60代女性の加齢薄毛をしっかり改善!ハリ・コシを取り戻す育毛剤の選び方!

60代女性の加齢薄毛をしっかり改善!ハリ・コシを取り戻す育毛剤の選び方!

老年期と呼ばれる時期に差し掛かる60代。

でも60代女性はまだまだ若い!最近はオシャレで華やかなシニア世代が増えています。

ただ髪の悩みは尽きませんよね。老化現象のひとつだから仕方ない…と割り切れたらいいけど、なかなかそうはいかないものです。

そこで60代女性の薄毛原因や育毛剤の効果を上げるセルフケアについてお話しするので、参考にしてください。

60代の女性の薄毛原因

60代女性が薄毛になる原因は大きく分けて3つ。すべてのことが重なって起こるので、老化薄毛は厄介です。

しかし薄毛の原因に合ったセルフケアを行い、育毛剤を使うことで細毛が太くなり、抜けにくくなります。

また新しい毛も生えてくるので、透けていた地肌も目立たなくなりますよ。

  • 更年期後の女性ホルモン切れ
  • 毛細血管の減少
  • 細胞の老化

それでは、1つずつ解説しましょう。

更年期後の女性ホルモン切れ

60代女性の最も大きな薄毛原因は、閉経による完全な女性ホルモン切れです。

女性ホルモンには、髪の毛を太くしたり長くしたり、寿命を延ばしたりする作用があります。

ですから、たくさん女性ホルモンが分泌されている20代や30代は、髪の毛にとってベストな時期です。

髪の毛にとって女性ホルモンは、なくてはならない物質ですが、閉経すると分泌されなくなります。

閉経平均年齢の50歳くらいから少量の女性ホルモンがダラダラと分泌される状態に入り、更年期を過ごします。

そして、60代に入ると女性ホルモンが完全に切れるので、地肌が透けるくらい髪の毛の量が減るのです。

女性ホルモン量の変化

また女性ホルモンが切れると、それまで影響を受けなかった脱毛促進効果のある男性ホルモンの作用を受け始めます。

そのため薄毛が進行して、最悪かつらを使わなくてはいけない状態になることも。

毛細血管の減少

2つ目の原因は毛細血管の減少です。60代の毛細血管数は20代に比べると約40%も減っています。

毛細血管数の変化

そのため、髪の毛の成長に欠かせない血液を頭皮の隅々まで送り届けることができなくなり、細く弱い毛が増えたり、毛穴から生えてくる本数が減ったりします。

しかも毛細血管の減少で起こる血行不良をそのままにしていると、頭全体が薄くなる『びまん性脱毛症』は発展するので注意が必要です。

細胞の老化

3つ目は細胞の老化です。

私たちの体は細胞も含め、年を重ねると衰えていきます。老眼が始まったり、白髪が増えたり、物忘れが激しくなったり老化現象が起こります。

髪の毛は毛根内にある細胞が分裂をくり返すことで太く長くなりますが、年を取ると分裂スピードが低下し、新しい毛がなかなか生えてきません。

花王が行った毛髪の加齢変化に関する調査では、60代の毛髪実態がわかりました。

参考:花王

毛髪の密度
20代頭頂部・約210本
60代頭頂部・約160本
毛髪の太さ
30代頭頂部・約0.07㎜
60代頭頂部・約0.06㎜
毛髪成長速度
20代~40代約0.4㎜/日(1.2㎝/月)
60代約0.3㎜/日(0.9㎝/月)
成長期の割合(伸びる状態の毛)
20代~40代約80%
60代約55%
休止期の割合(抜ける状態の毛)
20代~40代約15%
60代約30%

