皮脂の多い女性が使うと抜け毛が増える危険な育毛剤とは?安全な育毛剤はコレ

皮脂の多い女性が使うと抜け毛が増える危険な育毛剤とは?安全な育毛剤はコレ

抜け毛や細毛が気になる女性の中には皮脂が多くて『育毛剤を使ったら頭皮や髪の毛がギトギト、テカテカしないかな?』と不安になっている方もいますよね。

たしかに頭皮に合わない育毛剤を使うとベタベタを感じることがあり、また抜け毛が増えることもあります。

ですから、育毛剤を選ぶ時は皮脂量をコントロールする成分配合のさっぱり系を選ぶことが大切です。

そこで、べたつき&抜け毛を増やす危険な育毛剤と、皮脂&抜け毛を抑える安全な育毛剤について解説します。

また、皮脂量の多い女性が育毛剤を使う時に気をつけるポイントなども解説するので参考にしてください。

べたつきと抜け毛を増やす危険な育毛剤!

べたつきと抜け毛を増やす危険な育毛剤!

こんにちは。毛髪診断士のAYAKOです。

ここでは皮脂量の多い女性が使うと、べたつきと抜け毛が倍増する危険な育毛剤についてお話します。

次の3つの育毛剤は過剰な皮脂と相性が悪いので、頭皮が湿っていたり髪の毛がテカっていたりする女性は使わないようにしてください。

  • 医薬品育毛剤
  • 男性用育毛剤
  • トロミのある育毛剤

それでは1つずつ説明します。

医薬品育毛剤

育毛剤には薄毛の治療に使う医薬品タイプと、育毛や発毛の促進、薄毛や抜け毛の予防などに効果的な医薬部外品タイプ、髪の毛や頭皮を健やかに保つ化粧品タイプがあります。

医薬品育毛剤

この3つの中で皮脂量の多い女性が使うと危険な育毛剤は医薬品タイプです。

医薬品育毛剤は薄毛改善効果が高い反面、副作用が強く出るタイプで、男性よりも頭皮が薄い女性が使用すると痛みやかゆみ、べたつきなどの色々なトラブルが発生します。

しかも、これらの副作用が原因となって抜け毛が増加し、薄毛が進行することもあります。

ですから、育毛剤を選ぶ時は刺激が少なく頭皮や毛穴に優しく作用する、副作用のない医薬部外品や化粧品タイプを選びましょう。

男性用育毛剤

2つ目は男性用育毛剤です。

皮脂量の多い男性用に作られた育毛剤なので、ついつい効果がありそうと使いたくなりますが、それは危険!絶対に止めましょう。

男性と女性では薄毛の原因が違うため、男性用の育毛剤をいくら使っても女性の抜け毛や薄毛が改善されることはありません。

また配合されている成分も男性用なので女性の頭皮には刺激が強く、抜け毛が増えてしまいます。

トロミのある育毛剤

3つ目はトローリ系の育毛剤です。

女性用育毛剤の多くがサラサラした液体ですが、保湿効果の高いものになるとトロミがついています。

皮脂量の多い女性が使用するとべたつきを感じるので避けましょう。

ただし、使い心地(べたつき)は育毛剤を見ただけではわかりません。ですから、実際に使った人の体験談や口コミを参考にするといいですよ。

ここでお話した3つの育毛剤は、皮脂量の多い女性には向いていません。しかも、抜け毛を増やす可能性が高いので選ばないようにしましょう。

では、次に皮脂量をコントロールして抜け毛を防ぐ、おすすめの女性用育毛剤を紹介します。

皮脂と抜け毛を防ぐ女性用育毛剤!

皮脂と抜け毛を防ぐ女性用育毛剤!

皮脂量の多い女性が使っても『ベタベタしない』抜け毛改善効果の優れた『さっぱり系』の女性用育毛剤を3つ紹介します。

どれも初回購入金額が超お手頃で、初めて育毛剤を使う方でも試しやすい育毛剤です。

また、医薬部外品タイプの薬用育毛剤だから刺激が少なく安心して使えます。

では、1つずつ詳しく紹介します。

ミューノアージュ(MUNOAGE)

1本目に紹介するのは、ドクターズ育毛剤として40代、50代、60代の女性から支持されている『ミューノアージュ(MUNOAGE)Wアプローチヘアプログラム』です。

ミューノアージュ(MUNOAGE)

公式サイトはこちら♪

女性の薄毛治療を実際に行っている現役皮膚科医によって開発された育毛剤で、その抜け毛改善力の高さは口コミでも話題になっています。

しかも、有効成分には過剰な皮脂を抑えるピロクトンオラミンが配合されているので、頭皮や髪の毛がべたついている女性の薄毛ケアに効果的です。

また最新薄毛治療にも使われている成分『オクタペプチド-2』が配合されているので、しっかりと抜け毛改善効果を実感できます。

オクタペプチド-2とは、髪の毛になる細胞を作り出すバルジ領域に直接働きかけて、毛髪生成工場の毛母細胞を増やす成長因子(グロースファクター)成分です。

バルジ領域

だから、どんな薄毛タイプにも効果的で根本から抜け毛を防いでくれます。

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュを安く手に入れる方法!

