厚生労働省が認めた効果の高い有効成分が配合されている
  • 主に治療が目的の薬
  • 医師の処方、または薬剤師の説明を受けてからの購入が基本
  • 副作用が強く表れる可能性がある
  • 使用を止めるとリバウンドで薄毛が進行することも
このように医薬品の育毛剤は薬として扱われています。 そのため、抜け毛や薄毛の改善効果が高く、薄毛治療のガイドラインでも推奨されています。 しかし効果が高い分、副作用が表れやすい特徴も…。 とくに女性は男性よりも皮脂量が少ないため成分の刺激を受けやすく、頭皮に赤みやかゆみが出やすいです。 また、医薬品の育毛剤は一度使うと使い続けなければいけません。これは使用を止めると薬の効果が切れて髪の毛が元の状態に戻るから。 しかも、リバウンドがひどいと薄毛が進行することもあるので注意が必要です。

医薬部外品の育毛剤とは?

  • 厚生労働省が認めた効果の穏やか有効成分が一定の濃度で配合されている
  • 抜け毛や脱毛の防止、育毛や発毛の促進が目的
  • 販売に制限がないためネットや薬局、ドラッグストアなどで購入可能
  • 副作用の心配がほとんどない
  • 薬用の表示が認められている
女性用育毛剤の多くが医薬部外品です。抜け毛や薄毛を穏やかに改善して、副作用の心配がほとんどありません。 ですから、肌が弱い敏感肌の女性でも安心して使えます。しかも、妊娠中や産後、授乳中でも使用できるほど安全です。 また、薬ではないので医師の処方も要らず、どこででも購入が可能。 そのため、ドラッグストアなどの対面販売が苦手な女性や誰かに見られたら恥ずかしい方は、ネットで購入できるのでおすすめです。 しかも、ネットなら24時間いつでも買えます。だから、忙しい女性でも時間を気にせず選べるのがいいですね。

化粧品の育毛剤とは?

  • 有効成分が入っていない
  • 発毛や育毛に関する効果・効能をアピールすることが認められていない
  • 医薬部外品よりもさらに効果が穏やか
  • 頭皮や髪の毛を健やかに保つことが目的
化粧品に分類される育毛剤には有効成分が配合されていません。そのため、育毛効果はあまり期待できません。 おもに髪の毛を美しくしたり頭皮を清潔にします。ですから、ヘアエッセンスなどのヘアケア用品に近い感じですね。 このように女性用育毛剤は3つに分類されています。 それぞれの効果や副作用、そして女性の肌質などを考えると医薬部外品の育毛剤が一番おすすめです。 ですから、女性用育毛剤を選ぶ1つ目のポイントは『医薬部外品であるか確認する』ことです。 では次に2つ目のポイントを説明します。

刺激の少ない無添加育毛剤

2つ目のポイントは『無添加の育毛剤を選ぶ』です。 女性用育毛剤には色々な成分が配合されています。なかには刺激の強い添加物(化学成分)が入っている商品もあるので要注意。 とくに次の3つの添加物は頭皮や毛穴の負担になるので気をつけてくださいね。

髪の毛や頭皮に良くない3つの添加物

  • 合成界面活性剤(石油系)
  • パラベン
  • 着色料

合成界面活性剤(石油系)

髪の毛や頭皮への影響
  • 必要な皮脂を取ってしまうので頭皮や髪の毛のバリア機能が低下する
  • 頭皮の角質層や髪の内部に入り込み細胞の保護膜を破壊する
  • 残留しやすくきちんと洗っても頭皮や髪に残りやすい
  • 髪や頭皮の主成分であるタンパク質の構造を変える(たんぱく質変性作用)
体への影響
  • 肝臓障害の原因になることもある
  • がんを引き起こす可能性がある
合成界面活性剤は混ざりにくい油溶性の成分と水溶性の成分を混ぜ合わせる添加物です。2つの成分を混ぜ合わせることで効果や安定性を高めます。 しかし、髪の毛や頭皮に対する浸透性や残留性が強いため、抜け毛や頭皮トラブルを引き起こしやすい成分です。 また、髪の毛や頭皮の主成分であるたんぱく質を壊してしまうので、細毛や軟毛が増えます。

パラベン

髪の毛や頭皮への影響
  • アレルギーや皮膚トラブルを起こす可能性がある指定成分
  • 種類によっては毒性(頭皮への刺激)が強い
体への影響
  • 発ガン性物質の可能性がある
  • アスピリン喘息の誘発物質
パラベンは防腐剤として基礎化粧品などにも配合されている添加物です。少量でも菌の増殖を抑える力があります。 しかし、アレルギーや皮膚トラブルを起こす可能性が高い『旧表示指定成分』に含まれている添加物です。 また、パラベンにはいくつか種類があり、防腐剤として効果が高いものは頭皮への刺激が強くなります。 そのため頭皮の荒れやただれ、毛穴の炎症などが起こり髪の毛が抜けやすくなります。

着色料

髪の毛や頭皮への影響
  • アレルギーや皮膚トラブルを起こす可能性がある指定成分
  • 赤血球が減って髪の毛に栄養が届かない
  • 細胞や遺伝子を傷つける
体への影響
  • 発ガン性物質として確認されている種類もある
  • 胎児への安全性がはっきりしない
着色料には石油や鉱物から作られる合成着色料と植物などから作られる天然着色料があります。食品や化粧品など様々なものに配合されている添加物です。 しかし、頭皮の刺激となる『旧表示指定成分』に含まれています。 しかも、細胞や遺伝子を傷つける着色料もあり、髪の毛を作り出す毛母細胞や発毛促進遺伝子に影響が出ることも考えられます。 また、海外で禁止されている着色料が日本で使われていることもあるので、安全性に疑問が残る成分です。 このように『合成界面活性剤』『パラベン』『着色料』は、頭皮の荒れや炎症を引き起こし、抜け毛や細毛を増やします。 しかも、薄毛を進行させる添加物は他にも色々とあるので気をつけなければいけません。 そこで、女性用育毛剤を選ぶ時の2つ目のポイントは『無添加の育毛剤を選ぶこと』。 私たち女性はホルモンの影響で肌が敏感になったり乾燥しがち。ですから、頭皮や髪の毛に優しい無添加の育毛剤を使うようにしましょうね。 次に3つ目のポイントを説明します。

