医薬品の女性用育毛剤とは?医薬部外品や化粧品との違いは?効果や副作用を比較

医薬品の女性用育毛剤とは?医薬部外品や化粧品との違いは?効果や副作用を比較 抜け毛予防や薄毛改善のために育毛剤を選ぶとき、公式ページやパッケージを見る女性も多いと思います。 その時『医薬品』や『医薬部外品』と書かれていると『なんだか効果がありそう!』『これって薬?』『副作用はあるのかな?』と考えますよね。 また『医薬品と医薬部外品では何が違うの?』『育毛剤って種類があったの?』と思い、結局どれがいいのか、わからなくなってしまうことも。 そこで今回は、女性用育毛剤の種類や、医薬品と医薬部外品、化粧品の育毛剤について解説します。

女性用育毛剤の種類

女性用育毛剤の数は年々増えていて、毎年、新しい商品が発売されます。 それだけ薄毛や抜け毛に悩む女性が多くなってきたと言うことですが、男性用育毛剤に比べると、まだまだ一般的ではありません。 そのため、女性用育毛剤の種類についてわからない方も多いと思うので、この章で解説します。

大きく分けると3種類

女性用育毛剤は、厚生労働省によって施行された法律『薬機法(旧薬事法)』に従い『医薬品』『医薬部外品』『化粧品』の3種類に分かれます。 参考:厚生労働省-医薬品、医療機器等の品質に関する法律 また、発毛剤(医薬品)、育毛剤(医薬部外品)、養毛剤(化粧品)と分けることもできますが、あまり一般的ではありません。 ここでは、医薬品育毛剤、医薬部外品育毛剤、化粧品育毛剤の違いについて、詳しく説明します。

医薬品育毛剤

まずは医薬品育毛剤についてです。

特徴

医薬品の育毛剤には、薄毛の治療に効果があると厚生労働省が認めた発毛成分が一定量配合されています。 そのため、発毛効果があると明記できる唯一の育毛剤です。 医師しか処方できない『医療用医薬品育毛剤』と、薬局などで処方箋なしに購入できる『一般用医薬品(OTC医薬品)育毛剤』の2種類があります。

医師しか処方できない『医療用医薬品育毛剤』と、薬局などで処方箋なしに購入できる『一般用医薬品(OTC医薬品)育毛剤』の2種類があります。

引用元:http://www.jsmi.jp
また、一般用医薬品の育毛剤は『第一類医薬品』『第二類医薬品』『第三類医薬品』に分かれていて、効果や副作用、販売者などに違いがあります。

一般用医薬品育毛剤の分類

  • 第一類医薬品 薄毛改善効果が高く、その分副作用も強く出やすい。薬剤師のみが販売可能。男性用発毛剤『リアップ』(大正製薬)が有名

  • 第二類医薬品 薄毛改善効果と副作用が、第一類医薬品よりもやや弱い。薬剤師と医薬品販売の専門家である登録販売者のどちらでも販売可能。男女兼用育毛剤の『カロヤンS』(第一三共ヘルスケア)や『ハツモールSP無香料』(株式会社 田村治照堂)などがある

  • 第三類医薬品 医薬品育毛剤の中で、もっとも穏やかに作用するので副作用が強く出ない。薬剤師と登録販売者のどちらでも販売できる。『NFカロヤンガッシュ』や『カロヤン プログレD』(第一三共ヘルスケア)などがある

効果

薄毛を改善する治療薬としての効果が高く、髪の毛を作る毛母細胞にしっかりと作用して、毛を生やすのに有効です。 エビデンスがしっかりしていて、日本皮膚科学会の『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン・2017年版』でも、薄毛改善効果の高さが認められています。 参考:日本皮膚科学会ガイドライン

