子供でも女性用育毛剤を使えるの?影響はない?育毛シャンプーと徹底比較

子供でも女性用育毛剤を使えるの?影響はない?育毛シャンプーと徹底比較

抜け毛や薄毛の悩みは大人だけではありません。

じつは小学生や中学生、高校生などの子供たちも悩んでいます。

とくに女子は周りの目がとても気になり『髪の毛が薄い』ことがきっかけで勉強が手につかなくなったり、友達との関係がうまくいかなくなったりすることも…。

そんな時、育毛剤でのケアも対策のひとつです。

でも、子供が使っても大丈夫な育毛剤ってあるんでしょうか?

また、使用することで起こる影響も気になります。

そこで、子供でも使える育毛剤の選び方や副作用について解説します。

また、育毛剤よりも試しやすい育毛シャンプーとの比較もしてみたので、参考にしてください

子供でも使える女性用育毛剤!

子供でも使える女性用育毛剤!

女性用育毛剤の中には、子供でも使えるタイプがあります。

そこで、どんなタイプを選べばいいのか、選ぶ時のポイント、子供でも使える安全な女性用育毛剤を紹介します。

それでは1つずつ見ていきましょう。

年齢制限なしの女性用育毛剤

年齢制限なしの女性用育毛剤

女性用育毛剤には年齢制限のある医薬品タイプと、年齢に関係なく使える医薬部外品タイプや化粧品タイプがあります。

小学生や中学生、高校生などの子供の抜け毛対策に使える医薬部外品タイプや化粧品タイプには、刺激の強い有効成分が含まれていません。

そのため副作用の心配が少なく、地肌がデリケートな子供でも使えます。

ただ、低刺激な両タイプなら『どれでもいい』わけではありません。

そこで、次の章で子供が使える医薬部外品タイプや化粧品タイプの育毛剤の選び方についてお話します。

選び方のポイント

選び方のポイント

子供が使える育毛剤を選ぶ時のポイントは次の3つです。

女性ホルモン様成分

  • 無添加
  • 定期コース
  • 返金保証

女性用育毛剤は基本的に大人の頭皮や髪の毛を対象に作られています。

ですから、選び方を間違えると子供にとって負担になることもあるので気をつけましょう。

無添加

子供の頭皮は大人の頭皮よりも薄くデリケート。ですから、刺激性の成分が含まれていない無添加の育毛剤を選ぶようにしてください。

とくに香料や着色料はアレルギーを起こしやすい添加物です。避けるようにしましょう。

定期コース

定期コースのある育毛剤は、割引があったり、送料が無料だったりするので長期のケアにおすすめです。

じつは育毛剤の改善効果を実感できるのは、早い人で3ヶ月、ほとんどの人が6ヶ月くらい掛かります。

育毛剤を使えば、すぐに毛が生えてくると思っている方もいますが、それは違います。

また、育毛剤は1ヶ月または2ヶ月で1本を使い切るようになっているので、改善効果を実感できるまでには、最低でも2本~3本が必要です。

ですから、定期コースのある育毛剤でお得にケアすることをおすすめします。

返金保証

刺激に弱い子供の頭皮。育毛剤が合わないこともあります。

そんな時におすすめなのが、返金保証付きの育毛剤です。

子供が使える女性用育毛剤は低刺激ですが、実際に使ってみないと頭皮にマッチするかわかりません。

でも、返金保証があれば気軽に育毛剤を試すことができ、もし地肌に合わなくても商品を返品すれば購入代金が返ってくるので安心です。

このように子供でも使える育毛剤を選ぶ時は、3つのポイントを確認してみてください。

次の章では、3つのポイントをクリアした『子供でも安心して使える女性用育毛剤』を紹介します。

おすすめの女性用育毛剤

おすすめの女性用育毛剤

ここでは、私がおすすめする『子供でも使える女性用育毛剤』を2つ紹介するので参考にしてください。

両方とも低刺激で薄毛改善効果が実感できると話題になっている育毛剤です。1つずつ詳しく説明します。

リジュン(RiJUN)

1本目は化粧品タイプの女性用育毛剤『リジュン(RiJUN)』です。

リジュン(RiJUN)

公式サイトはこちら♪

リジュンは配合成分の分子が超微細化されたナノ化タイプの育毛剤。だから頭皮や毛穴の奥までしっかりと育毛成分が浸透してくれます。

しかも配合成分の数が多いので、どんな薄毛にも効果的です。

『抜け毛が増えた』『髪の毛が細くなった』『生えてくる髪の毛の本数が少なくなった』など、様々なタイプの薄毛に対応してくれます。

また、医薬品育毛剤に含まれている発毛成分『ミノキシジル』よりも効果が高いと話題の新育毛成分『リデンシル』が配合されているので効果もばっちり!