内容成分をチェックする

3つ目のポイントは『効果のある成分が配合されているか確認する』です。 女性用育毛剤には保湿成分や血行促進成分、細胞活性化成分などが配合されています。 ですから、頭皮の乾燥が気になる薄毛の女性なら保湿効果の高い育毛剤を選ぶことが大切ですし、加齢による脱毛なら細胞活性化成分配合の育毛剤がおすすめです。 このように髪の毛や頭皮の状態に合った成分が入っている育毛剤を選ぶと、発毛のスピードが速くなり髪の毛は太く成長します。 そこで女性用育毛剤に配合されている有効成分とその他の成分について少し説明します。

女性用育毛剤に入っている効果の高い有効成分

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸dl-α-トコフェロール
センブリエキス
女性用育毛剤のほとんどに配合されているセンブリエキス。血行促進作用の高い有効成分です。 髪の毛は血液中の栄養素や酸素などを元に成長します。 ですから、センブリエキス配合の育毛剤を使うと頭皮の血流が良くなって栄養がしっかりと毛根まで届き、髪の毛は太くなります。 また、センブリエキスは天然植物由来の成分なので、頭皮や毛穴への刺激が少なく敏感肌や乾燥肌の女性でも安心して使える成分です。
グリチルリチン酸ジカリウム
グリチルリチン酸ジカリウムは、頭皮や毛穴の炎症やアレルギーを抑える作用があります。また、頭皮の雑菌を増やさない効果もある成分です。 女性の髪の毛は、頭皮や毛穴の状態によって太さや抜けやすさが変わります。ですから、強くてしっかりとした髪の毛を生やすには頭皮や毛穴を健やかに保つことが必須。 そのため、グリチルリチン酸ジカリウム配合の育毛剤を使うと健康な髪の毛が生えやすくなり、抜け毛が減ります。 また、皮膚科の治療でも使われている成分なので効果の高さは実証済みです。
酢酸dl-α-トコフェロール
酢酸dl-α-トコフェロールはビタミンEの誘導体で頭皮への刺激が少ない水溶性成分。抗酸化作用と血行促進作用に優れています。 髪の毛は細胞分裂を繰り返すことで太く長く伸びていきます。 しかし、紫外線を浴びると髪の毛を作る毛母細胞は傷ついて分裂スピードが遅くなります。そのため、髪の毛は細くなって短毛が増えるのです。 ですから、酢酸dl-α-トコフェロール配合の育毛剤で発毛に欠かせない細胞の酸化を抑えることが大切です。 このように脱毛予防や発毛促進効果がある有効成分は他にも色々とあります。別の記事で紹介しているので参考にしてください。 また、有効成分以外でも効果の高い成分があるので紹介します。

女性用育毛剤に入っている効果の高いその他の成分

  • 大豆(ダイズ)エキス
  • 海藻エキス
  • ビワ葉エキス
大豆(ダイズ)エキス
女性ホルモンのバランスを整える大豆エキス。 女性ホルモンには髪の毛を太くして、抜けにくくする効果があります。そのため、女性ホルモンのバランスが乱れると髪の毛が細くなり抜け毛が増えます。 ですから、女性ホルモンと同じような作用があるダイズエキスは多くの女性用育毛剤に配合されています。
海藻エキス
海藻エキスは保湿効果に優れた成分です。また、髪の毛の成長に欠かせない細胞の働きを活発にする作用があります。 頭皮内の水分量が少なくなると、かゆみやフケなどが出てきます。また、乾燥を防ごうと皮脂が必要以上に分泌されることも。 女性の場合、生理周期や加齢などで頭皮が乾燥してしまうので保湿効果の高い海藻エキス配合の育毛剤がおすすめです。
ビワ葉エキス
ビワ葉エキスには脱毛因子の発生を抑えて、発毛因子を増やす効果があります。また、血液をきれいにしたり増やしたりする作用も確認されています。 ですから、抜け毛の予防や育毛の促進はもちろん、毛母細胞に栄養素を送る力も高いので女性用だけではなく男性用の育毛剤にも多く配合されている成分です。 このように有効成分以外の成分にも髪の毛を強くしたり抜けにくくする働きがあります。 しかも女性用育毛剤に配合されている有効成分とその他の成分は、基礎化粧品などにも配合されている安全性の高い成分ばかりです。 ただ、自分の頭皮や髪の毛の状態に合う成分が入っているかどうかは確認するまでわかりません。 そのため、肌が弱い敏感肌や乾燥肌の女性は刺激の強い成分が入っていないかしっかりチェックすることが大事。肌質に合わない成分は抜け毛を増やします。 そこで3つ目のポイントは『内容成分をチェックすること』。自分の使う育毛剤の成分を知ることは大切です。 それでは次に4つ目のポイントを解説します。

コスパも大切

4つ目のポイントは『お財布に優しい育毛剤を選ぶ』です。 じつは育毛剤に即効性はありません。ある程度、継続して使わなければ改善効果が実感できないのです。 女性用育毛剤の多くが『1ヶ月で1本を使い切る』形になっているので、高額な育毛剤を買うと長く使い続けることが難しくなります。 そこで育毛剤のコスパについて少し考えてみました。

