必見!40代女性の薄毛改善方法!これで抜け毛対策はバッチリ!

必見!40代女性の薄毛改善方法!これで抜け毛対策はバッチリ!

髪の毛が細くなった…。量が減った…。白髪が増えた…。40代に入ると女性の髪の悩みはグッと増えます。

まだまだ若いと思っても、ハリやコシ、ボリュームがなくなった髪の毛を見ると『年のせいかな…』と落ち込んでしまいますよね。

しかも40代は更年期を迎える年代。精神的にも肉体的にもつらい時期で、薄毛の悩みも切実です。

そこで40代女性の薄毛原因や改善方法を解説します。抜け毛や細毛、わけ目やつむじが気になる方は参考にしてください。

更年期世代の薄毛はセルフケアで十分対応可能!諦めないことが大切です。

40代女性の薄毛原因

40代女性の薄毛原因には大きく分けて2つのパターンがあります。

また、その2つの原因が重なり合って起こることも多く、40代女性の薄毛は複雑です。

しかし、正しいケアをすれば改善が可能なので、諦めないことが重要になります。

40代女性の薄毛原因

  • 更年期による薄毛
  • 生活習慣の乱れによる薄毛
  • 複合原因による薄毛

では、それぞれを詳しく説明します。

更年期による薄毛

まず1つ目が女性ホルモンの減少で起こる更年期の薄毛です。

更年期とは閉経の時期を挟んだ前後数年のことで、一般的には45歳~55歳の約10年間とされています。

更年期による薄毛

この時期、髪の毛を太くして寿命を延ばす女性ホルモンの分泌量が一気に減るため、細毛や抜け毛が増え、分け目やつむじが気になります。

最近では、40代前後で女性ホルモン量が著しく低下する方も多く、更年期による薄毛が幅広い年代で起こるようになりました。

また、女性ホルモンの分泌量が減ると、それに伴い自律神経のバランスが乱れます。

じつは女性ホルモンと自律神経のバランスをコントロールしているのは、同じ脳の視床下部です。

ですから、どちらかのバランスが乱れると、必然的にもう一方のバランスも崩れてしまいます。

自律神経が乱れると頭皮の毛細血管が収縮して、髪の毛の成長に必要な血液が毛根に届かなくなってしまうのです。

しかも、女性ホルモンが減ると皮膚の生まれ変わりであるターンオーバー(新陳代謝)も低下します。

参考:女性ホルモンが皮膚のターンオーバーに及ぼす影響の検討

ターンオーバーが正常に働かないと、髪の毛の土台である頭皮のバリア機能が低下したり、毛穴が塞がったりして、発毛や育毛が十分に行われないようになります。

生活習慣の乱れによる薄毛

2つ目がストレスや睡眠不足、たばこなどの生活習慣の乱れによって起こる薄毛です。

40代になると生活習慣の乱れが髪の毛にダイレクトに影響します。20代や30代とは明らかに違うので気をつけないといけません。

ストレス

現在、女性の初出産年齢は30歳を超えています。

初出産の平均年齢

そのため2人目、3人目の出産が35歳前後になることもあり、40代で乳児や幼児の子育て中の方も多くいます。

また反対に子供が大きくなり、フルで仕事をしている方もたくさんいる年代です。

ですから、40代は子育てや家庭、仕事でのストレスを過度に感じる時期なのです。

ストレスを感じると内臓や呼吸器などの機能を司る自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。

ストレスを感じると内臓や呼吸器などの機能を司る自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れます。

ストレスによって交感神経が優位になると脱毛を促進する男性ホルモンの働きが活発になり、抜け毛を増やします。

睡眠不足

寝具で有名な東京西川が2018年に行った『日本人の睡眠調査』によると、40代女性は他の年代に比べて睡眠時間・質に対する不満が最も高いことがわかりました。

参考:東京西川・睡眠白書2018

それだけ多くの40代女性が、睡眠不足を実感しているんですね。

寝不足が続くと、毛根内の細胞を活発にする成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

成長ホルモンは寝ている間に分泌され、発毛や育毛をコントロールする毛乳頭細胞や髪の毛を作る毛母細胞の分裂を促します。

ですから薄毛を防ぐには、成長ホルモンをいかに多く分泌させるかにかかっているんです。

睡眠には、深い眠りの『ノンレム睡眠』と浅い眠りの『レム睡眠』があり、朝まで繰り返しています。

睡眠には、深い眠りの『ノンレム睡眠』と浅い眠りの『レム睡眠』があり、朝まで繰り返しています。

成長ホルモンは、入眠後最初にくる深い眠り(ノンレム睡眠)に最も多く分泌されるので、この時間をどれだけ深く寝るかがポイントです。

一昔前までは、22時~2時までが成長ホルモンの分泌が活発な時(ゴールデンタイム)とされていましたが、今は眠ってからの90分が勝負です。

タバコ(喫煙)