副作用

強い副作用が出やすく、全身に色々な症状が現れるので注意が必要です。

医薬品育毛剤で起こる副作用

皮膚の異常かゆみ・赤み・ただれ・かぶれ・発疹・温感
神経系の異常めまい・頭痛・手足のしびれ
循環器系の異常血圧低下・心拍数の増加・胸痛・動悸
代謝系の異常体重増加・手足のむく
最も多い副作用は、頭皮と毛穴に起こる赤みやかゆみ、痛みなどで、使用後すぐに現れることもあります。 また、敏感肌やアトピー肌など肌が弱い女性や、アレルギー体質の方は副作用の確率が上がるので、おすすめできません。

医薬部外品育毛剤

次に医薬部外品の育毛剤についてお話します。

特徴

医薬部外品の育毛剤には、厚生労働省が認めた脱毛予防や発毛促進に有効な成分が一定量配合されています。

医薬部外品育毛剤に含まれている有効成分

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • ニンジンエキス
  • 酢酸DL-α-トコフェロール
  • セファランチンなど
また、頭皮の荒れやニキビなどを防ぐ成分が配合されていて『薬用』と記載できる育毛剤です。 医薬品育毛剤よりも穏やかに作用するので、頭皮が敏感な女性の薄毛ケアに最適と言えます。 しかも、医師の処方や薬剤師の説明など必要がないので、ドラッグストアやネットなどで簡単に買えて試しやすいです。

効果

医薬品育毛剤のように薄毛を治療する効果はありません。 しかし、抜け毛を防いだり、育毛や発毛を助けたり、髪の毛が生えやすいように頭皮を整えたりする効果があります。

副作用

副作用の心配が少なく、稀に頭皮や毛穴が赤くなったり、かゆくなったりする程度で、全身に症状が現れることはありません。 肌が弱い女性でも安心して使える育毛剤です。

化粧品育毛剤

最後に化粧品育毛剤についてです。

特徴

化粧品の育毛剤には、髪の毛や頭皮を健康に保ち、抜け毛を予防する効果があります。 医薬品や医薬部外品の育毛剤のように、配合成分の数や量、種類に縛りがないため、これから有効成分として認可される新成分や、海外で話題になっている成分などが含まれています。 また、化粧品育毛剤は配合されている成分の表示義務があるので、どんな成分が含まれているか、しっかりとわかります。

効果

医薬部外品育毛剤に配合されている有効成分を含んだ化粧品育毛剤もあり、薄毛改善効果が実感できる商品が多いです。 また、配合成分には医薬品や医薬部外品よりも多くの種類を使用できるため、幅広いタイプの抜け毛を防ぐことができます。

副作用

医薬部外品よりも穏やかに作用するため、副作用もほとんどありません。 ただし、新しい成分などは副作用に関してのデータが少ないことも考えられるので、気をつけなければいけません。 このように女性育毛剤には3つの種類があります。それぞれの違いを知っていれば、自分に合った育毛剤を探しやすいです。 次の章では、3種類の育毛剤のメリットとデメリットを比較します。

3種類の育毛剤のメリット・デメリット

この章では、医薬品と医薬部外品、化粧品育毛剤のメリットとデメリットを比較します。また、注意点についても比較検証するので、参考にしてください。

メリット

では、早速メリットから見てみましょう。
医薬品育毛剤
特定の薄毛に効果抜群
薄毛改善効果が国や学会に認められている
進行した薄毛に有効
医薬部外品育毛剤
副作用の心配が少ない
年齢制限がなく、妊娠や産後でも使用可能
色々なタイプが発売されている
薬局でもネットでも買える
定期コースやお試しセット、全額返金保証付きの商品がある
化粧品育毛剤
新成分や海外成分が試せる
配合されている成分が全てわかる
配合できる成分の種類が多い

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤の最大のメリットは、国や学会が認めている薄毛改善効果の高さです。 薄毛の治療目的に作られている育毛剤ですから、進行した薄毛に有効。とくに男性ホルモンが原因となる薄毛に効果的です。

医薬部外品育毛剤

医薬部外品育毛剤の最大のメリットは、副作用の心配がほとんどないことです。男性よりも敏感な女性の頭皮に優しく作用して、薄毛を改善します。 また、色々なタイプが発売されているので、肌質や薄毛の原因に合った商品を探すことができます。