育毛剤の使用は半年間が目安

まず、育毛剤は継続使用しないと効果を実感できません。大体、6か月使うと『髪の毛が太くなった』『抜け毛が減った』と感じます。 私たちの髪の毛は一定のサイクルによって生えたり抜けたりします。 このヘアサイクルには3つの段階があるので説明しますね。 まず、髪の毛を作る毛母細胞が活発に分裂している成長期。この期間の髪の毛はどんどん太くなって伸びていきます。 次に毛母細胞の分裂が衰えて髪の毛の成長が止まる退行期。 最後は髪の毛が抜け落ちて、次の髪の毛が生えるまでの期間、休止期です。 そして、育毛剤は休止期にある『次に生えてくる髪の毛』に働きかけます。ですから、次の髪の毛が生えるまでの3か月~6か月は改善効果が実感できません。 そのため、育毛剤は最低でも半年間使うことが理想とされています。 ですから育毛剤を選ぶ時は半年間、無理なく買える金額のものを選ぶことです。 そこで一番コスパの良い購入方法を教えちゃいますね。

定期購入で買う

女性用育毛剤は薬局やドラッグストア、ネットで買えますが、一番コスパがいいのはネットでの購入です。 それも定期購入ができる女性用育毛剤を買うのがベスト。 なぜなら、定期購入ができる女性用育毛剤は初回の料金がとても安いからです。商品によっては半額以下で買えるものもあります。 また、2回目以降も割引価格で購入できる育毛剤もあるのでお得です。 ただし定期購入には『回数の縛り』があり、数回の継続購入が条件となっています。 でも、育毛剤の効果を実感するには約半年の期間が必要。そのため、最低でも6本の育毛剤を使うことになります。ですから、数回の回数縛りを気にすることはありません。 しかも、回数の縛りがあっても定期購入を止めること(休止・中止)ができます。面倒な手続きがいらず再開も自由。解約するよりも気軽にできるので便利です。 そこで4つ目のポイントは『定期購入できるコスパの良い育毛剤を選ぶ』です。 続けやすい金額の育毛剤を選ぶことで、薄毛改善効果をしっかりと実感できる時期まで気兼ねなく使うことができます。 次は最後のポイントについて説明します。

もしもの時に…返金保証サービス

5つ目のポイントは『返金保証サービスのある育毛剤を選ぶ』です。 女性用育毛剤は地肌に直接つけるアイテムです。頭皮に合わなかったら地肌が赤くなったり、かゆみが出ます。 もし、こうなったら『少ししか使っていないのにもったいないな…』と思いますよね。 そして、そんなときにあったら心強いサービスが『返金保証』です。そこで、返金保証サービスのある育毛剤についてお話します。

市販の育毛剤にはない保証

でも、『育毛剤に返金保証?』と思う方も多いですよね。たしかに薬局やドラッグストアで返金保証付きの育毛剤を見たことがありません。 しかし、ネット通販の女性用育毛剤には返金保証が付いている商品がたくさんあります。 ですから、肌が弱い女性やアレルギー体質の女性は市販の育毛剤よりもネット販売している返金保証付きの育毛剤がおすすめです。 もし肌に合わなくても商品を無駄にすることもなく購入代金も戻ってきます。 ただし、返金保証サービスにはいくつかの注意点があるのでまとめてみました。

返金保証サービスの注意点

  • 返金保証期間
  • 返金保証をするときはまず電話
  • 返金保証をするときに必要なもの
まず、返金保証期間についてです。 返金保証がついている育毛剤の保証期間は、ほとんどが30日間です。ただし、たまに90日間や180日間の長期保証期間を設けているメーカーもあります。 そして保証期間が開始される時期ですが、ほとんどが商品到着日からです。まれに商品購入日から保証期間が始まる育毛剤もあるので注意してください。 次に返金保証制度を使う時ですが、まずコールセンターに電話をします。この時の注意点は時期です。電話をする時期が遅すぎると返金されません。 返金保証がある多くの育毛剤が『次の商品が届く10日~2週間前の電話』が必須。ですから、『保証期間ギリギリに電話すればいいや』と思っていると返金されません。 そして、返金保証サービスを利用するときには必要なものがあります。それは育毛剤のボトル。これはどのメーカーでも返品するように言われます。 あとはメーカーによって様々ですが、育毛剤と一緒に送られてきたチラシや箱、明細書が必要なことも。 ですから、返金保証付きの育毛剤を購入したら全部捨てず残しておくのがベスト。もし、チラシを1枚失くしただけでサービスが利用できなくなったら嫌ですからね。 さて『正しい育毛剤を選ぶ5つのポイント』を紹介しましたが、どうでしたか?
  • 医薬部外品の育毛剤を選ぶ
  • 無添加の育毛剤を選ぶ
  • 効果のある成分が配合されているか確認する
  • お財布に優しい育毛剤を選ぶ
  • 返金保証サービスのある育毛剤を選ぶ
この5つのポイントを抑えることで効果の高い女性用育毛剤を選べるようになります。ちょっとした確認をするだけなので試してみてください。 それでは次の章で、毛髪診断士である管理人が『本当に効果を実感できる女性用育毛剤』をランキングで紹介します。

本当に効果を実感できる人気女性用育毛剤ランキング

マイナチュレ

マイナチュレ

評 価

★5

5

初回価格 定期コース980円(税抜)
送料 無料
内容量 120ml(約1か月分)
返金保証 6か月間(最大6本まで)

鉛筆アイコンおすすめポイント!