女性の中で、最も喫煙率が高い40代。タバコは体にも髪の毛にも悪影響を与える嗜好品です。

参考:厚生労働省の最新たばこ情報

たばこに含まれるニコチンやタールなどの有害物質は、頭皮の毛細血管を収縮させる作用があり、血行不良を引き起こします。

髪の毛は血液中の酸素や栄養を材料に成長するので、血の巡りが悪くなると細毛や軟毛が増えます。

また、脱毛を促す男性ホルモンが活発になったり、髪の毛に欠かせないビタミンやミネラルが大量に消費されたりするので、禁煙することをおすすめします。

複合原因による薄毛

最後の3つ目は、女性ホルモンの分泌量減少と生活習慣の乱れが重なり合って起こる薄毛です。

40代女性の多くが複合原因によって薄毛を発症します。

しかし原因が色々あっても、セルフケアの手間や薄毛改善までの期間は変わりません。

ですから、あまり気張らずに気長にケアすることを心がけてください。

このように40代女性の薄毛は、加齢で起こる体の変化や日常生活のちょっとしたことが原因で起こります。

これらの原因に合ったケアをすることで、薄毛改善力が発揮され、発毛効果を実感することができます。

また、自分に合った育毛剤も見つけやすくなるので、次の章で詳しくお話します。

40代女性が失敗しない育毛剤の選び方

40代女性の薄毛ケアに欠かせない育毛剤。失敗しない選び方を紹介するので参考にしてください。

薄毛の原因別にお話しますね。

原因別!失敗しない育毛剤の選び方

  • 更年期による薄毛
  • 生活習慣の乱れによる薄毛
  • 複合原因による薄毛

更年期による薄毛

更年期による薄毛は、女性ホルモンの減少が主な原因です。

また、それに伴って血行不良や頭皮環境の悪化なども起こります。

ですから、次の3つの成分が配合された育毛剤を選ぶことが大切です。

  • 女性ホルモン様成分
  • 血行促進成分
  • 抗酸化成分

女性ホルモン様成分

40代に入ると髪の毛の成長を助ける女性ホルモン量がグッと減ってしまうので、女性ホルモンと似た働きをする成分配合の育毛剤がおすすめです。

40代女性に効果的な女性ホルモン様成分は、大豆エキス、酢酸DL-α-トコフェロール、ホップエキス、センブリエキス、オリスエキスなどになります。

血行促進成分

更年期世代は『ゆらぎ期』ど真ん中。自律神経が乱れて、精神的にも不安になりやすい時期です。

自律神経の乱れによる血行不良には、毛細血管を広げたり、血液をサラサラにしたり、血量を増やす作用のある成分配合の育毛剤が効果的!

優れた血行促進作用のある成分は、センブリエキス、ニンジンエキス、イチョウ葉エキス、トウキエキス、カミツレ花エキスなどです。

抗酸化成分

アンチエイジング効果のある抗酸化成分は、40代女性の薄毛ケアに欠かせません。

頭皮の酸化を防ぐことで、乾燥や炎症などの地肌トラブルが起こらず、髪の毛が育ちやすくなります。

抗酸化力の高い成分は、コメ発酵液、ゴボウエキス、マテ茶エキス、カキタンニン、シソ葉エキスなどです。

生活習慣の乱れによる薄毛

生活習慣の乱れによる薄毛は、日々の暮らしを改善することが前提になります。

そして、育毛剤をプラスすることで発毛力がアップするので、ケアのひとつとして取り入れることをおすすめします。

生活習慣の乱れによる薄毛には、次の3つの成分が配合されている育毛剤を選ぶと失敗しません。

  • 男性ホルモン抑制成分
  • 細胞活性化成分
  • 血行促進成分

男性ホルモン抑制成分

女性の体に存在している男性ホルモンは微量ですが、ストレスなどによって優位に働くことがあります。

脱毛促進作用のある男性ホルモンを抑える成分は、センブリエキス、茶エキス、海藻エキス、オウゴンエキス、ノコギリヤシエキスなどです。

細胞活性化成分

寝不足などで起こる細胞の不活性は、毛根内の毛乳頭細胞や毛母細胞の働きを弱めます。

40代女性におすすめの細胞活性化成分は、センブリエキス、パントテニルエチルエーテル、オクタペプチド-2、CTP、シコンエキスなどです。

血行促進成分

毛根に栄養を送ることができる血行促進成分はビワ葉エキス、イチョウエキス、クエン酸、センブリエキス、ニンジンエキスなどがあります。

複合原因による薄毛

複合原因による薄毛には、女性ホルモン様成分を中心とした育毛剤がおすすめです。

その他に男性ホルモン抑制成分や血行促進成分、抗酸化成分が配合されている女性用育毛剤を選ぶと失敗しません。

最近はピルやがん治療に使われている合成された女性ホルモン(エチニルエストラジオール)配合の育毛剤が発売されています。

薄毛改善効果が高く、臨床試験でも発毛力が認められた成分ですが、合成ホルモン剤なので、体に何かしらの副作用が出る可能性を考えると私はおすすめしません。

40代女性の薄毛改善方法

次に40代女性の薄毛改善方法について解説します。

40代女性の抜け毛や細毛は、薄毛専門クリニックやサロンに通わなくてもセルフケアで十分に改善されます。

ですから、つむじや分け目のボリュームダウンが気になり始めたら、まずは自分でケアすることから始めてみるのはどうでしょうか?