化粧品育毛剤

化粧品育毛剤の最大のメリットは、認可前の新成分や海外で使われている育毛成分をいち早く実感できるところです。 また、医薬品や医薬部外品育毛剤よりも配合できる成分の種類が多く、数や量も縛りがないため、独自の薄毛改善効果が期待できます。

デメリット

次にデメリットです。
医薬品育毛剤
副作用が強い
制限がある
購入時に手間がかかる
全ての薄毛に対応していない
医薬部外品育毛剤
種類が豊富でどれを選べばいいかわからない
薄毛改善効果を実感する期間が個人によって違う
化粧品育毛剤
新成分の薄毛改善効果のデータ不足
副作用の強さ(出方)が個人によって違う
種類が少ない

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤のもっとも気になるデメリットは、副作用の強さです。頭皮や毛穴だけではなく全身に副作用の症状が出るため、使用前にしっかりと説明を受ける必要があります。 また色々な制限があるため、使用できない人も多いです。

医薬部外品育毛剤

医薬部外品育毛剤のデメリットは、種類の多さです。どれを選んでいいのかわからず迷ってしまいます。

化粧品育毛剤

化粧品育毛剤の気になるデメリットは、新成分の効果や副作用のデータ不足です。 育毛剤成分として歴史が短いので、薄毛改善効果や副作用の強さなどのデータが少なく、肌が弱い人などは頭皮が荒れたりする恐れがあります。

注意点

最後に注意点を比較検証しましょう。
医薬品育毛剤年齢
持病
薄毛のタイプ
使用期間
初期脱毛
医薬部外品育毛剤タイプの違い
化粧品育毛剤効果の違い

医薬品育毛剤

医薬品育毛剤の注意点は色々とあるので1つずつ説明します。 年齢 制限があり18歳未満の使用は認められていません。また、65歳以上は副作用が出やすいため、使わないほうがいいでしょう。 持病 医薬品育毛剤の成分は、元々、高血圧の治療薬として開発されました。そのため血圧に関する治療を受けている方は使用を控えるべきです。 また狭心症などの心臓病や、不整脈などの心臓疾患がある方も使用しないこと。他にも甲状腺の病気やアレルギー体質の方は、医師や薬剤師に必ず相談してください。 薄毛のタイプ 医薬品育毛剤はストレスやダイエット、出産による薄毛、側頭部や後頭部を含めた頭全体の薄毛には使用できません。 効果が発揮できるのは、男性ホルモンが原因で起こる薄毛だけです。 使用期間 医薬品育毛剤の使用を止めると、元の薄毛の状態に戻ります。そのため使用期間は長期。何年も使い続けなければいけません。 初期脱毛 医薬品育毛剤を使い始めると、抜け毛が増える初期脱毛が起こります。はっきりとした原因は解明されていませんが、使用後2週間くらいで起こる現象です。 これは髪の毛を作る毛母細胞が活性化されて、毛髪の生まれ変わり周期(ヘアサイクル)が変化することで発生すると言われています。 初期脱毛がずっと続くことはありませんが、落ち着くまでに1か月くらいは掛かるので、その間の対策(ウィッグや帽子など)が必要です。 このように医薬品育毛剤には、色々な注意点があるので、気軽に試すことはできません。

医薬部外品育毛剤

次に医薬部外品の注意点についてです。 タイプの違い 医薬部外品育毛剤は種類が多く、配合成分によってタイプが分かれます。 自分の肌質に合った育毛剤のタイプを選ばないと、副作用が現れやすくなり、薄毛改善効果が半減します。

医薬部外品育毛剤のタイプ

  • 高保湿タイプ
  • 血行促進タイプ
  • 皮脂抑制殺菌消炎タイプ
  • ホルモンバランスタイプ
  • 毛母細胞活性化タイプ
  • サラサラタイプ
  • しっとりタイプ
ですから、医薬部外品の育毛剤を選ぶ時は配合成分の確認はもちろん、口コミやレビューなどを参考にして、タイプを知ることが大切です。

化粧品育毛剤

最後に化粧品育毛剤の注意点について。 効果の違い 化粧品育毛剤には髪の毛を育てる成分が中心の商品と、頭皮や髪の毛の健康を保つ成分がメインの商品があります。 そのため、効果に大きく差が出てしまうので、使用前に配合成分の確認が必須です。 このように医薬品・医薬部外品・化粧品の育毛剤には、メリットだけではなくデメリットや注意点があります。 すべてを知った上で育毛剤選びをすれば失敗が少ないです。

どんな女性におすすめ?