  • 敏感肌・産後でも安心して使える無添加育毛剤
  • 毛母細胞のエネルギーになるアミノ酸成分配合
  • 女性用育毛剤最大の6か月間全額返金保証制度
効果・効能 育毛促進、発毛促進、育毛、薄毛、病後・産後の抜け毛、抜け毛の予防、養毛、ふけ、かゆみ
毛髪診断士

マイナチュレは、国際的な品評機関『モンドセレクション』で4年連続金賞を受賞した信頼性の高い育毛剤です。

そのため『世界が認めた高品質の女性用育毛剤』として、テレビや雑誌にも多数取り上げられています。

また、口コミでも評価が高く薄毛に悩む30代、40代、50代女性が『今、一番試したい育毛剤』として人気上昇中。

マイナチュレ

そんなマイナチュレには、厚生労働省が承認した有効成分が3つ配合されています。

『発毛促進』『抜け毛防止』『産後の薄毛』などの効果・効能があるので、最近抜け毛が増えたな…。髪のボリュームが少なくなったな…。と感じる女性の育毛ケアにおすすめです。

しかも、頭皮の状態を整えて髪の毛を太くする天然由来の植物成分配合なので、フケやかゆみを抑えて、毛髪にハリやコシが出ます。

さらに刺激が強い香料や酸化防止剤、石油系界面活性剤などを無添加。そのため副作用の心配が少なく、妊娠中や産後のママさんの抜け毛ケアにも効果的です。

毛髪診断士

ミューノアージュ

ミューノアージュ

評 価

★4.5

4.5

初回価格 今だけ980円(税込)
送料 無料
内容量 60ml(約2週間分)
返金保証 なし

鉛筆アイコンおすすめポイント!

  • 2週間お試しキットで使い心地が確認できる
  • 薄毛を改善する効果の高い成長因子成分配合
  • アルコール無添加だから白髪染めの色落ちなし

ミューノアージュWアプローチヘアプログラムは、最新の育毛治療を行う女性皮膚科医が作ったドクターズ育毛剤です。

加齢による薄毛を頭皮美容液と薬用育毛剤の2本でケアして、細くなった毛を太くします。

毛母細胞の働きを活発にするパントテニルエチルエーテル、女性ホルモンの生成を助ける酢酸DL-α-トコフェロールなど、5つの有効成分が配合された抜け毛改善効果の高い育毛剤です。

ハリモア

ハリモア

評 価

★4

4

初回価格 定期コース3,800円(税抜)
送料 無料
内容量 120ml(約1か月分)
返金保証 30日間

鉛筆アイコンおすすめポイント!

  • 育毛成分と美髪成分が濃密配合
  • エイジングヘアケアが可能
  • 30日間全額返金保証付き

薬用ハリモアは、薄毛対策と美髪ケアが同時にできる女性専用育毛剤です。

女性の抜け毛対策に欠かせない3つの有効成分、髪の毛を美しくするプレミアムツバキオイル、毛髪の主成分ケラチンの元になるアミノ酸を豊富に含んだタケノコエキスなどが贅沢に配合されています。

しかも、頭皮や毛穴の奥に浸透しやすいように『ナノ化(超微細化)』されているので、毛根内の細胞にもしっかりと成分が届きます。

また、パッチテスト・皮膚累積刺激テスト・アレルギーテスト済みだから、敏感な肌質の女性でも安心して使える育毛剤です。

ベルタ

ベルタ

評 価

★3.5

3.5

初回価格 定期便パック1,980円(税抜)
送料 無料
内容量 80ml(約1か月分)
返金保証 20日間

鉛筆アイコンおすすめポイント!

  • 薬用育毛剤ナンバー1の成分配合数
  • 驚異の浸透力!ナノ化された32成分
  • 20日間の返金保証制度

ベルタの最大ポイントは、なんといっても配合成分の多さ。

育毛・頭皮ケア成分が56種類も入っているので、薄毛ケアと頭皮のエイジングケアが同時にできます。

また、主要成分の粒子をナノ化(超微細化)技術で小さくしているので、毛穴の奥までしっかりと栄養が浸透して、抜け毛を抑えて髪の毛を強くします。

しかも、成分の濃密度が高いのでトロリとしたテクスチャーで乾燥した頭皮のフケやかゆみを抑えて、髪の毛が生えやすい状態に整えます。

ですから、加齢などによって頭皮の水分量が減っていると感じる女性におすすめの育毛剤です。

リジュン

リジュン

評 価

★3

3

初回価格 定期コース3,218円(税抜)
送料 無料
内容量 100ml(約1か月分)
返金保証 90日間

鉛筆アイコンおすすめポイント!

  • 72種類のナノ化成分が毛穴の奥まで浸透
  • 美容師も絶賛する本格派育毛剤
  • 特許出願中成分フルボ酸配合

リジュンは、口コミで薄毛改善効果が高いと話題の最新育毛成分フルボ酸とリデンシルが配合されている化粧品タイプの育毛剤です。

とくにリデンシルは、医薬品の育毛剤に使われる有効成分ミノキシジルの2倍以上の発毛効果があると実証されています。

しかも世界最大級の化粧品原料展示会で銀賞を受賞するほどの評価の高い成分です。

ですから、新成分配合のリジュンは薄毛改善までに時間が掛かる頭全体のびまん性脱毛症に効果的な育毛剤です。

しかも、使ってみて満足できなければ全額を返金してくれる保証もあるので、試しやすさ抜群!

だから人気!

