医薬部外品の女性用育毛剤は抜け毛を防ぐ効果が高い?人気の3商品を紹介

医薬部外品の女性用育毛剤は抜け毛を防ぐ効果が高い?人気の3商品を紹介

女性の薄毛対策に欠かせない育毛剤には『医薬品』『医薬部外品』『化粧品』の3つの種類があります。

3つとも、しっかりと抜け毛を防いでくれますが、今回は色々なタイプの薄毛に有効な医薬部外品育毛剤の効果についてお話します。

また医薬部外品育毛剤の選び方や、人気のある女性専用の医薬部外品育毛剤を紹介するので参考にしてください。

医薬部外品の育毛剤と聞くと『治療薬的な効果があるの?副作用はないの?』とイメージしますが、その実力はどうなんでしょうか?詳しく解説します。

医薬部外品育毛剤の効果と副作用

医薬部外品育毛剤の効果と副作用

医薬部外品の女性用育毛剤は、薄毛の治療が目的である医薬品育毛剤のように医師の処方箋や薬剤師の説明がなくても購入できます。

そのため医薬品育毛剤に比べて効果がない、と感じやすいです。

しかし、医薬部外品の育毛剤には優れた効果があるので詳しく説明します。

また、副作用についてもお話します。

厚生労働省に認められた効果

医薬部外品の育毛剤には、厚生労働省が効果効能を認めた有効成分が配合されています。

そのため薄毛や抜け毛の予防、育毛や発毛の促進、フケやかゆみの改善などの効果があります。

厚生労働省に認められた効果

女性の薄毛は男性の薄毛と原因が違うため、頭全体がツルツルにハゲたり、頭頂部や生え際の髪の毛がほとんどなくなったりすることはありません。

ですから、薄毛治療に特化した副作用の強い医薬品育毛剤ではなくても、十分に改善効果が期待できるんです。

しかも特定の薄毛(女性男性型脱毛症【FAGA】)だけに有効な医薬品育毛剤とは違って、どんなタイプの薄毛にも効果的な医薬部外品育毛剤。

だからストレスやダイエット、生活習慣の乱れによる抜け毛、産後や更年期による脱毛症、理由のはっきりしない薄毛などに悩んでいる女性におすすめです。

女性向きの穏やかな効果

次に医薬部外品は女性に合った穏やかな効果が特徴です。

女性の頭皮は男性よりも皮脂量が少なく厚みもないため、敏感で外部からの刺激を受けやすくなっています。

そのため育毛剤に配合されている成分が強いと頭皮に合わずトラブルが発生します。

だから成分の刺激が強く副作用が出やすい医薬品育毛剤よりも、穏やかな作用の医薬部外品育毛剤のほうが女性向きです。

また女性用育毛剤は、どの種類(医薬品・医薬部外品・化粧品)でも、効果を実感するまでの期間が半年とされています。

肌の弱い女性にとって長期間、毎日使うなら穏やかな作用の医薬部外品育毛剤がいいですよね。

副作用の心配が少ない

それから効果と共に気になる副作用についてです。

医薬部外品の育毛剤は副作用の心配が少なく、頭皮トラブルがあまり起こりません。

頭皮トラブルは女性の抜け毛原因のひとつ。刺激のある医薬品育毛剤は副作用が強く、薄毛を悪化させることがあります。

とくに敏感肌や乾燥肌、アトピー肌などの女性は刺激を受けやすく副作用が起こりやすいので注意が必要です。

このように医薬部外品の育毛剤は、しっかりとした効果があり副作用の心配がほとんどないので、女性の薄毛対策にぴったり。効果が高いです。

そこで次の章では効果が高く人気のある医薬部外品の女性用育毛剤を紹介します。

効果が高い医薬部外品の女性用育毛剤

効果が高い医薬部外品の女性用育毛剤

女性用育毛剤の中でも商品数が多い医薬部外品タイプ。

どれを選んでいいのかわからない!と迷っている女性に人気の医薬部外品育毛剤を3つ紹介します。

ここで紹介する女性用育毛剤は、実際に私が試して効果を実感した3商品です。育毛剤選びの参考にしてください。

それでは、1つずつ見てみましょう。

ミューノアージュ(MUNOAGE)

ミューノアージュ(MUNOAGE)

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュは、女性の薄毛治療を行っている皮膚科によって開発されたドクターズ育毛剤!美容液とのセットが女性心をくすぐります。