今ならミューノアージュを安く手に入れることができます!

ミューノアージュ01

購入時にクーポン番号『C1000』を入力するだけで【1,000円OFF】になっちゃいます!

ミューノアージュ02

今だけの期間限定割引です。このチャンスを逃さないようにしてください。

公式サイトはこちら♪

ミューノアージュをもっと知りたい方はこちら♪
ミューノアージュ(MUNOAGE)の効果的な使い方や成分を徹底解説!毛髪診断士による女性用育毛剤口コミ・体験レビュー

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

2本目は育毛専門サロン【バイオテック】が作り出した『長春毛精(ちょうしゅんもうせい)』です。

長春毛精(ちょうしゅんもうせい)

公式サイトはこちら♪

薄毛や抜け毛のケアをする専門サロンとして、30年以上の実績があるバイオテック。

その技術と経験から開発された長春毛精は、皮脂と抜け毛を抑える和漢植物成分を中心に作られています。

長春毛精の皮脂抑制成分

甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)、シャクヤクエキス、ヒノキチオール、大豆たんぱく水解物、ヨモギエキス、アロエエキスなど

しかも抜け毛と皮脂を防ぐ有効成分がナノ化(超微細化)されているので、毛穴の奥までしっかりと浸透して効果を発揮します。

また、育毛サロンならではのケアサポートが魅力的!年に2回バイオテックの店舗で頭皮チャックやカウンセリング、ケアアドバイスなどが受けられるんです。

だから、実際に自分の目で頭皮や髪の毛の状態を見ることができます。それに皮脂量過多の頭皮や髪の毛のケア方法も教えてもらえます。

公式サイトはこちら♪

マイナチュレ

3本目は、無添加育毛剤として大人気の『マイナチュレ』です。愛用者の年齢幅が広く20代、30代の若い女性から50代、60代のシニア世代にまで使われています。

マイナチュレ

公式サイトはこちら♪

マイナチュレには、皮脂の抑制と抜け毛の改善に優れたミツイシ昆布エキスが配合されています。

また、刺激の少ない天然植物由来の成分やアミノ酸成分がたくさん配合されているので、頭皮トラブルが起こりません。

サラッとしたテクスチャー、使い心地にこだわっているので、べたつかずに毎日楽しく使える育毛剤です。

また、半年間の長期全額返金保証が付いているので、6か月間使って頭皮との相性や薄毛改善効果を確かめることができます。

マイナチュレ

公式サイトはこちら♪

ここでは余分な皮脂をしっかりと抑えて抜け毛を防ぐ、育毛剤初心者でも試しやすい商品を紹介しました。

実際に皮脂量の多い私が試しても、頭皮や髪の毛がベタベタしない商品ばかりです。女性用育毛剤を選ぶ時の参考にしてください。

さて、次の章では育毛剤の皮脂抑制成分について解説します。

どんな成分が配合されているか確かめることで、べたつかない効果のある育毛剤を見つけることができます。

育毛剤に入っている皮脂を抑える成分

育毛剤に入っている皮脂を抑える成分

女性用育毛剤に配合されている過剰な皮脂を抑える成分には、皮脂量を調整する成分や皮脂腺の働きを抑える成分、乾燥を防ぐ成分があります。

皮脂が必要以上に分泌される原因は色々とありますが、乾燥もそのひとつ。頭皮の水分量が少なくなると、それを補おうとして皮脂がたくさん分泌されます。

ですから、皮脂量の多い女性は皮脂抑制成分と保湿成分が配合された育毛剤を選んでください。

それでは成分の説明をしましょう。

皮脂抑制成分

皮脂腺に直接作用したり、毛穴を引き締めたりして皮脂量をコントロールする成分です。

頭皮の皮脂腺はとても発達していて数も多いため、過剰に皮脂が分泌されやすい傾向にあります。

皮脂抑制成分

皮脂抑制成分一覧

成分名その他の作用
ピロクトンオラミン殺菌(抗菌)・抗酸化
シャクヤクエキス血行促進・抗炎症
海藻エキス保湿・細胞活性化
ヒノキチオール殺菌(抗菌)・抗炎症
ビタミンC抗酸化・血行促進
オドリコソウエキス抗炎症
オランダカラシエキス血行促進・細胞活性化
コメ発酵エキス保湿