マイナチュレが売れるワケ

マイナチュレ

  • 抜け毛改善効果の高い成分配合
  • 試しやすい初回購入価格
  • 敏感肌でも産後でも使える無添加育毛剤

抜け毛改善効果の高い成分配合

マイナチュレの配合成分

女性用育毛剤マイナチュレが多くの女性に支持される一番の理由は、抜け毛改善効果の高い成分が贅沢に配合されているところです。

『育毛剤を使ってみたい』と思った時、気になるのが『抜け毛が減るか』『薄毛が治るか』ですよね。

マイナチュレには、厚生労働省が承認した有効成分を始め、デリケートな女性の頭皮を整えて髪の毛を抜けにくくする天然植物由来の成分が27種類も配合されています。

また、髪の毛の主成分ケラチンを作るアミノ酸や薄毛治療薬ミノキシジルに似た働きをするミツイシ昆布エキスなども入っているので、薄毛改善効果は最高ランク。

ですから、マイナチュレを実際に使った女性の口コミでも『抜け毛の量が減った』『髪の毛が太くなった』と高く評価されています。

試しやすい初回購入価格

マイナチュレが売れる2つ目の理由は、初めて育毛剤を使う方にも試しやすい値段設定です。

女性用育毛剤は決して安いアイテムではありません。とくに有効成分が入っている育毛剤は5,000円以上するものがたくさんあります。

ですから、気軽に『買ってみよう』とは、なかなかなりません。

でも、マイナチュレは初回の購入価格が980円と安く、買いやすさ抜群の育毛剤です。

また、全額返金保証制度があるので、もし頭皮に合わなかったり効果に満足できない場合でも安心。使った後でも、きちんと返金してくれます。

敏感肌でも産後でも使える無添加育毛剤

マイナチュレ

そして3つ目の売れる理由は、マイナチュレが無添加の育毛剤だからです。

女性の頭皮はとてもデリケート。

ですから、刺激の強い化学成分が配合された育毛剤を使うと赤くなったり、荒れたりすることがあります。また、抜け毛がひどくなって薄毛が進行することも…。

そのため、マイナチュレには香料や着色料などの添加物が入っていません。

しかも、無添加成分の数が11種類と多いので、頭皮のバリア機能が弱くなっている敏感肌や産後の女性でも安心して使えます。

このようにマイナチュレは、育毛剤を使いたい女性のことを考えて『効果』『価格』『刺激』にこだわって作られています。

だから、マイナチュレは薄毛に悩む女性が『使ってみたい育毛剤』であり、『一番売れている育毛剤』なのです。

公式サイトを見る

自分に合った育毛剤を見つける方法

この章では自分に合った育毛剤を見つけるにはどうしたらいいのか説明します。 女性の薄毛の原因は、まだ詳しく解明されていません。そのため、一人ひとり原因が違い個人差もあります。 そこで『肌質』『年代』『部位』の違いによって自分に合った育毛剤を見つける方法を説明します。

肌質で探す

まず1つ目は肌質で育毛剤を選ぶ方法です。 頭皮は顔の皮膚と繋がっています。そのため乾燥肌の女性の頭皮は乾燥頭皮です。ですから、肌質で育毛剤を選ぶことも重要になります。 女性の肌は大きく分けて次の5パターン。

普通肌

バランスの良い皮脂量と水分量を保つ普通肌。育毛剤なんてどれでもいいわ。と思っていませんか?

たしかに普通肌の頭皮は健康的。

でも、頭皮は顔の皮膚よりも紫外線を浴びやすい部位。ですから、油断している日焼けや乾燥で肌質が変わることもあります。

そんな普通肌には紫外線などで起こる酸化を防ぐ抗酸化作用と、頭皮や毛穴の水分蒸発を抑える保湿作用の高い女性用育毛剤がおすすめです。

とくにトコフェロールやにんにくエキス、ボタンエキスなどは抗酸化に優れていて、海藻エキス(褐藻エキス)やシア脂、イチョウ葉エキスなどは保湿効果が高い成分です。

普通肌におすすめの育毛剤はこちら!

『リジュン』の詳細を見る

乾燥肌

肌内部の水分量が少ない乾燥肌。 頭皮が乾燥するとかゆみやフケが出ます。またバリア機能が弱くなり、ちょっとした刺激でも頭皮が赤くなることも…。 また、水分が少ない頭皮は固くなります。そのため、血行不良が起こり毛根への栄養補給がしっかりとできなくなって髪の毛の本数が減ります。 ですから、乾燥肌には保湿効果の高い女性用育毛剤がおすすめです。 とくに水分を保つ力があるヒアルロン酸や水分の蒸発を抑えるフコイダンが含まれている海藻エキスなどの入った育毛剤はうるおい効果が高いです。 また、トロミのある女性用育毛剤も保湿力があります。

乾燥肌におすすめの育毛剤はこちら!

『ベルタ』の詳細を見る

敏感肌

ホコリや花粉などのちょっとした刺激にでも反応してしまう敏感肌。 敏感肌の頭皮は水分量、皮脂量が共に少なくなっています。そのため毛根や髪の毛を作る細胞にまで紫外線などの刺激が届き、抜け毛が増えます。 また、女性用育毛剤の成分が刺激となって薄毛が悪化することもあるので注意が必要です。 そこで敏感肌には、無添加で炎症を抑える効果の高い女性用育毛剤がおすすめ。とくにアルコール(エタノール)が配合されていないタイプを選ぶようにしましょう。 昔から抗炎症成分として有名な有効成分グリチルリチン酸ジカリウムや植物成分のダイズエキス、シソ葉エキス配合の育毛剤がぴったりです。

敏感肌におすすめの育毛剤はこちら!

『ミューノアージュ』の詳細を見る

オイリー肌(脂性肌)

過剰な皮脂が原因のオイリー肌。 オイリー肌の頭皮には雑菌のエサとなる皮脂が豊富にあるため、ベタベタしたフケや頭皮ニキビなどが発生しがち。 そのため、毛穴が詰まったり酸化した皮脂が刺激となって毛母細胞を傷つけることがあります。 そんなオイリー肌には、皮脂を抑えて殺菌効果の高い女性用育毛剤がおすすめです。 皮脂の量をコントロールする大豆エキスやグリチルリチン酸ジカリウム、皮脂の酸化を抑えるニンジンエキスなどが入った育毛剤がぴったりです。 また、オイリー肌にはサラサラタイプの育毛剤が使いやすいのでおすすめ。

オイリー肌におすすめの育毛剤はこちら!

『長春毛精(ちょうしゅんもうせい)』の詳細を見る

アトピー肌

強いかゆみを伴う湿疹が繰り返し発生するアトピー肌。 その症状には個人差があり、育毛剤を使う場合は気をつけなければいけません。とくにエタノール系(アルコール系)の成分が入っている育毛剤は危険。アトピーが悪化します。 ですから、エタノール系成分無添加の育毛剤がおすすめ。また、着色料や鉱物油などの化学物質もアトピー肌には良くないので入っていない育毛剤を選びましょう。

アトピー肌におすすめの育毛剤はこちら!

