抜け毛が気になる30代女性必見!最強の薄毛改善法を解説!

抜け毛が気になる30代女性必見!最強の薄毛改善法を解説! 30代女性の98%が今後の薄毛に対する不安を感じている…。 これは株式会社リクルートライフスタイルが行った『薄毛に関する意識調査2017』の結果です。 薄毛に関する意識調査2017 参考:株式会社リクルートライフスタイル 30代は他の年代よりも『将来の薄毛』を不安に感じる時期。だから抜け毛の量がとっても気になり、薄毛に敏感です。 そのため、最近は30代女性に効果的な育毛剤がたくさん発売されています。 でも、どの育毛剤を選んでいいのか、どれが一番いいのか、商品を見ただけではわかりませんよね。 そこで、効果の高い育毛剤の選び方を紹介します。 また、30代女性の薄毛を改善する最強の方法をこっそりと解説するので、参考にしてください。

効果の高い育毛剤を選ぶコツ!

ここでは自分に合った育毛剤を探すポイント、効果の高い育毛剤を選ぶコツについて説明します。 選び方のコツは次の3つです。
  • 薄毛の原因を把握する
  • 成分を確認する
  • 試すことができる育毛剤
では、それぞれを詳しく解説します。

薄毛の原因を把握する

まず、1つ目は『薄毛がなぜ起こったか』原因を把握することです。 30代女性の薄毛原因は大きく分けて3つあります。 自分がどのタイプの薄毛なのかを知ることで、育毛剤選びが簡単にできるようになります。

30代女性の薄毛原因

  • 仕事や子育てによるストレス
  • 年齢による卵巣機能の低下
  • 妊娠や出産での体の変化

仕事や子育てによるストレス

30代は女性として、とても忙しい時期。仕事、家庭、子育てなどがストレスになって薄毛になります。 慢性的にストレスを感じると、体や心のバランスを保っている自律神経が乱れます。 自律神経が乱れると毛細血管の収縮を引き起こす交感神経が活発に働くようになり、頭皮の血行が悪化。 髪の毛は血液中の酸素や栄養素を元に成長するので、血行不良は薄毛の原因です。 また、自律神経と女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは、脳の同じ場所、視床下部になります。 女性ホルモンは、髪の毛の成長を助ける発毛促進ホルモンです。 ですから、ストレスによって自律神経が乱れると必然的に女性ホルモンの分泌コントロールも上手くいかなくなり分泌量が低下。結果、髪の毛がうまく成長しません。 しかも、イライラすると抜け毛や脱毛を増やす男性ホルモンの働きが活発になり、薄毛が進行します。 30代の女性は男性のようにバリバリ仕事をこなしたり、仕事と家庭を両立したり、妊娠と出産を経験したりする年代です。 そのためストレスを感じやすく、それが引き金となって抜け毛や細毛が増えます。

年齢による卵巣機能の低下

女性ホルモンを分泌する卵巣は30代後半から機能が低下すると言われています。 ですから、30代後半になると髪の毛を太くしたり寿命を延ばしたりする女性ホルモンの分泌量が減少。薄毛を発症します。 しかし、卵巣の機能が低下する時期は個人差が激しく、とくに最近は30代前半でも女性ホルモンの分泌量が少なくなっています。 30代前半で卵巣機能が低下する原因は、偏った食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れやストレス、喫煙などです。

妊娠や出産での体の変化

妊娠や出産をすると、体には大きな変化が生まれます。 そして、その変化によってストレスや栄養不足、ホルモンバランスの乱れなどが起こって薄毛になります。 例えば妊娠中。つわりがひどいと何も食べられなくなり、毛根に届く栄養が減少するので、髪の毛は成長しません。 また、産後は3時間おきの授乳や慣れない子育ての不安からストレスが溜まります。 しかも、出産すると妊娠中大量に分泌されていた女性ホルモンが一気に元の量に戻るため、ホルモンバランスが乱れます。 ストレスやホルモンバランスの乱れは、血行不良や女性ホルモン量の減少を引き起こす原因です。 このように30代女性のおもな薄毛原因は、『ストレス』『卵巣機能の低下』『妊娠や出産による体の変化』です。 自分がどのタイプの薄毛か把握できました? 薄毛のタイプが分かったら、次は育毛剤の配合成分の確認です。 