このように老化薄毛は、年齢による変化が原因です。60代女性の薄毛は、ある程度自然なことなので仕方ありません。

しかし原因に合った成分配合の育毛剤を選び、セルフケアをしっかりすれば改善されるので諦めないでください。

次の章では、60代女性の薄毛改善方法を紹介します。

60代の女性の薄毛改善方法

60代女性の薄毛対策法は、育毛剤とセルフケアで決まりです。

自分に合った育毛剤を見つけ、老化薄毛の改善に有効なセルフケアを続けることで、ハリ・コシ・ツヤのある髪の毛を取り戻すことができます。

しかも、セルフケアは日常生活を少し変えるだけの方法ばかり。簡単に始めることができ、長続きしやすいケアです。

それでは、60代女性の薄毛対策に効果的な方法を3つお話します。

  • 家でできる有酸素運動
  • バランスの良い食事
  • 質の良い睡眠

家でできる有酸素運動

まず1つ目は有酸素運動です。

有酸素運動を行うことでホルモンバランスが整い、毛細血管が増え、細胞が活性化されます。

有酸素運動として有名なのがウォーキング。散歩がてらに歩いている60代女性もいますよね。

でも、もっと簡単にできる『おうちで行う有酸素運動』を紹介しましょう。雨の日や暑い日、寒い日などウォーキングをお休みした日にも活用できます。

室内でできる有酸素運動

  • 踏み台昇降
  • ラジオ体操
  • ヨガ

踏み台昇降

踏み台を昇ったり降りたりするだけの運動です。テレビを観ながらできるので10分15分簡単にできます。

踏み台の高さを変えると負荷が違ってくるので、まずは10㎝前後から始めて、慣れたら徐々に高くしていきましょう。

ポイントは無理をしないこと!頑張り過ぎて膝を痛めることがないようにしてください。

ラジオ体操

国民的体操と言えばラジオ体操。

誰でも知っているラジオ体操は立派な有酸素運動です。60代女性でも無理なくできますね。

最近ではダイエット方法のひとつとしても人気があり、注目されています。

参考:ラジオ体操・NHK

ヨガ

女性に大人気のヨガ。呼吸の仕方に気をつけて簡単なポーズから始めると継続しやすいです。

ヨガスタジオだと恥ずかしい体の硬さも家なら気になりません。できる範囲で始めることをおすすめします。

東洋羽毛

バランスの良い食事

2つ目はバランスの取れた食事です。

髪の毛の成長に大きく影響する食事。ダイエットなどで食事制限をすると、髪の毛の質が低下して、細毛や抜け毛が増えます。

薄毛に悩む60代女性におすすめの食事は和食です。

豆腐や納豆、味噌などの大豆製品は女性ホルモンのバランスを整え、和菓子に使われるニッキには毛細血管増加作用があります。

また、緑茶や発芽玄米には強力な抗酸化作用があり、細胞の劣化や老化を食い止める効果があります。

和食で忘れていけないので『まごわやさしい』です。7つの食品を料理に取り入れることでバランスの良い食事になります。

畑のお肉と言われる豆類。良質のたんぱく質、豊富なミネラルは髪の毛の成長にも欠かせません。

ゴマなどの種実類。松の実や銀杏、ナッツやくるみなども入ります。

わかめやひじきなどの海藻類。焼き海苔やのりの佃煮はご飯のお供にぴったりですね。

野菜類。1日の摂取目安量は350gです。ほうれん草やニンジンなどの緑黄色野菜、大根やもやしなどの淡色野菜があります。

魚類。生でも焼いても煮ても揚げても美味しいので積極的に摂りましょう。和食には欠かせない食材です。

しいたけなどのキノコ類。えのきやしめじ、舞茸などはお味噌汁の具としても優秀ですね。低カロリーなので、ダイエット中の女性におすすめ。

芋類。じゃがいも、里芋、サツマイモ、かぼちゃなど。皮つきで食べると栄養価が上がります。

質の良い睡眠

最後は質の良い睡眠です。

睡眠をしっかり取ることで、脱毛促進作用のある男性ホルモンの働きが抑えられたり、傷ついた毛細血管が修復されたりします。

また、細胞を活性化する成長ホルモンの分泌が盛んなり、毛根内の細胞分裂が活発になります。

そのため髪の毛は寝ている間に一番成長するんです。

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があり、朝まで交互にくり返されています。

睡眠には深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があり、朝まで交互にくり返されています。

質の良い睡眠とは最初に訪れるノンレム睡眠をどれだけ深くすることができるかです。

そのためにも寝る準備は怠らないようにしましょう。

質の良い睡眠を取る方法

  • 消化のことを考えて夕食は寝る3時間前までに済ませる
  • 脳のパターン化!起床時間と就寝時間は一定にする
  • 脳の覚醒を抑えるために寝ながらスマホは厳禁
  • 温度と明るさで寝る環境作りをする
  • 起きたらすぐに朝日を浴びて体内時計をリセットする

さて、60代女性の薄毛対策方法を3つお話しましたが、どうでしたか?

どれもすぐにできることばかりですが、くれぐれも無理は禁物。自分のペースで始めてください。

まとめ

60代女性の老化薄毛は、育毛剤とセルフケアを続けることで改善が可能です。

ただし、最低でも半年間は続けないと効果を実感することができないので、諦めないことが肝心。

60代の今しっかりと薄毛対策をすることで、70代、80代になっても地毛で過ごせるようになりますよ。