『M-1ミスト』の詳細を見る

このように肌質で育毛剤を選ぶと頭皮や毛穴への刺激が少なくなり、髪の毛の成長がスムーズになります。 では次に年代別で育毛剤を選ぶ方法を説明します。

年代で探す

2つ目の自分に合った育毛剤を選ぶ方法は年代です。 女性の薄毛の原因は年代によっても変わってきます。ですから10代と60代では適した育毛剤も変わります。 そこで、年代別に『どんな育毛剤を選べばいいのか』解説します。

10代

10代でも薄毛になるの?と思いますよね。しかし、中学生や高校生でも『抜け毛の量が増えた』と感じて悩んでいる方はいます。 10代の薄毛は、同じ髪型による毛穴への負担や過剰な皮脂が原因で起こることが多いです。 ですから、髪型の改善はもちろんのこと、髪の毛を作る細胞の活性化や皮脂を抑える成分配合の育毛剤を使ってケアするのがおすすめです。
細胞活性化成分
センブリエキス クララエキス サンザシエキス
皮脂抑制成分
オドリコソウエキス 大豆エキス シャクヤクエキス

10代におすすめの育毛剤はこちら!

『リジュン』の詳細を見る

20代

20代は髪の毛にとって一番いい時期です。ハリやコシがある太い毛がたくさん生える時期。 しかし食生活の乱れや過度なダイエットで栄養の偏りや栄養不足になり、抜け毛が増えることも。 ですから、髪の毛に欠かせないアミノ酸系成分配合の育毛剤がおすすめです。 また副作用の心配が少ない無添加処方のものを選ぶと妊娠中や産後でも使えます。
アミノ酸系成分
アルギニン セリン アラニン リジン グリシン

20代におすすめの育毛剤はこちら!

『マイナチュレ』の詳細を見る

30代

そろそろ老化が気になる30代。もちろん髪の毛も衰え始めます。 しかも仕事や子育てに忙しい年代でストレス性の薄毛に悩んでいる方が多いです。ストレスは頭皮の血液の流れを悪くするので、髪の毛を作る細胞へ栄養が行き渡りません。 ですから、30代の薄毛には血行を促進する成分でしっかりと栄養補給することが大切になります。 また、ストレスによって消費したビタミンやミネラルなどを豊富に含んだ成分配合の育毛剤もおすすめです。
血行促進成分
センブリエキス 酢酸DL-α-トコフェロール アシタバエキス
ミネラルやビタミンが豊富な成分
海藻エキス ウメエキス イザヨイバラエキス

30代におすすめの育毛剤はこちら!

『ベルタ』の詳細を見る

40代

更年期世代の40代は細胞の働きや卵巣機能が衰え始める年代です。そのため髪の毛を太く抜けにくくする女性ホルモンの量も減ってきます。 ですから、40代に入ると抜け毛、細毛、白髪など髪の悩みが一気に増えます。 そんな40代におすすめなのが、細胞を活性化する成分と女性ホルモンと同じような働きをする成分が配合された育毛剤です。 この2つの成分が、加齢で細くなった髪の毛を太くして抜け毛を防ぎます。
細胞活性化成分
センブリエキス オクタペプチド-2 パントテニルエチルエーテル
女性ホルモン様成分
ダイズエキス ニンジンエキス 酢酸DL-α-トコフェロール

40代におすすめの育毛剤はこちら!

『ミューノアージュ』の詳細を見る

50代

50代に入ると生理が来なくなり(閉経)、女性ホルモンの分泌量がごくわずかになります。 そのため、脱毛ホルモンである男性ホルモンが優位になって、つむじや頭頂部から薄毛が広がっていきます。 また、閉経後は頭皮の水分量と皮脂量が一気に少なくなるので、乾燥や毛穴のたるみなどが起こり髪の毛が育ちにくい状態です。 ですから、50代の薄毛を改善するには男性ホルモン抑制効果の高いエイジング育毛剤がおすすめ。
男性ホルモン抑制成分
ダイズエキス ジオウエキス ビワ葉エキス
エイジング成分
プレミアムツバキオイル ニンジンエキス ホホバオイル

50代におすすめの育毛剤はこちら!

『ハリモア』の詳細を見る

60代以上

60代以上の薄毛は老化によるものです。頭だけではなく体全体の毛が薄くなります。 人間にとって自然な現象です。しかし、薄毛の進行には個人差があります。ですから、少しでも薄毛が進まないようにケアすることが大切です。 そんな60代には毛母細胞にしっかりと栄養を送って細胞を活性化する有効成分配合の育毛剤がおすすめです。 また、抗酸化成分配合の育毛剤ならアンチエイジングにも効果的。
血行促進作用で栄養を送る有効成分
センブリエキス ニンジンエキス ニコチン酸アミド
抗酸化成分
ビタミンC プラセンタ ビワ葉エキス

60代におすすめの育毛剤はこちら!

『CA101』の詳細を見る

このように女性の体は年代ごとにホルモンの分泌量が変わり、皮脂や水分の量が変化します。 ですから、年代によって髪の毛の質や太さ、頭皮の状態などが違ってきます。その年代に合った育毛剤を選ぶことで薄毛の改善効果をしっかりと実感できるのです。
では、次に部位ごとに育毛剤を選ぶ方法をお話しします。

部位で探す

3つ目は薄毛が気になる部位ごとに育毛剤を選ぶ方法です。 女性の髪の毛は男性のようにハゲることはありません。頭全体が薄くなる特徴があります。 しかし、その始まりは個人によって違い、分け目が気になる人もいれば前髪が薄くて悩んでいる人もいます。

つむじ(頭頂部)

頭のてっぺん、つむじ周辺の薄毛は血行不良が主な原因です。 頭の上にあるつむじ周辺の毛細血管は元々数が少なく細くなっています。そのため、髪の毛を作るときに必要な栄養や酸素を含んだ血液が十分に届きません。 しかも筋力低下などで血液を送る力が弱まると、頭の隅々まで栄養が回らず抜け毛が増えます。 ですから、つむじや頭頂部の薄毛が気になる女性は、血行促進作用が高い『センブリエキス』や『酢酸DL-α-トコフェロール』などの有効成分が配合された育毛剤がおすすめです。 また『オクタペプチド-2』や『パントテニルエチルエーテル』などの毛根内の細胞を活発にする成分が配合されていると、さらに発毛力がアップします。

つむじや頭頂部の薄毛におすすめの育毛剤はこちら!