薄毛原因に対応した育毛剤を使う

40代女性の薄毛ケアには育毛剤が欠かせません。

加齢によって衰えた頭皮や毛穴、毛根に直接作用して、発毛や育毛に必要な栄養などを補ってくれるので、自然治癒力が低下した40代女性に最適です。

しかも、自分の薄毛原因に合った育毛剤を選べば、しっかりと改善効果を実感できます。

ただし、女性用育毛剤だけでは40代女性の薄毛は解消されないので、その他のセルフケアも同時に行うことが必要です。

ホルモンバランスを整える

40代に入ると女性ホルモンの分泌量が一気に減ります。これは加齢による卵巣機能の衰えが大きな原因。

そこで卵巣機能を整える方法を説明します。まず、簡単にできるのがツボ押しです。

外側のくるぶしの下付近に卵巣のツボがあります。くるぶしの周りを指で押したり、揉んだりしましょう。

外側のくるぶしの下付近に卵巣のツボがあります。くるぶしの周りを指で押したり、揉んだりしましょう。

また、足裏のかかと部分にも卵巣機能を高めるツボがあります。卵巣は2つあるので、両足のツボを押すようにしましょう。

また、足裏のかかと部分にも卵巣機能を高めるツボがあります。卵巣は2つあるので、両足のツボを押すようにしましょう。

次に冷え対策です。体が冷えて血行が悪くなると卵巣の働きが低下して、女性ホルモンの分泌量が減ります。

女性は元々、体の熱を作り出す筋肉が少なく、熱が伝わりにくい皮下脂肪が多いため体が冷えがち。

とくに40代に入ると代謝が落ちるので皮下脂肪が付きやすく、冷えが悪化する傾向にあるんです。

ですから、できるだけ体を冷やさないようにして、積極的に体を温めるようにしてください。

体を冷やさないようにする

  • 冷たい物は飲まない
  • 薄着はしない
  • 室温を下げ過ぎない

体を温めるようにする

  • 湯船に入る
  • カイロを活用する
  • 腹巻をする
  • 首・手首・足首を温める
  • 軽い運動

また、毎日食べる食材が体を冷やしていることもあります。

食べ物には体を温める『陽性食品』と、体を冷やす『陰性食品』があるので、40代女性は陽性食品を積極的に摂ることをおすすめします。

参考:公益財団法人・兵庫県健康財団

陽性食品陰性食品
しょうが・シナモン・人参・かぼちゃ・味噌・チーズ・あじ・マグロ・鶏肉・栗大根・わかめ・きゅうり・牛肉・カニ・バナナ・リンゴ・みかん・たこ・トマト

生活習慣を改善する

40代女性はストレス発散や質の良い睡眠、禁煙などを心がけることが大切です。

日常生活を少し変えることで薄毛対策になるので、日々の生活を見直してみましょう。

ストレス発散

ストレスを感じないことは無理ですが、発散する方法は色々とあります。

2016年に花王が行った『40~50代女性の「疲れ」と解消法』の調査では、次のようなストレス発散方法が紹介されていました。

  • 友達とのランチ
  • 休日のショッピング
  • スイーツを食べる
  • ペットと過ごす
  • 湯船に15分以上浸かる

参考:花王

どのストレス解消方法も『うん。うん。わかる』と言いたくなるものばかりですよね。

ちなみに40代の私は、カラオケに行く、マンガを読む、ひたすら寝るなどでストレスを発散しています。

また、ストレスを感じたらすぐに深呼吸したり、ガムを噛んだり、伸びをしたりして、心を落ち着けるように心掛けています。

質の良い睡眠

質の良い睡眠を取るには、眠る前に気をつけないといけないことがあります。

食事やお風呂の時間、寝室の環境、寝る前にしてはいけないことなどに気を配ることが大切です。

  • 食事は寝る3時間前までに!
  • お風呂は寝る90分前がベスト
  • 寝ながらスマホは厳禁
  • 寝酒はしない
  • 寝室の明かりは暗くする
  • 温度と湿度を整える
  • 温度→夏26~27度・冬23℃~24度
  • 湿度→60%前後

禁煙

どんどん値上げるタバコ代!今がやめ時です!

百害あって一利なし。髪の毛にも体にも悪いタバコをいつまで続けるつもりですか?

自分で止めることができないときは、禁煙外来もあります。薬を使ってタバコを止めるのも一つの方法です。

禁煙外来については下記のサイトを参考にしてください。

近くの禁煙外来を探したり、保険適用の条件を知りたい時に便利なサイトです。

参考:ファイザー

まとめ

40代女性の薄毛は、病院やサロンに通わなくても改善されることが多く、とくに育毛剤が効果的です。

また、生活習慣を見直すことも有効で、セルフケアでも十分、髪のハリやコシ、ボリュームが戻ります。

ただ、すぐに効果を実感できるわけではありません。最低でも半年はセルフケアを続けてください。

毎日、ケアすることで徐々に髪の毛が太くなっていくので諦めないようにしましょう。