成分を確認する

2つ目は育毛剤の配合成分の確認です。 自分に合う育毛剤を見つけるなら、薄毛の原因を解決してくれる成分が配合されている商品を見つけましょう。

ストレスによる薄毛に有効な成分

血行促進成分・女性ホルモン様成分・男性ホルモン抑制成分

卵巣機能の低下による薄毛に有効な成分

女性ホルモン様成分・血行促進成分・抗酸化成分

妊娠や出産による薄毛に有効な成分

血行促進成分・女性ホルモン様成分・細胞活性化成分
血行促進成分
センブリエキス・ニンジンエキス・酢酸DL-α-トコフェロール・ヒノキチオール・セファランチンエキス
女性ホルモン様成分
ヒオウギエキス・大豆エキス・ビワ葉エキス・ヨモギエキス・センブリエキス
男性ホルモン抑制成分
ボタンエキス・ジオウエキス・ビワ葉エキス・茶エキス・ホップエキス
抗酸化成分
イチョウ葉エキス・カミツレエキス・ニコチン酸アミド・エイジツエキス・サンザシエキス
細胞活性化成分
ビワ葉エキス・ニンジンエキス・パントテニルエチルエーテル・コンブエキス・ワレモコウエキス
女性用育毛剤の配合成分を確認することで、どんな成分が含まれているかわかります。 30代女性の薄毛改善には上の表にある成分が効果的です。これらの成分が配合されている育毛剤を選ぶようにしましょう。

試すことができる育毛剤

3つ目は、お試しセットや全額返金保証がある育毛剤を選ぶことです。 30代女性、とくに肌が弱い方やアレルギー体質の方、妊娠中や授乳中のママは、実際に使って副作用の有無を確かめることができる育毛剤を選びましょう。 どんなに刺激のない女性用育毛剤でも、頭皮の状態や体調などによって赤みやかゆみ、痛みなどが出ることがあります。 ですから、本商品よりも価格の安いお試しセットや、使ってみて満足できなければ購入代金が返ってくる全額返金保証制度のある育毛剤がおすすめです。 これら3つのコツをしっかりと抑えて、自分に合った育毛剤を見つけてください。 さて、次の章では30代女性の薄毛を改善する最強の方法を紹介します。どんな方法があるか楽しみですね。

30代の薄毛を改善する最強の方法

30代女性の薄毛は、きちんとしたケアをすることで改善されます。 ここで紹介する方法を諦めずに続けると薄毛改善期間が短くなったり、自然治癒力がアップしたりしますよ。

2つのケアを組み合わせる

30代女性の薄毛は、体の外側からと内側からのケアを同時に行うことで改善力がアップします。 どちらか1つだけを一生懸命行っても、薄毛改善力は上がりません。 では、2つのケアを詳しく紹介しましょう。

体の外側からのケア

30代女性の薄毛に効果的な体の外側からのケアは、頭皮や毛穴に直接作用する育毛剤、頭全体の血行を促進するマッサージ、体全部を温めるお風呂です。
  • 育毛剤
  • 頭皮マッサージ
  • お風呂

育毛剤

30代の薄毛対策に育毛剤は欠かせません。 でも『30代で育毛剤は早いかな?』と思いますよね。しかし、そんなことないんですよ。 女性の髪の毛は、加齢と共に細くなって抜けやすくなります。少しでも早く予防することで薄毛の進行を遅らせることができるんです。 だからこそ、薄毛が気になり始める30代から育毛剤を使うべき!10年後、20年後の毛量が違ってきます。 ただし、自分に合った育毛剤を使わないと効果が実感できないので気をつけましょうね。

頭皮マッサージ

体の外側から行うケアとして効果の高い頭皮マッサージ。 頭全体をマッサージすることで、血の巡りが良くなり、髪の毛の成長に必要な血液がたくさん毛根に届くようになります。 また、血行が良くなることで余分な老廃物も排出されるようになり、頭皮の状態が整い、発毛しやすくなるんです。

頭皮マッサージの基本形

  • 指で円を描くようにして頭皮を揉みほぐす揉捻法
  • 頭皮をつかむように指先に力を入れて、弾みをつけで指を離す圧迫法
  • 軽く握ったこぶしの側面で頭皮を叩く叩打法
参考:薄毛の予防・診断

お風呂

お風呂に入ることで頭皮だけではなく全身が温まります。 体の内部まで温まることで卵巣の機能が活発になり、髪の毛の成長を助ける女性ホルモン量が増えます。 卵巣も毛根と同じで、血液中の栄養や酸素がたくさんあると活性化するんですよ。

体の内側からのケア

次に30代女性の薄毛に効果的な体の内側からのケアについてお話します。 ここで紹介するのは、栄養素がダイレクトに摂取できるサプリ、女性ホルモンを増やす食べ物、ホルモンバランスを整える睡眠です
  • サプリ
  • 食べ物
  • 睡眠