『ミューノアージュ』の詳細を見る

分け目

分け目の薄毛は毛根への負担や紫外線の刺激などで起こります。 女性の髪の毛は男性よりも長いため重さがあり、分け目部分に負担が掛かって抜け毛が増えます。 また、分け目部分は地肌が出ているので紫外線の攻撃をダイレクトに受けます。そのため、毛根や細胞が傷つき発毛のスピードがダウンするのです。 ですから、分け目の薄毛を改善するには抗酸化作用のある『酢酸DL-α-トコフェロール』や『サンザシエキス』などの成分が入った育毛剤がおすすめです。 また、細胞活性化作用の高い『センブリエキス』や『コンブエキス』などの成分配合の育毛剤でケアすると髪の毛が太くなります。

分け目の薄毛におすすめの育毛剤はこちら!

『マイナチュレ』の詳細を見る

生え際(前頭部)

生え際の薄毛は血行不良と刺激が主な原因です。 おでこの周辺は毛細血管の数が少ないので血液の流れが悪く、髪の毛を作る細胞に栄養が届きにくくなっています。 そのため、髪の毛が太く成長せずに産毛のような細く軟らかい毛が多く生えています。 また顔の皮膚と頭皮の境目にある髪の毛は毛根が浅い部分にあるので、メイクの洗い残しや前髪を引っ張る髪型などの刺激で抜けることが多いです。 ですから、生え際の薄毛には刺激の少ない無添加の育毛剤がおすすめ。 また、血行促進成分である『センブリエキス』や細胞活性化成分の『ビワ葉エキス』などを配合した育毛剤なら髪の毛を太くするので、おでこの広がりを予防することができます。

生え際や前頭部の薄毛におすすめの育毛剤はこちら!

『ベルタ』の詳細を見る

側頭部や後頭部

耳の上や頭の後ろ部分が薄くなるのは、円形脱毛症や甲状腺などの病気かもしれません。 じつは側頭部や後頭部が薄毛になることはほとんどありません。これは部位的に血管が太く血液中の栄養素や酸素が毛根に届きやすいからです。 ですから、頭の横や後ろの抜け毛が気になったら注意しなければいけません。太い血管の流れが悪くなっている可能性があります。 また、脱毛症や病気による抜け毛は頭皮の状態が悪いと進行しやすいです。 そこで側頭部や後頭部の抜け毛には、血行促進効果の高い低刺激タイプの育毛剤がおすすめです。

側頭部や後頭部による抜け毛に効果的な育毛剤はこちら!

『ルプルプ』の詳細を見る

このように『抜け毛が気になる部位』で育毛剤を探すと、薄毛が全体に広がる前に防ぐことができます。 さて、これで自分に合った育毛剤を選ぶ方法『肌質』『年代』『部位』についての説明は終わります。育毛剤を選ぶ時のヒントにしてくれたらうれしいです。 次の章では『抜け毛の状況による育毛剤の選び方』をお話しします。

こんな時はどんな育毛剤を選ぶべき?

この章では『こんな時に選ぶ育毛剤』についてお話しします。 女性の薄毛は生活リズムや体調が原因となって発症することもあります。次の5つの状況の時に選ぶ育毛剤について説明しますね。 それでは、それぞれを詳しく解説しましょう。

ストレス性の抜け毛

仕事や人間関係、子育てなど女性のストレス原因はたくさんあります。 そして、過度なストレスが引き金となって起こる抜け毛は、さらにストレスとなって女性を苦しめます。 もし、この状況で抜け毛を放置したら…薄毛が進行するので育毛剤でしっかりとケアすることが大切です。 ストレス性の抜け毛は、血行不良とホルモンバランスの乱れが主な原因です。また、ストレスで睡眠不足になったり、過食や拒食などの摂食障害になって薄毛が進行することもあります。 ですから、ストレス性の抜け毛には『血行促進成分』や『男性ホルモン抑制成分』配合の育毛剤がおすすめです。 また、髪の毛に欠かせない『ビタミン系成分』が入った育毛剤でケアするとハリやコシのある髪の毛が生えてきます。

ストレス性の抜け毛におすすめの育毛剤はこちら!

生活習慣の乱れによる抜け毛

生活習慣の乱れとは『食生活の偏り』『睡眠不足』『運動不足』などです。 女性の髪の毛は生活習慣が変化するだけでも抜けやすくなります。 ですから栄養バランスの取れた食事をして、しっかりと寝て、適度な運動を心がけるだけで薄毛が改善することもあります。 しかし生活習慣の乱れが長く続いていたり、抜け毛の量が多かったりすると、なかなか髪の毛は生えてきません。 だから、少しでも髪の毛が生えやすいように育毛剤で栄養を補給して発毛を助けてあげることが大切。 もし、生活習慣の乱れで抜け毛が増えている場合は『細胞活性化成分』や『保湿成分』配合の育毛剤がおすすめです。 また、髪の毛の主成分となるたんぱく質の元『アミノ酸系成分』が入った育毛剤を使うと発毛がスムーズに行われます。

生活習慣の乱れによる抜け毛におすすめの育毛剤はこちら!

『マイナチュレ』の詳細を見る

妊娠中や産後の抜け毛

妊娠中や産後は、髪の毛を太く抜けにくくする女性ホルモンの分泌量が変化するので抜け毛が増えます。 また、妊娠中はつわりなどで満足な食事ができなくなり、産後は赤ちゃんのお世話で睡眠不足になるので髪の毛にまで栄養が届かず細くなります。 でも、この時期の女性は自分のことより赤ちゃんが優先です。 ですから、育毛剤も赤ちゃんのことを考えて副作用の心配がない商品を選ぶことが必須。 おすすめは医薬部外品で『女性ホルモン様作用成分』配合の無添加育毛剤です。また、産後は頭皮が乾燥しやすいので保湿効果の高い育毛剤が効果的。 もし、育毛剤を使うのが心配な場合は医師に相談してくださいね。

妊娠中や産後の抜け毛におすすめの育毛剤はこちら!