また、髪の毛の成長を維持する特許出願中の成分『フルボ酸』も配合されているので、今までの育毛剤と違った効果を実感できます。

ですから、治りにくい子供の抜け毛もしっかりと防いでくれる女性用育毛剤です。

公式サイトはこちら♪

リジュンの基本情報

初回購入金額
定期コース 2,980円(税抜)
3,218円(税込)
単品購入 5,960円(税抜)
6,437円(税込)
送料
定期コース 無料
単品購入 640円
全額返金保証
定期コース 90日間
単品購入 なし

もちろん合成香料や合成着色料など、8つの添加物をカットした無添加処方。しかも頭皮への刺激などを確かめるパッチテスト済みです。

だから、乾燥肌や敏感肌の子供の頭皮にも安心して使うことができます。

公式サイトはこちら♪

マイナチュレ

マイナチュレ

公式サイトはこちら♪

女性用育毛剤の中でもトップクラスの売り上げを誇るマイナチュレは、多くの薄毛女性に信頼されている商品です。

頭皮や髪の毛の主成分となるケラチンを構成しているアミノ酸が10種類も配合されているので、薄毛を根本からケアしてくれます。

また、発毛や育毛に必要なビタミン・ミネラルを多く含んだミツイシ昆布エキスや20種類以上の天然植物由来成分が配合されているので、自然の育毛力を十分に実感できます。

しかも返金保証の期間が180日間もあり、上限6本までなら返金可能。ですから、長期間マイナチュレを試すことができるんです。

それに今なら初回購入金額が980円(税込1,058円)なので、育毛剤初心者さんでも気軽に始めることができます。

公式サイトはこちら♪

このようにリジュンとマイナチュレは、高い薄毛改善効果のある育毛剤です。

だから大人の薄毛だけではなく、子供の抜け毛にも力を発揮してくれます。

しかも子供の頭皮や髪の毛に負担の掛からない低刺激の商品。だから小学生や中学生、高校生でも安心です。

ただ医薬部外品や化粧品タイプの女性用育毛剤でも、リジュンやマイナチュレのような安全な商品だけではありません。次の章で、お話します。

女性用育毛剤の子供への影響

女性用育毛剤の子供への影響

女性用育毛剤には子供用がありません。

そのため、子供が使った時に『何か悪い影響が出ないか』心配になりますよね。

たしかに頭皮がデリケートで、体が未熟な子供のほうが育毛剤による副作用の影響を受けやすいです。

では詳しく解説しましょう。

  • 頭皮に起こる影響
  • 体に起こる影響
  • 副作用の影響を受けないために

頭皮に起こる影響

子供の頭皮は大人よりも薄く敏感で、皮脂量が多いので酸化しやすくなっています。

そのため育毛剤を使うと赤みや痛み、かゆみなどの頭皮トラブルが起こりやすく、ヒリヒリやチクチクなどを感じることがあります。

また、頭皮に乾燥やべたつきを感じることも。育毛剤による頭皮トラブルは薄毛の悪化を招くので注意してください。

体に起こる影響

女性の抜け毛や薄毛は女性ホルモンと大きく関係しています。

そのため医薬部外品育毛剤の中には、女性ホルモンが配合されている商品があります。

小学生や中学生、高校生の女子は、女性ホルモンの分泌量が一定ではなく、生理周期も不安定です。

この時期に女性ホルモン配合の育毛剤を使うと、さらにホルモンバランスが乱れる原因になるので、おすすめしません。

副作用の影響を受けないために

育毛剤による副作用の影響を受けないためには、正しく育毛剤を選び、正しい使い方(回数や用量を守る)をすることが大切です。

ちょっとしたことに気をつければ、大人用の育毛剤を使っても副作用の影響を受けることなく、安全に抜け毛をケアすることができます。

でも、やっぱり育毛剤の影響が心配と感じる方もいますよね。

そこで、育毛剤よりも影響のなさそうな育毛シャンプーでの薄毛対策を考えている方もいるのでは?

次の章で育毛剤と育毛シャンプーの比較をしているので参考にしてください。

子供の薄毛ケアにはどっち?育毛シャンプーとの比較

子供の薄毛ケアにはどっち?育毛シャンプーとの比較

子供の抜け毛や薄毛ケアには、育毛剤と育毛シャンプーどちらが安全で、なおかつ効果的なのでしょうか?