サプリ

女性の抜け毛や薄毛の改善をサポートするサプリ。 髪の毛の成長に必要な栄養を直接摂ることができるので、人気の高いアイテムです。 最近は、発毛促進だけではなく頭皮環境の改善にも効果がある複合系のサプリも多く発売されています。 でも『サプリって本当に効果があるの?』と思いますよね。 たしかに、サプリを飲むだけで髪の毛は生えません。ただし、地肌を整えたり、毛髪の質を上げたりする効果があります。 ですから、サプリは薄毛専門クリニックでも処方されるほど、女性の抜け毛改善に有効なアイテムです。 サプリを上手く取り込むことで頭皮が健康に保ち、髪の毛にハリやコシを取り戻すことができます。 30代におすすめのサプリは、ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが配合されているオールインワン型の複合サプリです。 また、頭皮の血行を促進する成分やホルモンバランスを整える成分配合のサプリもおすすめ。
ビタミン
ビタミンB6・ビタミンB12・ビチオン・葉酸・ビタミンC
ミネラル
亜鉛・カルシウム・セレン・鉄・ヨウ素
アミノ酸
シスチン・メチオニン・アルギニン・リジン・セリン
血行促進成分
高麗人参エキス・イチョウ葉エキス・ヒハツ
ホルモンバランス改善成分
大豆胚芽エキス・プラセンタ・イソフラボン
ただし、サプリを飲むときには成分の過剰摂取に気をつけなければいけません。 ビタミンやミネラルには、1日に摂取する目安の量が決まっています。上限量よりも多く摂取すると健康被害を生じることがあるので注意が必要です。

食べ物

ここでは女性ホルモンの分泌量を上げる食べ物について説明します。 30代になると女性ホルモン量が徐々に減ってしまうので、食べ物から補給することをおすすめします。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれた大豆製品は、毎日摂りたい食べ物です。 1日の摂取目安量は70~75 mg。納豆は1パックで約35 mg、お豆腐は半丁で約40 mgになります。

イソフラボン75mgの目安

納豆だけなら(1パック45g)2パックで=約71mg
お豆腐だけなら1丁まるごと300gで=約80mg
豆乳だけなら(1パック200g)2パックで=約82mg
きな粉だけなら(大さじ1で6g)大さじ8杯で=約77mg
参考:イソフラボン含有量・何にどれだけ? また、女性ホルモンの分泌を促進するボロンを多く含んだひじきやキャベツも、進んで摂りたい食べ物です。

ボロンを含んだ食べ物

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • レタス
  • ひじき
  • ワカメ
  • 昆布
  • リンゴ
  • ぶどう
  • アーモンド

睡眠

最後はホルモンバランスを整える睡眠についてです。 睡眠には傷ついた脳や内臓、細胞の回復や修復を行う効果があります。 そのため、しっかりと睡眠を取ると自律神経が整い卵巣機能も改善され、女性ホルモンの分泌量が正常になり男性ホルモンの影響を受けにくくなります。 しかし、睡眠を取るといっても、たくさん寝ればいいわけではありません。質の高い睡眠を取らなければ意味がないんです。 睡眠には、深い眠りの『ノンレム睡眠』と浅い眠りの『レム睡眠』があり、寝ている間くり返しています。 睡眠には、深い眠りの『ノンレム睡眠』と浅い眠りの『レム睡眠』があり、寝ている間くり返しています。 質の高い睡眠とは、寝入ってから最初に訪れるノンレム睡眠時に、どれだけ深く眠ることができるかで決まります。

質の高い睡眠を取る方法

  • 食事は寝る3時間以上前に済ませておく
  • 入浴は寝る1時間半前くらいがベスト
  • 40度以下のぬるめのお風呂
  • カフェインは夕方まで
  • 起きたら太陽の光を浴びる
  • スマホは寝る1時間前まで
このように体の外側と内側を同時にケアすることで、30代女性の薄毛改善率はアップします。 2つのパターンのセルフケアを同時に行うことが、最強の薄毛改善方法です。 ですから、育毛剤だけに頼るのではなく、ちょっとしたことを見直してみてください。それだけで30代女性の薄毛悩みは解決されます。

まとめ

30代女性の薄毛は、しっかりとセルフケアをすることで改善できます。 とくに育毛剤を使うことで改善までの期間が短くなったり、自然治癒力が高まったりします。 ただ、30代の頭皮や体の変化に合った育毛剤を選ばなくては効果がありません。 そこで自分に合った育毛剤を探すときに、この記事が参考になればいいなと思っています。

コメント