更年期による抜け毛

更年期による薄毛は女性ホルモンの量が少なくなって、脱毛促進作用のある男性ホルモンの影響を受けてしまうことで起こります。 また、更年期による自律神経の乱れでストレス過多や寝不足になって血行が悪くなります。 そのため、抜け毛が頭全体に広がり地肌が見えるほどひどくなることが多く、改善に時間が掛かってしまうことも…。 ですから、更年期による薄毛には『女性ホルモン様作用成分』や『男性ホルモン抑制成分』、『抗酸化成分』配合の育毛剤がおすすめです。 また、長期間のケアが必要なので定期購入がある育毛剤がお得。しかも、返金保証サービスがある育毛剤なら、もしも肌に合わなかった時にも安心です。

更年期による抜け毛におすすめの育毛剤はこちら!

髪の毛が細くなった(ハリやコシがなくなった)

髪の毛にハリやコシがなくなった、細毛が増えたと感じる女性もいますよね。そのままにしていると抜け毛が確実に増えるので素早いケアが大切。 髪の毛が細くなったり、軟らかくなる主な原因は栄養不足です。 ですから、成分としての栄養価が高いニンジンエキスやショウキョウエキス配合の育毛剤がおすすめです。 また、髪の毛を作るのに欠かせないアミノ酸系成分やビタミン系成分が入った育毛剤でケアすると徐々に髪の毛が太くなります。

細毛や軟毛におすすめの育毛剤はこちら!

このように女性の髪の毛は、体や生活習慣の状況変化によって抜けやすくなります。 ですから抜け毛の量が増えたなと感じたら、自分が置かれている状況を把握して、その時に合った育毛剤を使うことが大切です。 次の章では女性用育毛剤の効果的な使い方について説明します。

女性用育毛剤の効果的な使い方

この章では、育毛剤の選び方の次の段階である『女性用育毛剤の効果的な使い方』について説明します。 せっかく自分に合った育毛剤を選んでも、使い方次第で効果は半減します。 そこで、この章では3つの効果的な使い方についてお話します。
  • 回数や量は正しく
  • ドライヤーの使い方でより効果的に!
  • 寝る前に使うのが鉄則!
では、それぞれを詳しく解説します。

回数や量は正しく

まず1つ目の効果的な使い方は『回数と量を守る』です。 育毛剤を使う時『薄毛を早く治したい』と思いますよね。そして『育毛剤をたくさんつければすぐに治るかも』と考えます。 でも、それはダメ。 育毛剤を1度に大量に使っても1日に何度も塗っても、すぐに毛が生えることはありません。 逆に頭皮が荒れたり毛穴が赤くなったり、副作用が強く出る可能性があります。 ですから、育毛剤を使う時は説明書に書いてある量と回数を守ってください。 でも、計量スプーンなどを使ってキッチリと量らなくても大丈夫ですよ。あくまでも適量。使い過ぎに注意を心がけてくださいね。

ドライヤーの使い方でより効果的に!

2つ目の効果的な使い方は『ドライヤーの使い方』です。 育毛剤は頭皮が綺麗な状態で使うと効果が上がるので、シャンプー後に使うのが最適。 でも、洗髪後ってドライヤーで髪の毛を乾かしますよね。この時、育毛剤はドライヤー前に使うのがいいのか?後のほうがいいのか?悩みます。 このドライヤーの使い方は育毛剤によって違います。 ここでは人気の10商品はどちらなのか?まとめてみました。

ドライヤーで乾かす前に使う育毛剤

ベルタ 花蘭咲(からんさ) デルメッドヘアエッセンス 長春毛精(ちょうしゅんもうせい) CA101

ドライヤーで乾かしてから使う育毛剤

マイナチュレ ハリモア M-1ミスト ミューノアージュ エンジェルリリアンプラス このようにドライヤーを使うタイミングは2パターンです。 また、育毛剤を付けた後のケア方法にも自然乾燥とドライヤーで乾かすの2パターンがあります。 しかし、頭皮が湿った状態は雑菌などが繁殖しやすいので自然乾燥はオススメできません。 また、濡れた髪の毛はキューティクルがはがれやすくなっています。ですから、育毛剤を塗ったらドライヤーで乾かすほうが髪の毛が傷みません。

寝る前に使うのが鉄則!

3つ目の効果的な使い方は『育毛剤は寝る前に使う』です。 髪の毛は寝ている時に一番成長します。ですから、寝る前に育毛剤で栄養補給すると髪の毛の成長がさらに加速。太くて抜けにくい毛を作り出します。 また、眠り始めの3時間が一番髪の毛を成長させる時間。スムーズに眠りにつけるかで育毛剤の発毛効果が変わります。 ですから、お布団に入ってすぐ寝れるように部屋の明るさやお風呂に入る時間、アルコールやカフェインの摂り方などに注意しましょう。 女性用育毛剤を効果的に使うには『回数や量を守り』『ドライヤーのタイミングに気をつけて』『寝る前に使うこと』です。 たった3つのことをするだけで、女性用育毛剤の薄毛改善効果はグンっと上がりますよ。

最後に

毛髪診断士である管理人が、本当に効果を実感できる人気の女性用育毛剤をランキングで紹介しましたが参考になりましたか? また、正しい女性用育毛剤の選び方や効果的な使い方についてはどうだったでしょうか? たくさんある女性用育毛剤の中から、自分に合った育毛剤を探し出すのは簡単ではありませんよね。 少しでも育毛剤選びのお手伝いできればいいなと思っています。

コメント