配合されている毛髪再生医療成分(オクタペプチド-2)が、髪の毛の元(毛包幹細胞)を作り出すバルジ領域に直接働きかけ活性化。

バルジ領域

毛包幹細胞を増加させることで、髪の毛を作り出す毛母細胞が活発になり、毛穴から生える本数が増えたり、細かった毛が太くなったりします。

そのため、薄毛を根本から改善してくれる効果が抜群。色々な抜け毛に期待ができる育毛剤です。

公式サイトはこちら♪

しかもミューノアージュには、5つの有効成分が配合されています。

女性用育毛剤の有効成分数は平均で3つ。だから5つも配合されているミューノアージュは、治りにくい進行型の薄毛にも有効です。

また無添加にも強いこだわりがあり、刺激性の添加物をカット。なかでも一般的な女性用育毛剤に含まれているアルコール(エタノール)系成分が一切配合されていません。

だから、アルコール成分による頭皮の炎症やひりつきなどのトラブルが起こらない医薬部外品育毛剤です。

もちろんアレルギー物質になりやすい香料や着色料などの添加物もカットされています。

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュを安く手に入れる方法!

今ならミューノアージュを安く手に入れることができます!

ミューノアージュ01

購入時にクーポン番号『C1000』を入力するだけで【1,000円OFF】になっちゃいます!

ミューノアージュ02

今だけの期間限定割引です。このチャンスを逃さないようにしてください。

公式サイトはこちら♪

マイナチュレ

2本目は、アットコスメなどの口コミサイトで話題になっている女性用育毛剤『マイナチュレ』です。

マイナチュレ

公式サイトはこちら♪

100万本以上の売り上げ実績があり、20代30代40代の若い世代に人気がある商品です。

しかも日本薬学会でも紹介されたことがあり、その薄毛改善力に多くの女性が期待を持っています。

もちろん厚生労働省が認めた医薬部外品の女性用無添加育毛剤だから、信頼性・実績・効果に優れています。

また、配合されている成分は髪の毛の細胞を活発にするミツイシ昆布エキス、頭皮の環境を整える27種類の天然植物エキス、ビタミンやミネラルが豊富な10種類のアミノ酸などです。

そしてマイナチュレの大きな特長として、初心者でも育毛剤ケアが始めやすい値段設定と長期の全額返金保証があります。

定期コース限定ですが、初回購入金額が980円で全額返金保証が6ヶ月間。コスパと安心感を重視した育毛剤です。

公式サイトはこちら♪

ベルタ(BELTA)

3本目は頭皮や毛穴の奥まで浸透するナノ化(超微細化)型の医薬部外品育毛剤『ベルタ(BELTA)』です。

ベルタ(BELTA)

公式サイトはこちら♪

ナノ化型の育毛剤は頭皮の表面だけではなく角質層にも入り込むので、保湿効果が高く地肌の環境をしっかりと整えてくれます。

女性の頭皮は乾燥しやすいので、保湿力のある育毛剤でケアすると発毛や育毛がスムーズに行われるようになります。

またベルタは配合成分数が多いので、ストレス性の抜け毛、産後の薄毛(分娩後脱毛症)、加齢による細毛など様々な髪の悩みに効果を発揮する育毛剤です。

とくに生活習慣の乱れ(食事・睡眠・運動など)による抜け毛に有効。頭皮や髪の毛の構成に欠かせないアミノ酸成分が優しく作用します。

しかもベルタには全額返金保証が付いているので、使ってみて満足できなければ購入代金が戻ってきます。

公式サイトはこちら♪

このように医薬部外品の女性用育毛剤は、有効成分以外の成分にも高い効果があり、頭皮や毛穴に負担を掛けずに抜け毛ケアができます。

でも、たくさんある医薬部外品育毛剤の中から、効果の高い自分に合った商品を選ぶにはどうしたらいいか、よくわかりませんよね。

そこで、次の章では医薬部外品育毛剤の選び方を解説します。

効果が高い医薬部外品育毛剤の選び方

効果が高い医薬部外品育毛剤の選び方

医薬部外品の育毛剤は、年々増えています。

その中から効果の高い、自分に合った商品を見つけるにはどうしたらいいのか、お話します。

女性の薄毛は色々な原因が重なり合って起こっているので、幅広い薄毛タイプに対応した医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

それでは選ぶ時に重要なポイント3つを見てみましょう。

  • 有効成分を確かめる
  • おすすめ成分の効果
  • 無添加を選ぶ

有効成分を確かめる

1つ目は有効成分の確認です。

医薬部外品の育毛剤には『有効成分』が配合されています。

商品の裏や公式ページに全成分が表示されているので確かめてみてください。

※医薬部外品は法律的に全成分の表示義務がありません。しかし業界として『全成分表示』を推奨しています。

例えば上の章で紹介したベルタは下記のように箱の裏に書いてあり、有効成分とその他の成分が一目でわかりますね。

有効成分

ベルタの有効成分は『センブリエキス』『グリチルリチン酸ジカリウム』『酢酸DL-α-トコフェロール』の3つです。

センブリエキス血行促進作用
細胞活性化作用など
グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症作用
抗アレルギー作用など
酢酸DL-α-トコフェロール抗酸化作用
抗炎症作用など