女性ホルモン様成分

皮脂腺の働きを抑える女性ホルモン様成分。

女性ホルモンには、皮脂腺を活発化させるプロゲステロンと沈静化させるエストロゲンがあります。

育毛剤に配合されているのは、エストロゲンと似た働きをする女性ホルモン様成分です。

女性ホルモン様成分一覧

成分名その他の作用
センブリエキス血行促進・細胞活性化
酢酸DL-α-トコフェロール抗酸化・血行促進
グリチルリチン酸ジカリウム抗炎症・抗アレルギー
ヒオウギエキス男性ホルモン抑制・抗酸化
大豆エキス保湿・細胞活性化
ヨモギエキス抗炎症・血行促進
ホップエキス保湿・殺菌(抗菌)
ビワ葉エキス細胞活性化・男性ホルモン抑制

保湿成分

頭皮に水分を補給して、皮脂の過剰分泌を防ぐ保湿成分です。

皮脂がたくさん分泌されると、髪の毛のテカリや頭皮のべたつきが気になってゴシゴシと頭を洗ったり、何度もシャンプーをしたりしがちです。

しかし必要な皮脂まで落としてしまうと、頭皮内部の水分が蒸発して乾燥を招きます。

洗髪の仕方を見直して、保湿成分配合の育毛剤を使うようにしましょう。

ここでは、べたつかないサラサラ系の保湿成分を紹介します。

保湿成分一覧

成分名その他の作用
ヒアルロン酸抗炎症
アロエエキス抗酸化・抗アレルギー
カミツレエキス抗炎症・殺菌(抗菌)
アミノ酸細胞活性化
トウキエキス血行促進・抗炎症
イチョウ葉エキス血行促進・抗酸化
サンザシエキス細胞活性化・血行促進
ヘチマエキス細胞活性化・抗炎症

参考:ロート製薬株式会社

このように皮脂の分泌を抑える育毛剤成分は3つです。

上の章で紹介した育毛剤『ミューノアージュ』『長春毛精』『マイナチュレ』にも、もちろん配合されています。

さっぱり系の育毛剤を探している方は、ぜひ参考にしてください。

それでは最後に皮脂量の多い女性が、育毛剤を使う時に気をつけなければいけないことをお話します。

育毛剤を使う時の注意点

育毛剤を使う時の注意点

せっかく自分に合った育毛剤を見つけても、使い方が間違っていると効果が半減します。

次の3つのことを注意するだけで高い薄毛改善効果を実感できるので、試してみてください。

それでは1つずつ解説します。

余分な皮脂は落とす

まず育毛剤を使う時は、余分な皮脂を落としてからにしましょう。

女性用育毛剤は朝と夜の2回の使用が基本です。

夜はお風呂に入ってから使うので頭皮もすっきりしていますが、問題は朝。

皮脂量の多い女性は、寝ている間もしっかり皮脂が分泌されているので、寝て起きたら頭皮が脂っぽいこともあります。

そんな時は蒸しタオルで皮脂を浮かして拭き取りましょう。

お手軽!蒸しタオル洗髪の仕方

  • 蒸しタオルを用意します。濡らしたタオルをレンジでチンするとすぐにできます

  • ブラッシングをしたら、蒸しタオルを頭に巻いて5分~10分程度放置

  • 巻いたタオルの上にシャワーキャップを被ると蒸し効果がアップ

  • 浮いた皮脂を新しい蒸しタオルで拭き取ればOKです

  • その後、育毛剤をつける

これだけで、育毛剤の浸透力がグッと上がります!

適量を守る

育毛剤をたくさんつければ、その分早く抜け毛や薄毛が改善される。と思っていませんか?

いえいえ。それは間違いです。

育毛剤を必要以上につけると、それが刺激となって頭皮が荒れたり、赤くなったりしてしまいます。

また、頭皮には必要な分の育毛剤しか浸透されないので、たくさんつけても無駄です。容量はきちんと守りましょう。

しかし皮脂量の多い女性は、適量よりも少な目をつけて様子を見てください。そして、べたつかないのを確認したら育毛剤を足します。

ドライヤーの使い方

そして最後はドライヤーの使い方です。

女性用育毛剤はドライヤーで髪の毛を乾かしてから使うタイプと、タオルドライ後に半乾きで使うタイプがあります。

両方とも育毛剤をつけた後は自然乾燥でいいのですが、濡れた状態が続くと雑菌が繁殖しやすくなるのでドライヤーで乾かしてください。

この時、髪の毛だけにドライヤーを当てるのがコツです。

頭皮にドライヤーの温風が当たると、皮脂が分泌されることがあります。また、せっかくつけた育毛剤が蒸発してしまうので、ドライヤーは髪の毛だけにします。

まとめ

皮脂量の多い女性の育毛剤選びは『薄毛改善効果』と『べたつかない使いやすさ』の2つを重視する必要があります。

どんなに抜け毛改善効果が高い育毛剤でも、ベタベタしたら使い続けることはできませんよね。

しかも女性用育毛剤は長期間、毎日使わなければ効果が出ないので、使い心地の良さは妥協できない部分です。

この記事が、皮脂と抜け毛に悩む女性の育毛剤選びに役立てば、とてもうれしいです。