それでは次の3つの項目を比較してみましょう。

  • 役割の違い
  • 効果の違い
  • 副作用の違い

役割の違い

まず1つ目は役割を比較します。

育毛シャンプーと育毛剤には、まったく違う役割があるので早速見てみましょう。

育毛シャンプーの役割

育毛シャンプーの最大の役割は、頭皮や髪の毛の汚れを落とし清潔に保つことです。

頭皮を健やかに整えて髪の毛が育ちやすい環境を作るのに最適なアイテム!間接的な役割で抜け毛対策をします。

育毛剤の役割

育毛剤の役割は、発毛や育毛の促進、脱毛の予防、フケやかゆみの改善などです。

抜け毛を減らす、髪の毛を太くするなどの役割をするアイテムです。

効果の違い

2つ目は効果の違いを比較します。

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーは洗い流してしまうアイテムなので、発毛成分が色々と配合されていても、抜け毛を改善する効果が薄いです。

育毛剤の効果

髪の毛を太く抜けにくくするための成分が色々と配合されていて、頭皮や毛穴に直接働きかけるので改善効果が高いです。

副作用の違い

最後に副作用を比較してみましょう。

育毛シャンプーの副作用

育毛シャンプーには、いくつか種類があり、洗浄力や脱脂力の強いタイプは頭皮の刺激となります。

そのため副作用として頭皮が乾燥したり、反対に皮脂が過剰に分泌されたりすることがあるので注意が必要です。

副作用が少ない育毛シャンプーは、洗浄力や脱脂力が穏やかなアミノ酸系です。

育毛剤の副作用

低刺激の医薬部外品や化粧品タイプの育毛剤でも、頭皮に合わないと副作用が起こることがあります。

しかし医薬品タイプのように強い副作用が出ることは、ほとんどありません。

副作用に関しては両方とも少なからずありますが、きちんと選べば影響は少ないです。

このように育毛シャンプーと育毛剤では効果の違いがはっきりとしています。

役割が全く違うので仕方がないことですが、育毛剤を使うのが嫌な方は、まずは育毛シャンプーで頭皮の状態を整えて様子を見てもいいと思います。

その後、変化がない場合は育毛剤の使用を考えてみてください。

最後に育毛剤や育毛シャンプーなどの自宅ケアではなく、病院での治療が必要な子供の薄毛についてお話します。

こんな時は病院へ

こんな時は病院へ

子供の薄毛には色々なタイプがあり、病院で治療を受けたほうがいい場合もあります。

それは脱毛症や病気で起こる薄毛です。

  • 脱毛症
  • 病気

詳しく説明します。

脱毛症

脱毛症にも種類がありますが、子供が発症しやすいのは円形脱毛症と抜毛症の2種類です。

円形脱毛症

円形や楕円型のハゲができる円形脱毛症。15歳以下で始まることが多い疾患です。

円形脱毛症の年齢別分布

参考:日本皮膚科学会・皮膚科Q&A

詳しい原因は解明されていませんが、最近は自己免疫疾患のひとつと考えられています。

一般的な円形脱毛症は『単発型』と言って、ハゲが1つもしくは2つ発生します。

しかし、1年以内にほとんどが自然治癒するので心配ありません。

病院での治療が必要な円形脱毛症は、ハゲが複数発生する『多発型』、ハゲが頭全体に広がる『全頭型』、髪の毛だけではなく体全体の毛が抜けてしまう『汎発(ばんぱつ)型』、側頭部や後頭部の生え際に沿ってハゲが広がる『蛇行型』です。

円形脱毛症は重症化すると長期の治療が必要になる厄介な疾患です。

自然に治る単発型の円形脱毛症でも、一度皮膚科の診察を受けたほうがいいでしょう。

抜毛症(ばつもうしょう)

自分で自分の髪の毛を抜いてしまう抜毛症(ばつもうしょう)は、トリコチロマニアとも呼ばれる疾患です。

脱毛症ではありませんが、小学生や中学生などの子供に多い薄毛の一つです。

ストレスが主な原因と言われていて、自分で髪の毛を抜くことを抑えることができません。

心の病が隠れていることも考えられるので心療内科の診察を受けましょう。

病気

2つ目は病気による薄毛です。

病気による子供の薄毛は、次のような皮膚炎や感染症が考えられます。

  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • しらくも(頭部白癬)

これらの病気の治療をすることで薄毛も改善されます。

アトピー性皮膚炎

強いかゆみや湿疹などの症状が頭部に現れることで抜け毛が増えます。

脂漏性皮膚炎

過剰な皮脂やマセラチア菌の増殖によって起こり、強いかゆみや大量のフケが発生します。

しらくも(頭部白癬)

白癬菌が感染することで起こります。犬や猫などのペットから感染することがあるので注意が必要です。

まとめ

子供の薄毛は、大人の薄毛よりも悩みが深いですよね。だから一刻でも早く治るように育毛剤を探している方もいると思います。

この記事は、そんな方のお役に立てるように『子供でも安心して使える女性用育毛剤』について書きました。

参考にして頂けると幸いです。