この章では、これまで紹介してきた3つの育毛剤が、どんな女性に合っているのかを説明します。 『私にはどの育毛剤がいいのかな?』と悩んでいる女性必見です。

医薬品育毛剤はこんな女性におすすめ

  • 化粧品や医薬部外品の育毛剤を使って効果を感じられなかった方
  • 更年期による薄毛に悩んでいる方
  • 頭頂部の薄毛を改善したい方
  • 女性男性型脱毛症(FAGA)の方
  • 遺伝性の薄毛を治したい方
医薬品育毛剤は、上記のような特定の薄毛に効果を発揮します。また、他の育毛剤では満足できなかった女性におすすめです。

医薬部外品育毛剤はこんな女性におすすめ

  • 副作用の少ない育毛剤を探している方
  • 肌が弱く(敏感肌や乾燥肌)抜け毛が多い方
  • 妊娠中や産後の薄毛のケアをしたい方
  • ストレス性脱毛症の方
  • ダイエットによる脱毛に悩んでいる方
  • 生活習慣の乱れ(寝不足や運動不足など)で抜け毛が増えた方
  • 原因が特定できない抜け毛や薄毛の方
  • 10代、20代、30代の若年性脱毛症の方
  • ホルモンバランスの乱れが原因の薄毛の方
  • 定期コースや返金保証などがある育毛剤を探している方
  • 初めて育毛剤を試す方
  • 医薬品育毛剤で頭皮が荒れたり、体調不良が起きた方
医薬部外品の育毛剤は、色々な薄毛に有効です。また、副作用の心配がないので、肌の弱い女性や授乳中のママでも安心して使えます。 また年齢制限がないので、10代でも70代でも使用できます。

化粧品育毛剤はこんな女性におすすめ

  • 抜け毛の予防をしたい方
  • 普通肌やオイリー肌(脂性肌)で抜け毛が多い方
  • 新しい育毛成分や海外で話題の成分を体験したい方
  • 頭皮の乾燥や髪の毛のパサつきを防ぎたい方
  • 細い毛を太くしたい方
化粧品育毛剤は、抜け毛が気になり始めた女性におすすめ。細い毛を太くする、ハリやツヤを取り戻したい方に有効です。 次の章では、おすすめの医薬品育毛剤を紹介します

市販で買える医薬品育毛剤

この章では、市販で買えるおすすめの医薬品育毛剤を紹介します。日本で有名な医薬品育毛剤は『リアップリジェンヌ』と『女性用ロゲイン』です。

薬局で買えるリアップリジェンヌ

薬局やドラッグストアで購入できる日本で唯一の女性用医薬品育毛剤『リアップリジェンヌ』は、大手製薬会社『大正製薬』の商品です。 国が認めた発毛成分ミノキシジルが1%配合されているリアップリジェンヌ。 その他にもトコフェロール酢酸エステルやI-メントール、パントテニールエチルエーテルなどの頭皮環境を整える成分が含まれています。 また薄毛を改善する有効性は、6か月間の臨床試験でも、はっきりと示されています。 しかも安全性についても副作用の割合を公表。ただ、対象人数が少ないので、信憑性は高くはないです。 実際に使った方の口コミや体験談を見ると、頭皮の荒れやかゆみ、フケなどの副作用が起こった、使用を中止したなど書かれていることがあります。 それから、リアップリジェンヌを買う時には手間がかかります。 まずはセルフチェックシートに目を通し、該当する項目にチェック。記入済みのシートを薬剤師に渡さなければいけません。 リアップリジェンヌは第一類医薬品育毛剤ですから、ネットで購入する場合も、チェックシートが送られてきて、それを薬剤師が確認してからの注文になります。 次に薬局では買えませんが、ネットで購入できる女性用医薬品育毛剤を紹介します。