髪の毛は血液中の酸素や栄養を材料に成長するので、血行を良くする有効成分は必須。ベルタにはセンブリエキスが配合されています。

また発毛や育毛をスムーズに行うために、頭皮の状態を整えることも大切です。

ベルタには炎症を抑える有効成分や、刺激物質の元になる活性酸素を抑える有効成分が配合されています。

ひとまず有効成分を確認するときは、血行促進作用と抗炎症作用のある成分が配合されているか確認しましょう。

血行促進作用のある有効成分

  • センブリエキス
  • ニンジンエキス
  • ニコチン酸アミド
  • 塩酸ピリドキシン
  • セファランチン

抗炎症作用のある有効成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 酢酸DL-α-トコフェロール
  • ジフェンヒドラミンHCI

この2つの作用がある有効成分は、女性の薄毛ケアに必要なので見逃さないようにしてください。

また、有効成分の数も確認です。

女性用育毛剤のほとんどが3種類ですが、4種類や5種類配合されている商品があります。

有効成分がたくさん含まれていると、それだけ髪の毛や地肌にとってプラスになる作用が増えるので、発毛や育毛がスムーズになります。

上の章で紹介した育毛剤の有効成分数は、ミューノアージュ5つ、マイナチュレ3つ、ベルタ3つです。

おすすめ成分の効果

2つ目は有効成分以外の成分を確認することです。

医薬部外品育毛剤には、有効成分以外にも効果の高いおすすめ成分が含まれています。

その成分の働きを知ることが大切です。

例えばミューノアージュには、最新の薄毛治療で使われている成長因子成分が配合されています。

髪の毛の元になる幹細胞を増やす作用がある優れた成分です。

またマイナチュレには、医薬品育毛剤の有効成分ミノキシジルと同等の効果があるとされているミツイシ昆布エキスが配合されています。

しかし、これらおすすめ成分は効果が高くても、厚生労働省が認めた有効成分には含まれていません。

有効成分として認可されるには、たくさんの臨床試験をくり返し、基準をクリアしなければならず、莫大の費用が必要です。

また、配合できる量や濃度も規定があるので自由度がなくなります。

ですから、おすすめ成分の中には意図して有効成分の認定を取らない種類もあるんです。

そのため、おすすめ成分を確認することで効果の高い薄毛ケアが可能になります。

無添加を選ぶ

最後は添加物が配合されていない無添加育毛剤を選ぶことです。

ただし、無添加育毛剤ならどれでもいい!わけではないのでお話します。

無添加の基準は『添加物が1つでも含まれていなければOK』です。

だから無添加育毛剤でも添加物が2~3個しか含まれていないものから、10種類以上カットされているものまであります。

最低でも香料・着色料・パラベン・鉱物油・石油系界面活性剤などの代表的な添加物がカットされている女性用育毛剤を選ぶようにしましょう。

またカットされている添加物がわからない時は、コールセンターに問い合わせると教えてくれます。

医薬部外品と薬用の違い

医薬部外品と薬用の違い

最後に医薬部外品育毛剤と薬用育毛剤の違いについて説明します。

女性用育毛剤には『薬用』タイプの商品があり、結構目にしますよね。普通の育毛剤よりも効果があるはず!と思う方も多いのでは?

医薬部外品=薬用

じつは薬用育毛剤とは、医薬部外品育毛剤のことを指します。

なんだかややこしいですが、要するに同じものなんです。

この記事の始めでもお話しましたが、女性用育毛剤には『医薬品』『医薬部外品』『化粧品』の3タイプがあり、これは法律上の分類を示しています。

ですから、薬用育毛剤は医薬部外品育毛剤の通称です。

薬用商品のイメージ

薬用のカテゴリーにある商品は育毛剤だけではありません。

シャンプーや化粧品、のど飴なんかもありますね。私たちの生活に薬用はあふれているんです。

これって薬用のイメージが良いという証拠。でも、薬用の何がいいのかきちんと説明できる人は少ないですよね。

知っていそうで知らない薬用育毛剤

上の章でも少し触れたのでおさらいです。

まず薬用育毛剤は医薬部外品であること。次に有効成分が含まれていること。そして成分の全表示が義務ではないこと。

また、配合される量や濃度は下限~上限が決まっています。

このように薬用育毛剤は医薬部外品分類の商品なので、効果効能がきちんとあるので、抜け毛対策にいいということです。

まとめ

医薬部外品の育毛剤は医薬品の育毛剤よりも効果がありませんが、色々な薄毛に対応できる力が魅力です。

また、副作用の強さや効果の穏やかさも女性向きなので、おすすめできます。

しかも育毛剤初心者さんでも扱いやすい商品がたくさん発売されているので、安心して試すことができますね。