個人輸入で買える女性用ロゲイン

ネットで買える女性用の医薬品育毛剤は『ロゲイン女性用』です。 日本では正規販売されていないため、薬局やドラッグストアには売っていません。また、アマゾンや楽天でも取り扱っていないため、購入するには海外からの輸入です。 最近は、個人輸入代行サイトを使って手軽に購入する方が増えてきています。 薄毛改善効果は、リアップリジェンヌより発毛成分が多く配合(2%)されているため、高いと評価されています。もちろん副作用が出る確率も高いです。 もし、重篤な副作用が起こっても日本では認可されていない育毛剤のため『医薬品副作用被害救済制度』の適用を受けることができません。 参考:医薬品副作用被害救済制度について ロゲイン女性用は、簡単に手に入りますが何かあれば自己責任です。使用するなら薄毛改善効果だけではなく、副作用についてもしっかりと考えてからにしましょう。

おすすめの医薬部外品育毛剤と化粧品育毛剤

医薬品育毛剤のような副作用の心配がない医薬部外品育毛剤と化粧品育毛剤。おすすめは次の2つです。

医薬部外品育毛剤『ミューノアージュ(MUNOAGE)』 化粧品育毛剤『リジュン(RiJUN)』

では、早速紹介します。

医薬部外品育毛剤のミューノアージュ(MUNOAGE)

医薬部外品育毛剤のミューノアージュ(MUNOAGE) 女性の薄毛治療をしている皮膚科医が作った、医薬部外品育毛剤のミューノアージュ。頭皮美容液と薬用育毛剤の2つで薄毛をケアするタイプです。 エタノール無添加の数少ない女性用育毛剤のひとつで、敏感肌や乾燥肌でも安心して使えます。 また、最近薄毛治療でも注目されている成長因子(グロースファクター)が配合されているので、頭皮全体が薄くなって、治りにくい『びまん性脱毛症』に有効です。 しかも、育毛有効成分が5種類も配合されているので、ストレス性の薄毛やホルモンバランスの乱れによる抜け毛、加齢による細毛などにも効果的です。 さらに初めての方でも気軽に使える『お試しキット』があるので、気になる方は試してみてください。 ミューノアージュ(MUNOAGE)の体験談はこちら

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュを安く手に入れる方法!

今ならミューノアージュを安く手に入れることができます!

ミューノアージュ01

購入時にクーポン番号『C1000』を入力するだけで【1,000円OFF】になっちゃいます!

ミューノアージュ02

今だけの期間限定割引です。このチャンスを逃さないようにしてください。

公式サイトはこちら♪

化粧品育毛剤のリジュン(RiJUN)

化粧品育毛剤のリジュン(RiJUN) 化粧品育毛剤のリジュン(RiJUN)は、特許出願中の育毛成分フルボ酸やスイス生まれの新成分リデンシルが配合された未来型育毛剤。 九州産業大学と共同開発したフルボ酸は、浸透力に優れた育毛成分で、毛穴の奥まで届き髪の毛を根本から太く抜けにくくします。 また、ミノキシジルの2倍の育毛パワーがあると言われている新成分リデンシルも配合されているので、薄毛改善効果が高い化粧品育毛剤です。 しかも頭皮を整え、髪の毛にハリやツヤ、コシを取り戻す72種類のヘアケア成分が含まれています。 ですから、髪の毛のボリュームが減ったと感じる女性や、細毛が増えた方におすすめの育毛剤です。 リジュン(RiJUN)の体験談はこちら

公式サイトはこちら♪

まとめ

女性用育毛剤には医薬品と医薬部外品、化粧品の3つの種類があります。 それぞれの特徴や薄毛改善効果、副作用を知ることで自分に合った育毛剤を見つけやすくなります。 このページが育毛剤選びの参考になれば嬉しいです。

コメント